Twitterの副業系アカウントに要注意!彼らの目的を暴露します

Twitterの副業系アカウントに要注意!彼らの目的を暴露します

「簡単に稼げる副業を紹介します!」

「自分はこの副業で月収〇〇万円
 安定して稼ぎ続けています!」

Twitterを見ていると、この様な「副業系アカウント」を目にすることが多々あります。

大抵、「非常に魅力的なフレーズ」で、稼げる副業を紹介している為、興味を持って、そのアカウントの運営者にコンタクトを取る人は多いです。

YUU
しかし、この「副業系アカウントの発信」を、真に受けてはいけません。

彼らは、「とある目的」を達成する為に、副業系アカウントを作って積極的にユーザー(参加者)を集めているのです。

よって当記事では、

「Twitter副業系アカウントの真の目的」

について、詳しく具体的に解説します。

Twitter副業系アカウントの真の目的とは?

Twitter副業系アカウントの真の目的とは?

「Twitter副業系アカウントの目的」は、践者を稼がせることではありません。

YUU
様々な方法を使って、「自分自身が稼ぐ為」に行っているのです。

典型的なのものが、以下の3つ。

Twitter副業系アカウントの目的
・あなたを紹介した際の紹介料目的
・自身が運営する副業サービスで、
 利用料請求や商材販売が目的
・Twitterアカウント自体を
 育てて業者に販売する目的

では、1つずつ解説しますね。

あなたを紹介した際の紹介料目的

あなたを紹介した際の紹介料目的

Twitter副業系アカウントの目的の1つ目は、「紹介料目当て」です。

つまり、あなたを勧誘して、副業を運営する業者に紹介することで「紹介料」を貰える為、それを目的に行っているということ。

あくまで、この紹介料目当ての勧誘自体は、「まっとうなビジネス」です。

しかし本来、副業(仕事)というのは、「自分」で探すものの筈。

そして、の副業自体を実践してお金を稼ぎ、そこで完結するのが「自然な流れ」です。

YUU
それなのに、「Twitterアカウント」を作って不特定多数の他人に、その副業を勧誘するのは、「おかしい」と思いませんか?

「お金」なら、自分が紹介するその副業自体で稼げる筈なのに、必死に「勧誘」を行って時間と労力を消費しています。

結局、その紹介者は、「自分が勧誘している副業で稼げていない」、もしくは「そもそもが稼げないビジネスモデル」の為、実践すらしていないのです。

つまり、「自分では実践せずに稼げていない副業」を、

「この副業は簡単にお金を稼げます!」

「自分はこの副業を実践し、
 月収〇〇万円稼いでいます!」

「嘘」を付いて勧誘する、詐欺師だということ。

だからこそ、「唯一の収入源」である紹介料目当てに、必死に「勧誘」に励むのです。

当然、その副業を紹介されても、「稼げない可能性が高い」ので、引っ掛かってはいけません。

YUU
時間と労力、最悪の場合、「お金」を無駄にする事になりますからね。

よってこれが、「Twitter副業系アカウントの1つ目の目的」です。

自身が運営する副業サービスで利用料請求や商材販売が目的

自身が運営する副業サービスで利用料請求や商材販売が目的

「2つ目」は、自身が運営するサービスで、「利用料請求」や「ノウハウ商材販売」を行って稼ぐことです。

この場合、先程とは違い、そのTwitter副業系アカウントの発信者自体が、「副業サービス」を運営しています。

そこにあなたを勧誘して、「その副業サービスの利用料」を請求したり、「ノウハウ商材」を販売というもの。

YUU
あくまで、「これ自体」は問題の無いビジネスです。

副業のジャンルにもよりますが、「サービスの運営費」が掛かる場合、それを利用者に請求するのは自然なことです。

また、「再現性」のあるものであれば、成功の可能性が高まるノウハウ商材販売は、「ユーザーの利益に繋がる値提供」になりますからね。

しかしそれは、「その副業自体に再現性があり、本当に稼げるものであれば」の話です。

Twitter副業系アカウントを作って、DM等で「自分」からアプローチして勧誘している場合は、高確率で「稼げない詐欺的な副業」です。

ようは、見込み客の方から自分が運営する副業に集まる仕組み」を作れないという、「実力の無さ」を現しています。

YUU
「訪問販売の商材」と同じく、自分から出向いて数打ちゃ当たる作戦で勧誘しないと売れないものが、「有益である筈が無い」ですからね。

当然、その副業を実践しても稼げる可能性は低い上に、「サービス利用料や嘘のノウハウ商材」をセールスされ、無駄にお金を失う羽目になるのです。

よって、自分からアプローチして勧誘して来る輩の紹介する副業は、「まず稼げないもの」なので避けましょう。

これが、Twitter副業系アカウント「2つ目の目的」です。

Twitterアカウント自体を育てて業者に販売する目的

Twitterアカウント自体を育てて業者に販売する目的

「3つ目」は、副業に興味があるフォロワーを集めて、Twitterアカウント自体を「販売」することです。

Twitterアカウントに限らず、ブログやYouTubeチャンネルも、媒体を育てることで「広告需要」が生まれる為、販売出来るのです。

因みに、Twitterでよく目にする「以下の企画」も、アカウントの販売が目的です。

「このTwitterアカウントを
 フォロー&リツイートすれば、
 抽選で○○名に100万円あげます!」

この様な企画に興味を持って集まるのは、「情弱」と呼ばれる人達です。

「詐欺師の世界」では、この様な人の住所や連絡先が売買され、「カモ」になっているのです。

YUU
「大量のフォロワー」が集まるTwitterアカウントを手に入れれば、巧妙に特定の商品をセールスすることで、「全体の数割」は購入してくれますからね。

よって、既に「特定のTwitter副業系アカウント」をフォローしている場合、あなたは格好の「カモ」として狙われているということ。

この様な「被害」を避けたい場合は、フォローを外し、「今後一切、Twitterの副業系アカウントには興味を持たないこと」を、おすすめします。

Twitter副業系アカウントの目的まとめ

Twitter副業系アカウントの目的

ここまで、

「Twitter副業系アカウントの真の目的」

について、お話ししました。

主な要点は、以下の通り。

Twitter副業系アカウントの目的
・あなたを紹介した際の紹介料目的
・自身が運営する副業サービスで、
 利用料請求や商材販売が目的
・Twitterアカウント自体を
 育て販売する目的

あくまで、Twitter副業系アカウント自体は、「まっとなビジネスの集客装置」です。

有益なツイートをして、「見込み客自ら集まる流れ」を作っている場合、そのアカウントの運営者が、「高いスキル」を持っている証明になります。

補足
ただし、「現金の画像や高級車」(どうせ他人の拾い画像)など、物で釣る簡単な発信をしている輩は詐欺師です。テキストのみで有益なツイートをするのが、「実力者の証」なのです。 
YUU
その場合、「稼げている可能性が高い」ですし、ノウハウ商材を販売する場合も、「有益なものである」と判断出来ますからね。

しかし、DMを送る等、「自分」からアプローチして勧誘して来る場合は、「稼げない詐欺的な副業の勧誘者」だと判断して良いです。

よって、今後あなたの元に「副業勧誘のDM」が送られて来たら、

「そうかそうか、その副業自体では
 稼げないから紹介料が欲しいよな!」

この様に、「温かい目で見守ってスルー」しましょう。

これが、「超簡単に被害を避ける方法」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA