twitterの副業勧誘でlineに誘導したがる3つの理由!

twitterの副業勧誘でlineに誘導したがる3つの理由!

「稼げる副業を紹介するので、
 lineに登録お願いします!」

「この副業の詳しい稼ぎ方は、
 line登録者のみに公開しています!」

twitterで見かける副業勧誘アカウントでは、よく「上記のフレーズ」を見かけますよね。

彼らは、twitter上で自身が行う副業情報をつぶやき、「lineへの登録」を促します。

「有名人やインフルエンサーのline」であれば、自分が良く知っていて知名度もあるので、安心して登録を行えるです。

しかし、無名かつ初見のアカウント」では、登録するのは不安だと思います。

YUU
その為、この「lineに登録した後に、何が行われるのか?」を知りたいでしょう。

よって当記事では、

「twitterの副業勧誘で、
 lineに誘導したがる3つの理由」

について、詳しく具体的に解説します。

twitterの副業勧誘でlineに誘導したがる3つの理由

twitterの副業勧誘でlineに誘導したがる3つの理由

twitterの副業勧誘で、自身のlineに誘導したがる理由は、「お金を稼ぐ為」です。

YUU
まあ、ここまでは誰でも「予想」が付くでしょう。

では、「具体的に何をして稼ごうとしてくるのか?」について、解説します。

それが、以下の3つ。

line登録後にして来る行動

twitterで発信している副業に
 関連した有料商材のセールス
関連した塾やセミナーへの勧誘
あなたにも副業勧誘を勧める

では、1つずつ解説しますね。

twitterで発信している副業に関連した有料商材のセールス

twitterで発信している副業に関連した有料商材のセールス

「twitterからlineへの誘導後にして来る行動の1つ目」は、以下のもの。

「twitterで発信している副業に
 関連した有料商材のセールス」

仮に、稼ぐ系のアフィリエイト副業であれば、「そのノウハウを解説した情報商材やnote」となります。

YUU
まあ、これは「王道中の王道」ですね。

因みに、あくまで情報商材やnote自体は、「まっとうな教材ビジネス」です。

一般的なイメージとしては、「情報商材=詐欺」となっていますが、それは一部の悪質なものが有名過ぎる為、固定概念となってしまっているということ。

情報商材を作成する販売者の多くは、「まっとう」にビジネスを行っています。

また、受験の参考書や進研ゼミなどの通信講座、楽器の教則本なども同じ「情報商材」ですから、情報商材自体が詐欺だとするなら、これらも「OUT」になりますよね?

YUU
しかし、あなたはそうは思っていない筈です。

「稼ぐ系情報商材」にも、実力者が有益なノウハウをまとめたまっとうなものは存在する為、「情報商材=詐欺」と一括りにするのは辞めましょう。

twitterで発信している副業に関連した塾やセミナーへの勧誘

twitterで発信している関連した塾やセミナーへの勧誘

「twitterからlineへの誘導後にして来る行動の2つ目」は、以下のもの。

「発信する副業に関連した
 塾やセミナーへの勧誘」

これは先程と似ていますが、発信する副業に関連したノウハウを教える「塾」や「セミナー」に勧誘するというもの。

YUU
この「副業系の塾やセミナー」も、情報商材と同じく、詐欺的なイメージを持たれていますよね。

しかし、それはあくまで「一部」であり、まっとうに行って成功者を生み出している塾やセミナーは確実に存在するのです。

結局は、販売者側or紹介者「売り方の問題」です。

大前提として、この世に「人並み以上のことで全員が絶対に成功出来るもの」は存在しません。

例えるなら、「起業や受験、プロアスリート、芸能界」などですね。

YUU
仮に、「東大合格者を多数生み出す学習塾」に通って、同じノウハウの授業を受けた場合、その塾の生徒全員が東大に受かると思いますか?

当然、そんなことはあり得ません。

「月収100万円を稼ぐ成功者」を多数生み出したノウハウをそのまま教えても、学んだ生徒が全員稼げる様になるのは「不可能」です。

これは詐欺でも何でもなく、「当たり前の話」ですよね?

