在宅ワークを辞める時はどうすればいい?効果的な方法を解説します

在宅ワークを辞める時はどうすればいい?効果的な方法を解説します

「在宅ワークを辞める時は
 どうすればいいの?」

これは、普通に考えれば「答え」は分かるものの、意外とそう上手くは行かないのが、人間という生き物です。

YUU
出勤する普通の仕事に比べ、どうしてもルーズになりがちなのが「在宅ワークの良い所」かつ、「悪い所」でもありますからね。

よって当記事では、様々な在宅ワークを実践した僕が、「在宅ワークを辞める時のおすすめの方法」を、徹底解説します。

在宅ワークを辞める時はどうすればいいのか?

在宅ワークを辞める時はどうすればいいのか?

結論から言えば、

「辞める旨を伝える連絡を入れる」

これが、「最もおすすめの方法」です。

YUU
まあ、「当たり前の話」ですね。

「行う在宅ワークのジャンル」によっては、契約先の人間と一度も会うことなく、メールのみでのやり取りで仕事をする場合があります。

その為、その在宅ワークが嫌になった場合、「バックレ」も簡単に出来てしまうのです。

恥ずかしながら、僕も「バックレの経験」があります。

しかし、僕の経験上、「在宅ワークを辞める時のバックレ」は、おすすめしません。

YUU
僕の場合、辞めて「初めの一か月程」は仕事の案件メールが届いたものの、それから徐々に減り、その後連絡が無くなりました。

この際、何かを言われた訳ではなく、「自然消滅的な流れ」で辞めれた為、初めは気にしていませんでした。

ここまででは、「バックレても大丈夫じゃん!」と思いますよね?

僕がその時の在宅ワークをバックレた理由は、仕事が嫌になった訳ではなく、「本業が忙しくなって、時間が取れなくなったから」です。

しかし、その数か月後に本業の仕事スタイルが変わった為、「暇な時間」が増えたのです。

YUU
そこで思い出したのが、「当時の在宅ワーク」です。

当時の在宅ワークは、スキル不要で、超簡単に稼ぐことが出来たので、バックレで辞めたことを今更「後悔」しました。

もし、辞める時に連絡していれば、また辞めないでも、少ないシフトで働いていれば、「戻れた可能性」があります。

大抵の在宅ワークは、出勤する普通の仕事に比べて、「ほぼストレスフリー」で働ける為、高確率で辞めた後に後悔するのです。

辞める時は、全くそんなことは予想していなかったので、つくづく自分は「アホ」だなと思いました。

YUU
まあ、常識的に「バックレ自体ダメ」ですがね。

その為、「行う在宅ワークそのもの」が嫌になったのであればともかく、

「忙しくて時間が取れない」
「何となく面倒臭くなった」

などの理由の場合は、必ず後で後悔するので、バックレは辞めましょう。

よって、「在宅ワークを辞める時はどうすればいいの?」という質問の答えは、

「連絡して円満に辞めるか、
 シフトを減らしてでも残るべき」

だと断言出来ますね。

在宅ワークを辞める時の連絡内容は?

在宅ワークを辞める時の連絡内容は?
「辞める時はちゃんと連絡する」
YUU
こう言われても、のちのち復職できる可能性の高まる連絡内容」が思い浮かばないかもしれませんね。

この「辞める時の連絡内容」は、あまり難しく考える必要は無いです。

他に本業がある場合は、「以下の内容」で十分です。

本業がある場合の連絡内容

「申し訳ありません。

 本業が忙しくなった為、
 〇〇日(1か月後など)
 で、辞めさせて下さい。

 また本業の時間の都合が合えば、
 復帰させて頂けると嬉しいです。」

専業でやっている場合は、「以下」の通り。

専業の場合の連絡内容

「申し訳ありません。

 現在の収入では生活が難しくなった為、
 〇〇日で辞めさせて下さい。」

YUU
この場合は、多少稼ぎに文句を言っている様にも聞こえるので、「復職の旨」は伝えない方がいいですね。

最低でも、そこから「一か月程度」は、手を抜かずに責任を持って仕事をこなせば、復職させて貰える可能性はあります。

辞める時ほど責任を持って働こう

辞める時ほど責任を持って働こう

在宅ワークは色んな意味で自由である為、「バックレが超多い業界」です。

YUU
自分のバックレを正当化する訳ではありませんが、これは「紛れもない事実」です。

その為、「辞める時にしっかり連絡するだけ」でも、好印象を持たれる為、後々復職を考える際は、これを行って円満に辞める必要があります。

とは言え、連絡するにしても、「今日で辞めます」というのはNGです。

どう考えても、相手の都合を考えていない発言なので、ほぼバックレと同じ扱いを受けて、「復帰は絶望的」になります。

また、辞めるからといって手を抜いて仕事をした場合も、「当然アウト」です。

YUU
与えられた仕事を責任持って行い、辞める旨を伝えてから一か月程度は働いた方が、「好印象」を持たれ易いに決まっていますからね。

よって、僕が言うのもなんですが、普通の仕事を辞める時と同様に、最低限の礼儀と常識を持って伝えれば、「復職出来る可能性」は十分あります。

後で、

「あの時にちゃんと連絡して、
 円満に辞めておけば良かった!」

と後悔しても「遅い」ですからね。

在宅ワークを辞める時の方法まとめ

在宅ワークを辞める時の方法まとめ

ここまで、

「在宅ワークを辞める時の方法」

について、お話ししました。

主な要点は、以下の通り。

在宅ワークを辞める時の心得

嫌になって辞める以外の理由なら、
 のちのち後悔する為、バックレはNG!
辞める時の連絡内容は、普通でOK
辞める旨を伝えた後、
 最低一か月は真面目に働くべき
そもそもバックレは非常識

在宅ワークは自宅で自由に働けるので、辞める時も「ルーズ」になりがちです。

YUU
まあ、常識のある人間であれば、バックレはしないと思いますが、以前の僕の様な「考えが甘い人間」は、ルーズになってしまうんですよね。

僕の経験上、在宅ワークを辞める時の理由なんて、ほぼ「甘え」から来るものです。

「自宅で働く自由な仕事」なので、嫌になればサボれますし、本業が忙しくなっても、案件を減らせば対応することが可能ですから。

在宅ワークの多く「歩合制の収入形態」なので、自分次第で幾らでも仕事量をコントロール出来るのです。

それを、「甘え」から来る適当な理由を付けて、辞めるだけだということ。

YUU
一度在宅ワークをやった人間は、高確率で辞めてからその自由さ故に「後悔」します。

よって、

「辞める時に連絡して円満退職する」
「仕事量を減らしてでも残ること」

このどちらかを、おすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA