高単価・高成約率で売れる商品LP+メルマガの書き方テンプレート

当テンプレートはこんな人におすすめです

 

当テンプレートは、「以下の様な悩みor目的」を持った人におすすめです。

高単価商品が高成約率で売れる
LP&メルマガの書き方を知りたい・・・

再現性が高いコンテンツ販売専用の
LP&メルマガの書き方を知りたい・・・

当ノウハウを見ることで知れる事とは?

 

当ノウハウでは、個人ノウハウ系コンテンツ販売者向けの「高単価商品が高成約率で売れるLP&メルマガの書き方」を知ることが出来ます。

僕自身、これまで多くの商品LP&メルマガを書き検証を重ねて来ました。

初めから専門のコンサルタントから、コンテンツ販売に特化した商品LP&メルマガの書き方(戦略設計も含む)を学んで実践したので、商品LP&メルマガを書きメルマガ登録ページにアクセスを流した数日後に、5万円の商品が1つ売れました。

その際に集客したお客はたったの「数人」です。

初めて作り販売した商品なのに、凄まじい成約率で売れたのです。

それからは次第に売れる感覚が短くなり、アクセスを増やしたことで毎日売れる様になりました。

また、実践中に思いついた自分のアイデアを検証と修正を重ねてノウハウ化したことで、高単価商品を高成約率で売れるLP&メルマガノウハウ(詳しくは後述します)を編み出すことが出来ました。

よって、その結果身に付けた「究極の方法」をお教えしようと思います。

自己紹介&実績紹介

 

当テンプレートをご覧いただきありがとうございます、YUUです。

まずは自己紹介をさせて下さい。

現在は、個人ノウハウ系コンテンツ販売者向けの「高単価商品が高成約率で売れるLP&メルマガの書き方」の専門家として活動しています。

僕は元々、バンドでメジャーデビューを目指して上京したものの、夢叶わずに30歳を迎えたことで諦め起業の道を選択しました。

初めに選んだのは、他人の商品を紹介して収入を得る仕事である「アフィリエイト」です。

当初はこの仕事をきっかけに、現在のWEB業界に入りました。

しかしやがて「自分の商品やサービスを作って販売したい」と思う様になり、アフィリエイトで身に付けた集客、セールスなどのスキルを提供する仕事を志しました。

そこで「コンテンツ販売」というジャンルに参入し、上記の「WEBで集客し自分の商品を販売する方法」を学んだことでこれまでに幾つものサービスを提供して収入を得られる様になりました。

その中で最も得意だったものが、「売れる商品LP&メルマガ構築」です。

とは言え初めから出来た訳ではなく、前述の通り専門のコンサルタントから正しい方法を学んだことで短期間(構築数日後)で初めて成約を取れて成果を出せたのですね。

その後に自分のアイデアをノウハウ化し、以下の様な高単価商品を高成約率で売れる様になったのです。

5万円~20万円の高単価商品が個人・法人のお客様にバコバコ売れる。

また、ブログ経由の集客で「5万円の商品で成約率33%」を達成。

具体的には、「3人のメルマガ読者」の中から一人の方に、5万円のコンテンツの成約を頂くことが出来ました。

補足
メルマガ読者の数が少ないのは、成約率の証拠画像(何人の読者を集めれば5万円の商品が1つ売れるのか?)を取る為に新規でシナリオを作ったからです。

また、無料レポート経由では「成約率8.3%」を達成。

具体的には、無料レポートで12人のお客(メルマガ読者)を集めて、その内の一人の方から5万円のコンテンツの成約を頂きました。

無料レポートはネット集客の中で最も成約を取る難易度が高いサービスである為、ブログに比べると大分成約率は下がりますが、それでもこの様な成果を出すことが出来ました。

この様に、正しい方法を学んだノウハウをベースに自分のアイデアをノウハウ化したことで、「高単価商品を高成約率で売れる仕組み」(商品LP&メルマガの書き方)を完成させたのです。

高単価商品が高成約で売れるLP&メルマガの書き方

 

前置きが長くなりましたが、ここでメインであるノウハウ化コンテンツ販売に特化した「高単価商品が高成約で売れる商品LP&メルマガの書き方」をご紹介しますね。

それが、以下の構成です。

高単価商品が高成約で売れる商品LP&メルマガの書き方

  1. 集客導線のリサーチと設定
  2. ターゲット設定
  3. コンセプト設定
  4. キャッチコピー設定
  5. 商品LP作成
  6. メルマガ作成

では、1つずつ解説します。

①集客導線のリサーチと設定

 

売れるLP&メルマガを書く為には、「使用する集客媒体の特性」と「そこで集まる見込み客の属性」をリサーチし、それに沿った戦略を立てることが必須です。

というのも、各集客媒体ごとに仕様が異なるのでそれに沿って別々で戦略を立てないと、まともなアクセスすら集まらない羽目になるからです。

また、集客媒体ごとに集まる見込み客の属性が違うので、同じくそれに沿って戦略を立てないとアクセスは来ても「メルマガ登録されない」、「メルマガ登録はされるけど成約には繋がらない」という羽目になるのです。

後者の方は特にあるあるで、「メルマガ登録はされるけど成約には繋がらない」というのは一見、

「まだ売れていないのは読者数が足りないからに違いない!メルマガ登録者をもっと増やせば売れる筈だ!」

と推測しがちです。

しかし上記の集客導線の要素がズレていると、どれだけメルマガ登録者が増えても(数百人集めても)1つも商品は売れません。

逆に、導線が正しく設定していれば僕の様に「たった数人のお客で数万円の商品が売れる」という高い成約率を実現できます。

よって高単価商品を高成約率で売る仕組みを作る為には、商品LPやメルマガを書く前に「集客導線のリサーチ」を行うことが必須なのです。

②ターゲット設定

 

次は、「ターゲット設定」です。

これは、「あなたの商品を販売したいターゲット」を決める要素です。

商品販売において、ターゲットは徹底的に絞ることが必須です。(使う集客媒体によっては絞らない方が良いものもある)

基本的に需要あるジャンルには競合がゴロゴロ居る為、ターゲットを絞らなければあなたの発信は競合に埋もれて見込み客には刺さらないので、集客自体が出来なかったり、仮に集客は出来ても成約には繋がらなくなります。

逆に、ターゲットを絞れば激熱ジャンルでも見込み客に発信がしっかり届き、高単価かつ高い成約率で商品購入してくれるのです。

無料集客で言えば、少ないアクセスでもしっかりメルマガ登録されて高単価&高成約率で商品が売れます。

広告集客で言えば、少ない広告費でメルマガ登録されて高単価&高成約率で商品が売れる為に、黒字化が容易になります。

僕のノウハウでは、このターゲットを極限まで絞るからこそ高単価商品が高成約率で売れるということ。

③コンセプト設定

 

次は、「コンセプト設定」です。

コンセプト設定は、「その商品の売りや競合との差別化の要素」などを決める戦略のこと。

コンセプトが優れているコピー(競合と差別化する魅力的なもの)でLPとメルマガを書けば、先程のターゲット設定と同様に激熱ジャンルでも競合と戦うことなく楽々集客し、楽々成約を取れます。

ターゲット設定と同じく、無料集客で言えば少ないアクセスでもしっかりメルマガ登録されて高単価&高成約率で商品が売れます。

広告集客で言えば、少ない広告費でメルマガ登録されて高単価&高成約率で商品が売れる為に、黒字化が容易になります。

僕のノウハウでは、このコンセプトを競合と差別化し魅力的に設定することで、高単価商品が高成約率で売れるということ。

①キャッチコピーの設定

 

次は、「キャッチコピー設定」です。

これはここまでに設定したターゲット、コンセプト、キャッチコピー、競合との差別化の要素を見込み客に一目で分かりやすく表現する為の要素です。

具体的には、以下の様なものです。

キャッチコピー設定の概要

  1. ターゲット設定
    →「扱う商品を誰に売りたいのか?」を明確にする
    →競合のターゲットと差別化する
  2. コンセプト設定
    →「自分の商品の売りは何なのか?」を明確にする
    →競合のコンセプトと差別化する
  3. キャッチコピー設定
    →①と②の要素を分かり易く表現する
    →競合のキャッチコピーと差別化する

始めにこれを設定しないと、どれだけ売れる構成でLP&メルマガを書いてもまず商品が売れることはありません。

僕のノウハウでは、このキャッチコピーを競合と差別化し魅力的に設定することで、高単価商品が高成約率で売れるということ。

②ランディングページの構築

 

ここでようやく「商品LPの構築」です。

因みに、コンテンツ販売においてはLPのデザイン性(専門業者に作って貰う様なコーディングされたレベルのデザイン)は不要です。

WordPressの固定ページで素人が書いただけの超シンプルなLPでも、正しく集客導線をリサーチし戦略を練って売れる型で書けば、高単価商品を高成約率で売れる様になります。

LPには売れる型が存在し、僕の場合は巷で溢れるものとは別次元かつ、ノウハウ系コンテンツ販売に特化した高単価商品を高成約率で売れるテクニックを使った強力な型になっているのですね。

しかし、たとえその型でLPを作っても前述の「戦略」(先程のキャッチコピーなど)が伴っていなければ、99%商品は売れません。

始めに作る「キャッチコピー」(ターゲット、コンセプトを含む)があるからこそ、それにプラスして僕の売れるLPの書き方で書くことで高単価商品でも高成約率で売れる様になるのです。

因みに、LPには売れる型がありますが、具体的には「扱うビジネスモデルやジャンル」によって重視するポイントが違うので、1つのノウハウで全てに対応することは出来ません。

僕のLPの書き方で言えば、「ノウハウ系コンテンツ販売に特化し高単価商品が高成約率で売る構成」になっている訳ですね。

つまり、「あなた専用のLPの書き方ノウハウ」だということ。

なので、僕のこのノウハウは検索ではまず知ることは出来ませんし、オリジナルの「特殊な仕掛け」があるので大手のLP構築業者すら知らない秘密のノウハウを僕は持っています。

だからこそ、Wordpressの固定ページで書いただけの超シンプルなLPなのに「以下の様な成果」を出せているのです。

  • 5万円~20万円の高単価商品がバコバコ売れている
  • 5万円の商品で成約率33%を達成
    →ブログ経由の集客
    →3人中1人に5万円の商品が1つ売れる
  • 5万円の商品で成約率8%を達成
    →無料レポート経由の集客
    →12人中1人に5万円の商品が売れる

こんな成果を出せるのは、業界でもまず僕以外に居ないでしょう。

よって、LPは正しい戦略かつ僕の持つ売れる型で書くことで、高単価商品を高成約率で売れる様になります。

③メルマガ作成

 

最後に「メルマガ」を書きます。

初めに戦略となるキャッチコピー(ターゲット、コンセプト含む)を設定した上で、先に商品LPを構築し最後にメルマガを書くことで初めて「ズレの無い収益化の仕組み」を作ることが可能です。

メルマガも商品LPと同じく売れる型が存在しますが、そもそもの戦略が間違っていると1つも商品が売れないのでこの順番で構築します。

一見メルマガは一見難しく感じるかもしれませんが、僕のノウハウでは全てが「当てはめ式テンプレート化」していて具体例文も用意してあるので、それを真似て書けば簡単に作成出来ます。

具体的には、「登録率30%を超えるメルマガ登録ページの作り方」、「成約率33%を超えるステップメールの作り方」などですね。

メルマガ登録ページは、その名の通り「集めた見込み客にメルマガ登録して貰うページ」です。

これはテンプレートがあるので簡単に作ることが出来ます。

そしてステップメールとは、「自動で設定した通りの時間に設定したシナリオのメールを送れる機能」です。

これを活用することで、自動で初見の見込み客に自己紹介&価値提供を行う発信により信頼構築を行え、自動でセールスを掛けることが出来るので、高い成約率で自動で商品が売れる仕組みを作れます。

あとは、検索エンジンやWEB広告を使えば「集客の自動化」を行える為、アクセスをメルマガ登録ページに流す仕組みを作るだけで「高単価&高成約率で売れる自動収入化の仕組み」を構築できるのです。

その為、ほぼメリットしか無いので「メルマガ」は絶対に導入するべきツールだということ。

因みに、メルマガは有料と無料のものがありますが、僕が以下の成果を出した際、

  • 5万円~20万円の高単価商品がバコバコ売れている
  • 5万円の商品で成約率33%を達成
    →ブログ経由の集客
    →3人中1人に5万円の商品が1つ売れる
  • 5万円の商品で成約率8%を達成
    →無料レポート経由の集客
    →12人中1人に5万円の商品が売れる

因みに、これらは全て「無料メルマガ」を使った際の成果です。

LPと同じですが、どれだけ綺麗で有料のツール(メルマガなら機能豊富で優秀な配信サービス)を使おうが、裏の「戦略」が伴っていなければ1つも商品は売れません。

逆に、戦略が優秀であれば無料メルマガでも、上記の様な成果を出せるのです。

とは言え、最近は無料メルマガは配信トラブルが増えてきているので、読者に正確に情報が届かない場合が多くなった為、使わない方が良いです。(設定した配信者名が正しく記載されず「メールアドレス」になる等)

これでは信頼は得られにくく開封もされにくいので、今は絶対に有料メルマガ(安いもので月3000円程度)を使うことをおすすめします。

前述のものは、あくまで「戦略を間違っていれば有料サービスを使っても売れない)ということを伝える為のアドバイスです。

最後に

 

ここまで、

「高単価商品が高成約率で売れるLP&メルマガの書き方テンプレート」

をご覧いただきありがとうございます。

まとめると、僕が高単価商品を高成約率で売れるLP&メルマガを書けるのは、以下の3ステップで書いているからです。

高単価商品が高成約で売れる商品LP&メルマガの書き方

  1. 集客導線のリサーチと設定
  2. ターゲット設定
  3. コンセプト設定
  4. キャッチコピー設定
  5. 商品LP作成
  6. メルマガ作成

これらが1つでも欠けると、高単価商品を高成約率で売れる以前に「1つも商品が売れない」(低単価商品でも)という結末を迎えます。

あなたが自己流や検索での情報での実践、またはLPやメルマガ構築代行業者に制作を依頼する場合、99%これらを満たせないので商品は売れません。

他にも、LPやメルマガにはジャンル毎に「必要な構成」や「重視するポイント」が違うので、その選定を間違えると同じく売れません。

僕は「ノウハウ系コンテンツ販売」に特化した、高単価・高成約率で売れる商品LP&メルマガの書き方に完全特化しているので、あなたの実践ジャンルにおいて僕以外にこのノウハウは学ぶことは出来ないでしょう。

僕のノウハウは、「あなた専用」のものですから。

あとがき

 

ここからは、僕の経歴をお話しします。

僕は中学でギターを初めてプロを志し、高校卒業後にバンドでメジャーデビューを目指して田舎から上京しました。

そこで当初は新聞配達やコンビニ、飲食店などを転々としてバイトしながら音楽活動を行っていたのですね。

とは言え、バイトでお金に余裕が出てきた中で「バイク」にはハマってしまい、数年間は音楽活動そっちのけで稼いだお金をバイクのカスタムにつぎ込み休日はバイトのバイク仲間とツーリングに出かける時期がありました。

そこでバイク熱がっ若干冷めたある日、「俺って何しに東京に来たんだっけ?」とふと思い、そんなことをやっている場合ではないことを悟り再度音楽活動に励む日々が始まりました。

しかし全く目が出ずに気づけば「30歳高卒フリーター」というヤバすぎる状況になっていたのです。

当時のバイト仲間は続々と就職していき、取り残された様な状態でした。

でも、僕は人の下につくのが無理な性格なので就職という考えは全くなく「自分の力で稼ごう!」と何かしらのビジネスを始めることを決意しました。

僕は超インドア人間なので、「自宅で出来て青天井レベルで稼げる仕事」という条件でネット検索して探していると、「アフィリエイト」という仕事が目に留まりました。

当時はアフィリエイトはまだマイナーで「胡散臭い仕事」という世間のイメージがあったのですが、よく調べるとあくまで他人の商品を紹介することを指すのであり、扱うのもダイエットだったり日用品なども多数あることが分かり、まっとうな仕事だと判断した為に実践することにしました。

当時扱った商品は実際に自分が使用した「加圧シャツ」だったり「サイト作成ツール」などを紹介することで、初めて2か月後には月4~5万円をTwitter経由の集客で自動で得られる仕組みを作りました。

しかし、Twitterアカウントの凍結などトラブルがあったり、他人の商品を扱う以上「商品の販売停止」などがあれば収入減が無くなるため、この仕事に危機感を感じる様になっていったんですよね。

勿論、常に新しい商品を売る仕組みを作り続けることでリスクの分散は可能ですが、どうも僕の性格には合わないと思いました。

僕的には、自分の商品を扱い一度仕組みを作ればあとは放置で売れ続ける環境を得たかったのです。

そして見つけた方法が「コンテンツ販売」です。

当時アフィリエイトで成果を出した人の一部では、身に着けたWEBマーケティングスキルを商品にして販売する人が一定数居たのですね。

まあ当時はコンテンツ販売という名前があったのかは分かりませんし僕も知りませんでしたが、単純に「自分で商品を作って売る!」という考えになったということです。

補足
※コンテンツ販売という仕事の名前を知ったのはコンテンツ販売を初めて数年後です(笑) 

そしてコンテンツ販売を始めるにあたり、「専門家のコンサルタント」から学ぶことを決めました。

当時はアフィリエイトである程度のWEBマーケティングスキルはありましたが、それはあくまで既にそのジャンルで名のある企業のブランドを借りて売る形であり、既に完成されている広告主の販売ページに誘導するまでの仕事なので、自分の力だけで売れた訳ではないのですね。

そしてコンテンツ販売は完全に自分にブランドを作って信用を得て、自分で販売ページを作って自分でセールスをしなければいけないので、当時の僕にはできない訳です。

その為、コンサルタントから全てを教えてもらって商品と仕組みを作る日々が始まりました。

僕の場合せっかちな性格なので、商品と仕組み作りを行うのと並行して、ブログを使って扱う商品が売れそうなキーワードで記事を書く作業を行っていました。ブログ集客は上位表示されるまでに時間が掛かるので、あらかじめやっておいた方が良いと思ったからです。

結果、商品と仕組みを作った「初月」(正確には数日後)に当時扱っていた5万円の商品が売れました。

前述の通り、既に集客の準備が整っていたことに加えてコンサルタントから正しい販売戦略(ターゲット、コンセプト、キャッチコピー)の行い方、商品LPやメルマガの書き方を教わってその通りに作ったからからこそ、当たり前のように売れたのです。

そしてこの時にいたメルマガ登録者の数は、たったの「数人」です。

初めて売ったにしてはかなり高い成約率を出すことが出来ました。

その後はどんどん収益が安定していき、やがて出た利益を「WEB広告」(Facebook広告)に使って集客の仕組みを作ることで、広告費を払うだけで完全に自動かつ最強レベルで安定して商品が売れる仕組みを作ることが出来ました。

また、広告集客のもう1つのメリットである「出た利益の一部を翌月の広告費に足し続ける工程」を延々と続けることで、100%収益が増大し続ける【倍倍ゲーム】を実現しました。

これは広告の特性上、アクセスをお金で買えることで容易に集客のコントロールができることが理由です。

無料集客では集客のコントロールが難しいので再現性は低いですが、広告なら黒字化する仕組みさえ作れば容易なのです。

そしてこの広告で完全なる自動化&倍倍ゲームを実現する為に必要なのが、「高単価・高成約率で商品が売れる仕組み」です。

これを作らなければ黒字化は難しいですし、逆に作ってしまえは容易に黒字化できます。

勿論、無料集客であっても無名の個人が集められるアクセスはたかが知れているので、安定してまとまった収益を得たい場合はこの「高単価・高成約率で商品が売れる仕組み」は必須です。

また、この仕組みは扱う商品ジャンルによって作り方が変わります。

それこそ極端ですが、アパレル商品を売るのと情報コンテンツ(ノウハウ)を売るのでは全く必要な構成が違うのです。

だからこそ僕は、個人でノウハウ系のコンテンツ販売を行う人に特化した「高単価・高成約率で売れる商品LP+メルマガの書き方」を提供するサービスを始めました。

これは同じ立場である僕が実践していることですし、完全に「あなた専用のノウハウ」である為に世にある数多のノウハウの中で最も高い再現性かつ成功確率を得られます。

僕はその後の研究により、誰でも容易に再現できる様に「当てはめ式テンプレート化」し、全てのノウハウに書き方の具体例文を付けていますから、入手した瞬間から一切悩むことなく構築を行えます。

因みに僕自身、これまでに幾つかの商品やそれを売る仕組みを作って来ましたが、全てが売れてきて高い成約率を出せています。

勿論、ブログ経由や広告経由など集客経路の特性により多少の成約率には差がありますが、その集客経路の業界の基準としては圧倒的に高い成約率を叩き出せているのですね。

そしてこの複数の商品と仕組みを作った際は、「自分のテンプレートに沿ってただ機械的に作っただけ」です。

毎回同じ構成で同じ様に作り売れてきたのです。

それ位に高い再現性のテンプレートになっています。

このテンプレートは、「僕のメルマガを継続して読んで頂いた場合」のみ提供しますのでぜひ明日からのメルマガを継続して読んで頂ければ嬉しいです。

また、明日からのメルマガの無料プレゼントの後半でも「あとがき」としてメルマガ内ではお話ししていない僕の高単価・高成約率で売れる仕組みの秘密を公開しているので、ぜひご覧ください。