しかし、「詐欺的な塾やセミナーや情報商材を売る輩」は、売り上げのみを重視する為、

「絶対に稼げます!」

と、誇張して勧誘やセールスをする為、「詐欺」になるということ。

YUU
その為、有益なノウハウを扱って成功者を生み出したとしても、「このフレーズ」を使った時点で詐欺になります。

それさえ行わなければ、どれだけ塾やセミナー、情報商材を売ろうが、「まっとうな教材ビジネスor講師業」となるのです。

補足
 あくまで、「教える側に確かな実力」があり、「再現性のあるノウハウ」を扱うことが前提です。

あなたにも副業勧誘を勧める

あなたにも副業勧誘を勧める

「twitterからlineへの誘導後にして来る行動の3つ目」は、以下のもの。

「あなたにも同様の副業勧誘を勧める」

要は、twitterで副業系発信を行って自身のlineに誘導する勧誘を、「あなたにもやらせようとする」ということ。

大抵、これを行う人間の裏には、「詐欺的な業者」が居ます。

YUU
この場合は、「ネズミ講方式」で、あなたが勧誘に成功した際、業者から支払われる報酬の一部を、元の紹介者に渡す場合が多いですね。

この様な勧誘を受けた場合、その業者やそこで扱う副業は、高確率で「詐欺」です。

最悪の場合、詐欺の片棒を担いだ罪で逮捕される可能性もあるので、「拒否」しましょう。

上手く逮捕を免れたとしても、訴えられたり、あなたの個人情報をネット上で晒されるリスクがあるので、「そこまでしてやる理由」は無いですね。

twitter上で行われる副業勧誘はほぼ詐欺だと思って下さい

twitter上で行われる副業勧誘はほぼ詐欺だと思って下さい

ここまで解説した、「Twitterからlineに誘導後」にして来る、以下の行動。

Twitterからline登録後にして来る行動

①twitterで発信している副業に
 関連した有料商材のセールス
②関連した塾やセミナーへの勧誘
③あなた自身にも勧誘を勧める

この内、③以外は、「それ自体」に関してはまっとうなビジネスです。

YUU
「本当に再現性のある情報商材や塾」などであれば、それを購入して実践した内の何割かは、その副業で稼ぐことは可能ですからね。

その為、

「これを購入すれば絶対に稼げる!」

といった、世の中の仕組み的にあり得ないフレーズを使ってセールスしない限りは、まっとうなビジネス」となります。

しかし、「twitter」を使って発信している副業勧誘系のアカウントは、信用しないことをおすすめします。

その理由は「twitter」が、全員が平等に発信を届けられる特性を持った媒体だからです。

「設定条件」はあるものの、フォローすれば簡単にDMで発信を伝えられる上に、ツイートすれば誰でも必ずタイムラインの一番上に上位表示されます。

YUU
よって、この誰でも平等に発信出来る媒体の情報に、「信憑性」なんてありません。

「検索エンジン」であれば、同じキーワードで上位表示を狙う膨大な発信者の記事の中から、

「上位表示に値する有益な情報だ!」

と、Googleに評価された記事のみが、「上位表示」されます。

この仕組みによって、「検索エンジン」ネットにおける最も情報の信憑性が高い媒体の地位を得ているのです。

twitterとは、あくまでコミュニケーショツールであり、「情報の信憑性」を求める媒体ではありません。

YUU
よって、ただでさえ胡散臭い副業勧誘である為、「twitter上で行われているものは99詐欺」だと認識することが、あなたの身を守る方法です。

詳しくは、「以下の記事」で解説しているのでご覧ください。

twitterの副業勧誘でlineに誘導したがる理由まとめ

twitterの副業勧誘でlineに誘導したがる理由まとめ

ここまで、

「twitterの副業勧誘で、
 lineに誘導したがる3つの理由」

について、お話ししました。

ブログだろうが、twitterだろうが、時間と労力を掛けて行う以上、その目的は「お金を稼ぐ為」です。

YUU
人間は、金を稼がないと生きてはいけないので、何も後ろめたいことはありません。

よって、「ボランティア」では無いので、line等に誘導して何かしらのセールスのは当然であり、これ自体は何の問題も無い「まっとうなビジネス」です。

あなた自身や、あなたに給料を払う会社も、誰かしらのお客さんに「セールス」を掛けて利益を出しているから、「給料」を支払えるのですからね。

その為、副業の発信者が、lineやメルマガに誘導してセールスを掛けるのは、「それと全く同じ行為」だということ。

ただし、それはあくまで「最低限のルールを守った上での話」です。

例えば、

「これを購入して学べば、
 あなたは絶対に稼げます!」

などと言ったフレーズを使ってline誘導やセールスを行った場合、それは「詐欺」です。

「絶対に〇〇!」というのは、情弱が反応する単語なので、詐欺師は好んで使います。

YUU
よって、twitter上の発信でこの単語を使っている人「99%詐欺師」なので、間違ってもline登録はしないで下さいね。

再現性の無い詐欺商材や、詐欺的な塾を勧誘されるのが「オチ」ですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA