在宅ワークを辞める理由とは?典型的な3つの原因を徹底解説します

在宅ワークを辞める理由とは?典型的な3つの原因を徹底解説します

在宅ワーク「自宅」で働けるので、非常に自由で魅力的な仕事です。

しかし、世の中良いことばかりでは無い為、当然「デメリット」も存在します。

結果、初めは魅力的だった在宅ワークが「嫌」になり、辞める人が出るのです。

個人的には、せっかく始めた自由な在宅ワークなのに、「非常にもったいない」と思いますね。

YUU
僕の経験上、高確率で辞めてから「在宅ワークの楽さ」に気付いて、後悔することになります。

その為、このデメリットである、「多くの人が辞める理由の原因」を予め知っておけば、初めから覚悟して実践することが出来る様になります。

よって当記事では、

「在宅ワークを辞める理由と
 その典型的な原因」

について解説します。

在宅ワークを辞める典型的な3つの理由とは?

在宅ワークを辞める典型的な3つの理由とは?

始めは、自宅で働ける自由な在宅ワークに魅力を感じて始めたものの、実践後にその「デメリット」に気付き、辞める人は多いです。

YUU
まあ個人的には、「始める前から分かってたでしょ?」とは思いますがね。

しかし、実践してみて初めて身に染みることもあるでしょうし、初めは「魅力的なメリット」ばかりに目が行ってしまう気持ちは分かります。

よって、「こんなにキツイとは!」とショックを受けて、辞めてしまうのです。

その「辞める理由として典型的な原因」が、以下のもの。

在宅ワークを辞める理由の典型的な原因

会話が無く孤独で寂しい
収入が安定しない
ニートと間違われる

では、1つずつ解説しますね。

会話が無く孤独で寂しい

会話が無く孤独で寂しい

在宅ワークを辞める理由の典型的な原因「1つ目」が、

「会話も無く孤独で寂しい」

というもの。

基本的に在宅ワークは、「一人暮らし」であれば、ほぼ会話する機会が無いまま一日が過ぎて行きます。

YUU
よって、人によってはこれが「苦痛」に感じて、辞める理由になってしまうですね。

始めは気にならなくても、「時間が経つごとに孤独に耐えられなくなって、出勤する普通の仕事に戻る」という流れが多いです。

僕の様なインドア人間にとっては、この「孤独感」が最高なのですが、そこまでの自宅好きじゃない人には耐えられないのだと思います。

これを解決する為には「テレビやラジオ、YouTube」を流して作業するなどして、気を紛らわすしかありません。

とは言え、全神経を集中しなければいけない仕事の場合、これは出来ませんから、それは「我慢する」という以外無いですね。

YUU
個人的な意見としては、「在宅ワークの孤独の悩み」なんて、出勤する普通の仕事に比べたらクソみたいなものです。

普通に「会社」で働く場合は、

「低レベルの陰湿ないじめ」
「嫌味な上司や先輩」

この様な障害に耐えて働かなければいけないので、「抱えるストレス」は尋常ではありません。

それが原因で自殺する人、鬱になる人も居る位なので、「かなり深い悩み」ですね。

これに比べると、在宅ワーク「会話が無く孤独で寂しい」という悩み&辞める理由なんて、クソみたいなものだと思いませんか?

YUU
よって、それ位は「我慢」しましょう。

これを我慢しても有り余るくらい、「在宅ワークの自由さ」は魅力的なのですからね。

収入が安定しない

収入が安定しない

在宅ワークを辞める理由の典型的な原因「2つ目」が、

「収入が安定しない」

というもの。

大半の在宅ワークは、「歩合制の収入形態」である場合が多いので、固定給で働くサラリーマンやバイトに比べると、稼ぎは安定しません。

しかも「雇われ」である為、歩合といっても単価は低いものが多いので、大して大きくは稼げないです。

加えて、「振られる案件の数も不安定」であり、「契約先の会社の都合」や、「自分の仕事クオリティ次第」で稼ぎが大きく変わります。

YUU
結果、毎月の稼ぎが安定しない上に、「今月は仕事あるかな?」と悩んで、それが辞める理由に繋がるのです。

僕から言わせれば、歩合制の収入形態で仕事を振って貰う立場の時点で、「リスク」が高すぎます。

契約先の会社の気分一つで案件を止められて、稼げなくなる可能性がありますからね。

これを解決する為には、「以下」スキルと仕組みを得るしか無いです。

在宅ワークで安定収入を得る為に必要なもの

「自分で仕事を生み出すスキル」
「安定収入を得る仕組み」

しかし、「大半の在宅ワーク」ではこのスキルは身に付きませんし、この仕組みも作れません。

YUU
上記の2つを手に入れる為には、「アフィリエイト」という在宅ワークの実践が必須です。

この「アフィリエイト」とは、他人の商品をブログ等で紹介し、売れた際は価格の一部を報酬として得て稼ぐ在宅ワークのこと。

アフィリエイトのメリット

低資金ノーリスクで出来る
完全な歩合制ビジネスなので、
 月収数百万以上も目指せる
ブログを使えば不労所得化できる

この様に「アフィリエイト」は、非常にメリットが多い魅力的な在宅ワークなのです。

アフィリエイトは、完全に「自分の力」でお金を生み出し、ブログを使えば安定収入どころか「不労所得化」も実現出来るので、最強の在宅ワークだと断言出来ます。

とは言え、当然これは簡単では無く「勉強」が必要ですし、アクセスの集まるブログに育てる為には、「数か月」という時間が掛かります。

YUU
これを継続」して初めて、上記の稼ぎと仕組みを手に入れられるのです。

「難易度は高め」ですが、興味がある場合は実践してみて下さい。

ニートと間違われる

ニートと間違われる

在宅ワークを辞める理由の典型的な原因「3つ目」が、

「ニートと間違われる」

というもの。

令和の時代になってもまだ、「仕事=会社に出勤する」という固定概念を持った人が、世の中の大半です。

YUU
特に「田舎」であれば、よりこのイメージが強いですね。

「在宅ワーク」をやっていると、日中でも部屋着などでコンビニなどに行って自宅周辺をうろつくことになる為、

「〇〇さんの家の子、ニートじゃね?」

というイメージを持たれる為、耐えられなくなって「在宅ワークを辞める理由」になってしまうのです。

そこまで行かなくても、在宅ワークはまともな仕事だと扱われにくいので、「舐められる可能性」が高いです。

この「対応策」は、以下の3つ。

「気にしない」
「都会に引っ越す」
「大きく稼いで法人化する」

最も簡単なのは、「気にしない」ということ。

YUU
「メンタルが強い人」であれば、そんな周囲の意見なんて気にしませんからね。

2つ目が、「都会に引っ越す」というもの。

田舎と違って「都会」では、人口が多い為に他者への関心が低いです。

特に、「賃貸マンション」であれば、全く他者に関心を抱かれない為、そんな悩みとは無縁になります。

3つ目が、「大きく稼いで法人化する」というもの。

大きく稼いで法人化すれば、「経営者」という肩書が付く為、周囲からの評価は大きく変わります。

YUU
その為にはやはり、「アフィリエイト」で大きく稼ぐしかありませんね。

一般的な在宅ワークでは大して稼げないので、法人化するメリットが無い為、稼げる金額に上限が無い「アフィリエイト」の実践が最適です。

在宅ワークを辞める理由まとめ

在宅ワークを辞める理由まとめ

ここまで、

「在宅ワークを辞める理由と
 その典型的な原因」

について、お話ししました。

在宅ワークは魅力的な仕事ですが、当然「デメリット」もあります。

YUU
一部の人はそれに耐えられなくなり、せっかく始めた在宅ワークを辞めてしまうのです。

しかし、このデメリットは「以下」の様に、自分次第で解決出来る為、本気で在宅ワークが好きなのであれば、辞める必要はありません。

在宅ワークを辞める理由の典型的な原因

会話が無く孤独で寂しい
→「テレビやラジオ」を付ける
 もしくはそれ位我慢する
収入が安定しない
→アフィリエイトを実践して、
 「自分で稼ぐスキル」を身に付ける
ニートと間違われる
→気にしないか都会に住む、
 大きく稼いで「法人化」する

まあ、「①と③」は簡単に解決出来ますね。

「②」に関しては、スキルを付ける勉強、ブログを育てる為の労力と時間が掛かる為、簡単ではありません。

YUU
しかし、諦めず継続すれば誰でも「知識」は身に付きますし、正しい方法でブログを継続して書けばアクセスは集まり、稼げる様になるのです。

大前提として、ブログを使ったアフィリエイトでは、書いた記事を検索エンジンで「上位表示」させなければ稼げません。

これも、

「正しいブログの書き方」
「上位表示される記事の書き方」

を学んで「継続」して投稿を続ければ、誰でも上位表示させてアクセスを集めることが可能です。

そして、検索エンジンで上位表示させれば、「自動でブログにアクセスが集まり続ける状態」を実現出来ます。

あとは、そのアクセスを商品紹介ページに誘導すれば、「自動」で商品が売れる様になります。

YUU
つまり、「不労所得化が可能になる」ということです。

特に「検索経由のアクセス」は、自ら検索を行うユーザーである為、商品の成約率が高い傾向があります。

結果、高確率で成約する為、書いた記事が大きなキーワードで上位表示されれば、膨大なアクセスが集まる為、「月収数百万以上」を稼げるのです。

この稼ぎと仕組みを得られる在宅ワークは、「アフィリエイトのみ」なので、興味があれば実践してみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA