アフィリエイトはネズミ講?←その真相を教えましょう

アフィリエイトはネズミ講?←その真相を教えましょう
「アフィリエイトはネズミ講!」

一般的にアフィリエイトは、この様なイメージを持たれています。

恐らく、あなたもそう感じているでしょう。

YUU
僕自身も、アフィリエイトを実践する前は、詐欺的というか、「胡散臭いネットワークビジネスの一種」だと思っていましたからね。

そもそもアフィリエイトを知ったのが、TVで見た「ネオヒルズ族経由」だった為、よりイメージが悪かったのです。

しかし、とあるタイミングで「アフィリエイト」に興味を持ち、よく調べて実践してみると、

「意外とまっとうなビジネスじゃん!」

と感じました。

よって、当記事では、「アフィリエイト=ネズミ講」というイメージの真相を解説します。

アフィリエイトの基礎知識

アフィリエイトの基礎知識

まずは、「アフィリエイトの概要」について解説します。

そもそもアフィリエイト」は、企業など、他人の商品をブログなどで紹介し、代わりに販売することで報酬を得る、【広告代理業】です。

仮に「ダイエット系の商品」を扱う場合は、有益な記事を書いて上位表示させて、それを求める見込み客に向けて紹介するということ。

詳しくは、「以下の記事」をご覧下さい。

YUU
これは、部屋を探している人に、オーナーの代わりに適切な物件を紹介する「不動産会社」と、仕組みは同じです。

また、アフィリエイトは、まっとうにやる場合、「パソコン一台で個人で行うビジネス」です。

「アフィリエイトで稼ぐ主な流れ」は、以下の通り。

アフィリエイトで稼ぐ代表的な流れ
  1. ASPから扱う商品を選ぶ
  2. 扱う商品に関連した発信を行う、
    「ブログ」などを作成する
  3. 扱う商品に関連したキーワードで、
    検索ユーザーに有益な記事を書く
  4. 書いた記事が上位表示されれば、
    検索からアクセスが集まる
  5. 商品を紹介する記事を作成
  6. 集まるアクセスを誘導して、
    売れれば報酬が発生する

これは、全て自宅に居ながら、誰とも関わることなく、「一人」で行えます。

その為、ねずみ講でありがちな「勧誘」などを行う必要性がないです。

YUU
ブログの場合、主な見込み客は「検索エンジン」から集まりますからね。

つまり、アフィリエイトを「普通」に実践するのであれば、ねずみ講的な要素は皆無です。

よって、アフィリエイト自体は、「至極まっとうなビジネス」なのです。

確かに、アフィリエイトで詐欺的なビジネスを行う輩は居ますが、それは「ごく一部」であり、あくまでこの仕組みを「悪い方向」に使っているだけだということ。

その為、アフィリエイトを「一括り」にして、ネズミ講だと判断するのは早計です。

ネズミ講とは?

ネズミ講とは?

主に「ネズミ講」とは、親と子の関係(組織など)を結び、親だけが儲かる仕組みのことです。

このジャンルでメジャーなのは、「ネットワークビジネス」ですね。

YUU
ただし、一見胡散臭いネットワークビジネスは、「正しく行えばまっとうなビジネス」です。

親に比べて子の分け前は少なくなるものの、これは「のれん分け」と同じで、親が売り上げの大半を持って行くのは当然の話です。

親がお金と時間を掛けて作った「店の看板」や、「収入を得る仕組み」「コネ」を利用して子が稼がせて貰う訳ですからね。

そもそも、ネズミ講というのは、「子が全く稼げない仕組み」のこと。

アフィリエイトで言うなら、「再現性のない架空の稼ぐノウハウ」を教えて、販売者がお金だけ受け取り、購入者が稼げない状態です。

YUU
これは「完全なる詐欺」なので、さすがに擁護のしようがありません。

この手法でぱっと思いつくのは、「情報商材」ですね。

ただし、詳しくは以下の項でお話ししますが、情報商材自体は、まっとうな「商品」であり、詐欺でもネズミ講でもありません。

あくまで、「これを使う人間」によって、【善】にも【悪】にもなるのです。

ネズミ講と言われる原因は情報商材アフィリエイト!

ネズミ講と言われる原因は情報商材アフィリエイト!
「アフィリエイト=ネズミ講」

この様なイメージは、恐らく「稼ぐ系の情報商材」のことを指しているのでしょう。

確かに、この業界を知らなければ「情報商材」というのは、一見胡散臭く感じ、ネズミ講をイメージするのは自然なことです。

YUU
僕も初めはそう思っていましたから、その気持ちは分かります。

しかし、先程と同様で、「一括り」で判断してはいけません。

「稼ぐ系情報商材アフィリエイト」自体は、まっとうなビジネスなのです。

その理由は、以下の3つ。

情報商材ビジネスがまっとうな理由
  • 世の中の教材ビジネスは、
    みな同じ情報商材だから
  • 求められるものを売っているから
  • 有益な情報商材であれば、
    成功者が必ず生まれるから

では、1つずつ解説しますね。

世の中の教材ビジネスは同じ情報商材だから

世の中の教材ビジネスは同じ情報商材だから

ネオヒルズ族のせいで、「情報商材」には、詐欺的かつ、ネズミ講のイメージがありますね。

恐らくあなたも、「情報商材」には、

「人を騙して販売者だけが
 大きく儲ける悪どいビジネス」

という認識を持っていると思います。

しかし、実際のところ情報商材というのは、世の中にありふれています。

例えば以下のもの。

代表的な情報商材
  • 進研ゼミなどの通信講座
  • 楽器の教則本やDVD
  • 英会話や学校の参考書
  • ビリーズブートキャンプや、
    コアリズムなどのエクササイズ商品

これら全て、「特定のノウハウを販売する情報商材」です。

あなたも、上記に関連する、「何かしらの情報商材を買った経験」があると思います。

YUU
仮に、情報商材がねずみ講なのであれば、「上記の商品を販売する企業」も、全てネズミ講なのでしょうか?

当然、違いますよね?

これらの企業は、「まっとう」にビジネスを行っています。

また、こう言うと恐らく、

「アフィリエイトで稼ぐ系
 だけがネズミ講なんだ!」

と言う反論があるかと思います。

しかし、「お金を稼ぐ方法」を教えて、お金を取るのは違法なのでしょうか?

その様な「法律」がありますか?

YUU
何故、「稼ぐ系がダメ」で、勉強や英会話、ダイエット方法、楽器であればOKなのでしょうか?

結局のところ、

「なんとなく胡散臭いから、
 稼ぐ系の情報商材を
 気に入らないだけ!」

という話なのです。

気に入らないのであれば、買わなければいいですし、買わないのであれば、「その人には全く関係のないビジネス」になります。

そもそも、「生活に必須なインフラ系以外」で、全ての人に好かれるビジネスなんて、この世に存在しません。

そして、業界側が、その人個人の好みに合わせる必要もないです。

よって、

「お金を稼ぐノウハウを
 売ってはいけない!」

という法律はないので、「まっとう」にやっていれば、情報商材は何の問題もない立派なビジネスなのです。

求められるものを売っているから

求められるものを売っているから

「情報商材」は、特定のノウハウを扱う教材の様な商品です。

アフィリエイトで稼ぐ系であれば、アフィリエイトでお金を稼ぎたい人に、「そのノウハウを学べる教材」として販売します。

YUU
これって、どう考えても「まっとうなお金の稼ぎ方」ですよね?

その為、

「求められる情報を、
 正しく教える実績や、
 スキルのある人が教える」

この様に、問題ないどころか、全てのビジネスの本質である、「人の役に立つ価値提供」です。

例えば、今の時代、「ネット検索」をすれば、殆どの情報が手に入ります。

当然、アフィリエイトで稼ぐ有益なノウハウも、「検索」でいくらでも調べられるのです。

しかし、アフィリエイトでまともに稼げているのは、全体の1割の人間だけです。

YUU
つまり、「検索」で誰でも簡単に有益なノウハウを調べられるのに、9割の人間が稼げないということ。

これっておかしいですよね?何でだと思いますか?

その答えは簡単で、

検索だけでは稼げない理由

「検索で有益なノウハウを
 知ること自体は出来ても、
 本質を理解することは難しい」

「膨大に存在するノウハウから、
 成功に繋がる「正解」のみを、
 正しく判断することは難しい」

というもの。

検索の情報は無料で簡単に知れますから、その情報に本当の意味での「価値」を感じ、本気で実践することは難しいです。

また、情報を書く側も、商品とは違いお金を貰わない為、「無責任に書き放題」です。

結果、「再現性のない誤った情報」も膨大に存在します。

その中から、知識やスキルがない初心者が、「正解のみ」を正しく判断して、その情報を「正しく理解」して実践することは、まず不可能です。

YUU
これが、「検索」でノウハウを知れるのに、9割の人が稼げない原因です。

しかし、有益な情報商材を購入すれば、「正しい情報のみ」が全て1つにまとまり、本質を具体的に教えてくれます。

結果、無駄な時間や労力を掛けることなく、最短距離でショートカット出来るということ。

よって、情報商材(まっとうなものなら)とは、ネズミ講などではなく、お金を払うことで、あなたを成功に近づけてくれる優良商品なのです。

詳しくは、「以下の記事」でも解説しているので、ご覧下さい。

有益な情報商材であれば成功者は必ず生まれるから

有益な情報商材であれば成功者は必ず生まれるから

販売されている情報商材の多くは、そのジャンルで成功した人が実践したノウハウ」をまとめたものです。

当然、その購入者の中にも、「大きく稼ぐ成功者」は必ず生まれます。

YUU
まあ、「当たり前」ですね。

この世に【絶対】は無い為、購入者全員が稼ぐことは不可能ですが、有益な情報であれば、「確実に成功者は生まれる」のです。

ライザップなどのパーソナルジムでも、全員は無理ですが、「ダイエットに成功する人」は必ず居ます。

補足
「有益な教材」の場合、稼げない原因の大半は、購入者が学べるノウハウを正しく実践しないもしくはすぐに諦めることです。 

その情報商材の製作者が実践した、または現在も実践しているノウハウである為、「正しく行えば成功者が生まれる」のは当然の話です。

よって、有益な情報商材においては、十分お金を取れる、「まっとうな商品」だということ。

YUU
一般的なネズミ講ビジネスの様に、「子が全員稼げない」なんてことにはなりません。

また、「ありがちな意見」として、以下のものがあります。

「ノウハウを教えれば、
 必然的にライバルが増えて
 自分も稼げなくならないの?」

これは、全く問題ないです。

そもそも、成功者が教えるまっとうなノウハウとは、「非常に地味かつ面倒」なもの。

YUU
例えばダイエットなどでも、結局のところ一番効果があるのは、「辛い食事制限や運動」ですよね?

しかし、殆どの人はそれが出来ない為、「正しく実践しないか、すぐに諦める」のです。

「ブログアフィリエイト」で言えば、数か月~1年単位で無収入のまま、勉強や記事投稿を継続しなければいけません。

当然、大半の人は「正しくやらずに継続も出来ない」ので、成功できる人は限られます。

結果、ライバルが増えたところで、「自分には対して影響はない」ということ。

YUU
また、成功者を輩出することで、自分の実績になり、扱う情報商材に「当教材を実践した成功者」として、記載出来ます。

それが、その情報商材の質と信頼の証」になり、より大きく安定して売れる様になります。

よって、有益な情報商材を販売する成功者は、購入者に対して積極的に価値提供することで、「自分も大きく安定して稼げる仕組み」を作っているのです。

これも全て、「人の役に立つ」という、【ビジネスを本質】を理解しているからこその結果です。

だからこそ、「その成功者は稼げている」ということ。

YUU
どう考えても、「ネズミ講」とは無縁ですね。

アフィリエイトはネズミ講まとめ

アフィリエイトはネズミ講まとめ

ここまで、

「アフィリエイト=ネズミ講」

というイメージは「誤り」であることを解説しました。

そもそも、アフィリエイトは「広告代理業」であり、ネズミ講とは無縁のビジネスです。

「扱う商品を求める見込み客」に、ブログ記事を上位表示させて発信を伝え、紹介する訳ですから、ネズミ講にはなり得ません。

まあ、「稼ぐ系情報商材」の場合は、一見ネズミ講と勘違いされやすいです。

YUU
「お金を稼ぐ方法を教える」という響きは、初見では胡散臭く感じるのも無理ないですからね。

しかし、それ自体に「違法性」はありませんし、

「なぜ有料でお金を稼ぐ方法を
 教えるのはダメなのか?」

「なぜ勉強や英会話、 
 ダイエットや楽器はOKで、
 お金を稼ぐ系はNGなのか?」

「この質問に具体的に反論できる人」皆無です。

結局、

「何となく胡散臭くて、
 自分が気に入らないから!」

というだけの理由なのです。

YUU
その人の価値観なんてどうでも良いですし、こちらがその人が気に入る様に合わせる必要もありません。

よって、アフィリエイトや情報商材自体は、「まっとうなビジネス」です。

「一部の詐欺商材」を除けば、ネズミ講などとは無縁なのです。

「有益なノウハウ」を販売すれば、正しく実践した人が成功し、それを自分の情報商材の実績として公開し、自分も大きく安定して稼げます。

「十分まっとう」だと思いませんか?

YUU
出来れば、「アフィリエイトはネズミ講」という、大きな括りで決めつけるのではなく、その本質を見極めてから判断して貰えれば嬉しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA