脱サラで失敗しないおすすめの方法を解説します

脱サラで失敗しないおすすめの方法を解説します

脱サラとは、「給料を貰って働くサラリーマン」から脱することを差します。

YUU
つまり、「脱サラリーマン」ということです。

とは言え、ただサラリーマンを脱するだけでは無意味なので、ゼロから自分の事業を作り収入を生み出すことが必須です。

これには時間と労力が掛かり難易度も高いですが、実現した際の喜びは何にも代えがたいものがあります。

脱サラには、サラリーマンでは不可能な大きな収入を得られるメリットがありますが、その代わりに給料の様な安定収入とは無縁になるデメリットもあります。

よって当記事では、脱サラの「メリットデメリット」、「失敗を避けるおすすめの方法」などを解説するので、参考にして頂ければ幸いです。

脱サラのメリットとは?

脱サラのメリットとは?

サラリーマンに比べて、「脱サラのメリット」は大きいです。

簡単に言えば、サラリーマンでは避けられない様々な制限とは無縁になる生活が手に入ります。

それが、以下の3つ。

脱サラのメリット
  • 収入の制限が無くなる
  • 人間関係の悩みが無くなる
  • 働く時間を自由に決められる

収入の制限が無くなる

脱サラ最大のメリットは、収入の「制限」が無くなる点です。

サラリーマンの場合、出した成果が収入に反映されづらい固定給で永遠に働く収入形態なので、決められた金額以上の稼ぎを得ることは出来ません。

一部、外資系企業に入ったり、大企業で役員などになる人なら、大きな収入を得る事も出来るでしょうが、サラリーマンの9割は「年収400~500万円位の人生」が確定しているのです。

それに比べて脱サラすれば経営者ですから、収入形態は完全な「歩合」になります。

その為、結果さえ出せば「年収数千万円~億」を目指すことが可能です。

YUU
当然、歩合なので結果次第では「収入ゼロ」というリスクもありますが、大きな収入を得られる夢は最大のメリットですね。

人間関係の悩みが無くなる

脱サラする場合、「面倒な人間関係の悩み」を解消できる点もメリットです。

サラリーマンの場合、先輩や上司など、自分より立場が上の人との人間関係に悩まされます。

雇われが組織で働く以上、上の人間の考えに合わせなければ出世どころか、会社の居場所すらなくなるリスクがあるので、これは非常に悩みどころでしょう。

しかし、脱サラすればそれを解消できます。

勿論、「取引先」や下請けとしての起業なら「元請け」など、多少は人間関係問題は発生することもありますが、サラリーマンと比べるとストレスは別次元で減ります。

また、後述する「おすすめ事業」では、完全に人間関係が皆無で働けるジャンルもあるので、仕事の選択次第では完全に解消可能です。

働く時間を自由に決められる

脱サラすれば、「働く時間」を自由に決めることが可能です。

サラリーマンの場合、毎日決まった時間働く義務がある為に時間の制限があります。

しかし脱サラすれば、働く時間は「あなた」が決めることが出来ます。

勿論、選択する業種によっては「稼ぎ時」がある為、おおまかに決まった時間を働く必要がある場合もありますが、サラリーマンに比べると自由度は別次元です。

組織化し人を雇えば、「あなたが働かなくてもいい環境」も作れるので、時間制限とは無縁の生活を送ることも可能です。

脱サラのデメリットとは?

脱サラのデメリットとは?

脱サラにも、「デメリット」はあります。

大きな収入を得られたり、縛られる様な制限が無くなる反面、それと同等のデメリット(リスク)があるのです。

それが、以下の3つ。

脱サラのデメリット
  • 安定収入の保証が無くなる
  • 全てが自己責任になる
  • 税金の支払いを自分で行う必要がある

安定収入の保証が無くなる

脱サラ最大のデメリットは、「安定収入の保証」が無くなる点です。

サラリーマンの場合、たとえ仕事が出来なくても固定給を必ず貰える保証があるので、収入が無くなる心配は殆ど無いです。

しかし脱サラするとその保証は無くなる為、成果を上げられなければ収入が減ったり、「ゼロ」になるリスクもあります。

また、サラリーマンとは違い有給休暇も存在しないので、常に自分が働かなければ収入を得られません。

ただしこれは、人を雇ったり自分が働かなくていい仕組みを作ることで、解消できます。

全てが自己責任になる

脱サラする場合、ミスなどした場合は全て「自分の責任」になります。

サラリーマンであれば、大抵のミスの責任は会社が負ってくれる為、余程のことをし無い限り給料を減らされたりクビになることは無いでしょう。

しかし脱サラすると、全ての責任は経営者である自分に来るので、状況によっては収入ゼロどころか損害賠償を請求され、「借金」を背負うリスクもあります。

この様に、脱サラは制限がなくなり自由になれるメリットがある反面、全ての責任を自分で負わなければいけないデメリットがあるということ。

YUU
ただしこれは、後述する「おすすめ事業」でも解説しますが、事業の選択次第では極限までこのリスクを回避出来るジャンルも存在します。

税金の支払いを自分で行う必要がある

脱サラすると、税金関係の支払いや手続きを「自分」で行う必要があります。

サラリーマンの場合、これらは全て会社の経理が行ってくれる為、自分は労働だけしていれば良い生活を送ってくれます。

しかし脱サラする場合、これらを行うのは「自分」です。

確定申告する際は、毎月の売り上げの帳簿を作り、経費で使うレシートを管理し計算、必要書類の記入など面倒な作業が必要になります。

個人事業主、法人関係なく必須の義務なので、早い人なら年末辺りには確定申告用の準備に追われる日々になるでしょう。

ただしこれは、慣れれば難しくありませんし、今は「ネット上」で全ての作業を行うことも出来るので、税務署に行く必要は無いです。

自分でやりたくない場合は、お金は掛かりますが「税理士」を雇えば全てを行ってくれるので、自分は仕事に集中することが出来ます。

脱サラで失敗を避ける為に必要なこと

脱サラで失敗を避ける為に必要なこと

脱サラに成功する保証は無い為、上手く行くこともあれば「失敗すること」もあります。

ただし、脱サラには「失敗を避ける方法」が存在する為、正しく行えば極限までそのリスクを減らし成功確率を上げることが可能です。

YUU
僕自身も、「この方法」で安全に起業したので参考にして下さい。

それが、以下の通り。

脱サラで失敗を避ける方法
  • 副業から始める
  • 現時点の自分の能力に見合った事業を行う
  • サラリーマンの内に人脈を作っておく
  • 資金調達の有無&経費&補助金&助成金の確認

では、1つずつ解説しますね。

副業から始める

脱サラの失敗を回避する最も重要な要素は、「副業」から始めることです。

いきなり脱サラして起業するのは、非常にリスクが高く成功確率が低いやり方である為、絶対におすすめしない方法です。

しかし「副業」から始めれば、サラリーマンの安定収入を得ながら安全にスキルを身に付け、事業を成長させることが出来ます。

YUU
ここで重要なのは、「副業でも始められる事業」を選択することですね。

店舗やスタッフを雇わないと出来ない事業ではなく、自分一人で固定費を抑えて行える事業を選択することで、副業レベルから安全に拡大して脱サラを目指せるのです。

これを業界用語では「スモールビジネス」と言い、メジャーなジャンルではアフィリエイトなどのネットビジネス系が、最も安全に脱サラを目指せる方法になります。

ネットビジネス系では、自分一人で副業レベルでも「月数百万円以上」の収入を目指せるので、副業の環境でも稼げる様になってから脱サラするという、安全な流れで実現することが可能です。

現時点の自分の能力に見合った事業を行う

脱サラの失敗を避ける為には、「現時点での自分の能力に合った規模」で事業を行うことが必須です。

前述のスモールビジネス様に、ビジネススキルや資金が無いのに、いきなり大きな固定費が掛かるジャンルを選択すると、失敗する可能性が圧倒的に高まりますから。

失敗する例で典型なのが、いきなり店舗や会社を構えてスタッフを雇うやり方ですね。

YUU
これで直ぐに上手く行く人も居ますが、それは一握りの「センスがある人」であり、大抵はマイナスになっても継続することでようやく成功するか、借金を抱えて大失敗するかです。

こんなリスクは幾らでも避けられるので、初めは自分の能力に見合った「スモールビジネス」を選択するべきです。

大抵のサラリーマンは、現時点では上記の要素が欠けている場合が殆どなので、まずは「ネットビジネス系」などのスモールビジネスを選択することをおすすめします。

サラリーマンの内に人脈を作っておく

脱サラで失敗する可能性を減らす為には、「人脈」を作ることも重要です。

現在サラリーマンであれば、仮に脱サラ目指す業種と同じ業界で働いている場合、絶好の「人脈」を作れる環境に居る筈です。

そこで人脈を作れれば、脱サラ後に仕事を振ってくれる可能性がある為、やっておいて損はないです。

企業側(仕事を振る側)も、様々な保証で守られているサラリーマンに振るより、それらが無い個人事業主や法人に回した方が得する場合もありますから。

とは言え、人脈が皆無でも問題なく脱サラして成功できる業種(ネットビジネス系など)もあるので、人脈は必須ではないです。

資金調達の有無&経費&補助金&助成金の確認

脱サラする際は、「資金調達の有無」&「経費」&「補助金」&「助成金」の確認も重要です。

目指す業種が資金調達が必須なジャンルの場合、サラリーマンの貯金では難しくなるので、資金提供を募る必要があります。

また、個人事業主や法人では「経費」を使えるので、経費計上できるものを調べレシートなどを管理することで、支払う税金を抑えつつ必要なものを購入することも出来ます。

加えて、脱サラする業種によっては国が「補助金&助成金」を出してくれる場合があるので、これを確認することも必須です。

YUU
それにより、上手く行けば資金提供を募る必要が無くなることもあるので、やっておいて損はありません

脱サラにおすすめの事業

脱サラにおすすめの事業

脱サラにおいて、成功確率が高い「おすすめの事業」があります。

その大半は「副業」として始められる為、サラリーマンの固定給を得ながら安全に実践し、脱サラを目指せることが理由です。

それが、以下の5つ。

脱サラにおすすめの事業
  • アフィリエイト
  • WEBライター
  • 株・FX・仮想通貨
  • 不動産投資
  • フランチャイズビジネス

中には、低資金(無料~数万円)ノーリスクで出来る業種もあるので、ぜひ参考にしてみて下さい。

アフィリエイト

1つ目は、「アフィリエイト」です。

YUU
個人的には、アフィリエイトは最も安全に脱サラ出来るおすすめ事業です。

アフィリエイトとは、ブログ等に「企業などの広告」を掲載することで、クリックや商品購入により報酬を得られるビジネスです。

これは、無料~数万円という低資金で始められ、あくまで「他人の広告を紹介する」という仕事なので、在庫とは無縁で経費もほぼ掛からない為、ノーリスクで実践することが出来ます。

パソコン一台で自宅で出来る為、「副業」として実践も可能ですし、「月収数百万円以上」も目指せる為、安全に脱サラし成功できる事業の代表格と言えます。

唯一のデメリットは、ブログ等を育て検索エンジンで記事を上位表示させるまでに、それなりの時間と労力が掛かる点ですね。

WEBライター

2つ目は、「WEBライター」です。

これは、個人や企業などの他人のブログ記事などを代わりに書くことで、収入を得る仕事です。

WEBライターはざっくり言えば「文字を書くだけ」なので、誰でも始められ少ない金額なら稼ぐことが出来ます。

デメリットは、初めの内は信用が無い為、「安い単価」でしか仕事を得られない点です。

これは、仕事に慣れてクオリティの高い記事を書き信頼を得て「単価」を上げて貰うか、同様の結果を出して「専属契約」を結んで貰うことで解決出来ます。

もしくは、ライターを雇うなどして自分が管理する側に回ることで、自分が働かなくても大きな収入を得る仕組みを作ることも出来ます。

YUU
因みに、WEBライター以外にも動画編集プログラミングなど、「需要があるスキル」を持っていれば収入を得ることは可能です。

株・FX・仮想通貨

3つ目は、「株」・「FX」・「仮想通貨」です。

これらは短期間で最も大きな収入を得られる事業ですが、それに見合ったリスクもあり、逆に大失敗してしまう可能性が高い事業でもあります。

一夜にして数千万円を稼ぐ夢がある反面、一夜にしてその金額がマイナスになってしまう可能性もあるのです。

短期売買、保有する株式からの「インカムゲイン」、事業売却による「キャピタルゲイン」など、幾つかの方法がありますが、どれも高度な知識と経験が必須です。

共通するのは、安全に大きな収入を得る為には「大きな元本」(掛けられる資産)が必須で、元本が少なく大きく稼ぐ為には「リスク」を掛ける必要があるということ。

YUU
因みに、普通のサラリーマンが上記2つの方法を行うのは、「難しい&危険」です。

その為、サラリーマンがこれらで脱サラを目指す場合は、長い時間が掛かりますが、少ない金額ですが確実に安定収入を得ることを積み重ねる道をおすすめします。

不動産投資

4つ目は、「不動産投資」です。

不動産投資は、アフィリエイトと並びサラリーマンが脱サラを目指す事業として人気です。

最大の理由は、サラリーマンの状態で始めることで「信用」を得やすく、不動産を購入しやすいから。

というのも、サラリーマンで不動産を一括で購入できる人は少ない為、多くの人は「銀行」から借りることで購入します。

その際、「サラリーマンの信用」が大きなメリットになるのです。

初めは中古のワンルームマンションの一室平米数を増やす一棟購入など、徐々にステップアップすることで大きな収入を目指せます。

ただし、適当に購入して上手く行くほど甘くはないので、「必要な知識」を身に付けるのは必須です。

それ以外にも、「空室」が出れば収入は減りますし、「災害」や「経年劣化」で補修が必要なる度に費用が掛かります。

YUU
よって、リスクなく安定収入を得られる訳では無いことは、予め知っておく必要がある事業ですね。

フランチャイズビジネス

5つ目は、「フランチャイズビジネス」です。

フランチャイズビジネスでは、コンビニ弁当屋コインランドリー自動販売機経営などが人気ですね。

最大のメリットは、「既に名の知れているブランド」を利用できるので、立地さえ悪くなければ放置でお客が訪れる点です。

その為、広告などを打たなくても集客には困りません。

コンビニや弁当屋の場合、特にロイヤリティーが高く本部からの要求も多いですが、上手くやればサラリーマンの給料以上の収入を目指すことが出来ます。

フランチャイズビジネスで重要なのは、契約書をしっかり読んでから始めることですね。

YUU
契約期間内の撤退などの違約金で、明らかに無理がある条件でサインしてしまうと完全に「搾取される立場」になりますから。

よって、殿様商売になりがちなその業界の超大手との契約は、避けた方が無難な業界だと聞きます。

脱サラは正しい方法で始めることが必須

脱サラは正しい方法で始めることが必須

ここまで、脱サラの「メリットデメリット」、「失敗を避ける方法」を紹介しました。

脱サラは様々な制限から解放され自由になり、大きな収入も目指せるメリットがあります。

しかし、その反面全ての責任は自分に降りかかり、今まで人がやってくれていたことを自分でやる必要、そしてサラリーマンの安定収入が無くなるデメリットがあるのです。

その為、ここをしっかり理解した上で「脱サラ」を目指すことが必須になります。

ただし、副業として始められる事業を選択し、徐々に拡大する方法を取れば極限まで失敗を避けられる為、正しく行えば安全に脱サラすることは可能です。

YUU
個人的には、「アフィリエイト」などのネットビジネス系をおすすめしているので、興味があれば実践をおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA