在宅ワークを辞める際のメールって?その送り方と解決法を教えます

在宅ワークを辞める際のメールって?その送り方と解決法を教えます

在宅ワーク「自宅」で働ける為、多くのメリットがある魅力的な仕事です。

YUU
しかし、「様々な理由で辞めたくなる場合」もありますよね。

その際は高確率で、「以下の様な疑問」を抱えると思います。

「在宅ワークを辞める際のメールって
 どんな内容を送ればいいの?」

「メール無しでバックレてもいいの?」

あなたは、「この様に悩んだ経験」はありませんか?

前述の通り、在宅ワークは自宅で気軽に働ける仕事なので、「辞め方はどうすれば良いのか?」と悩む気持ちは良く分かります。

よって当記事では、「その解決法」をご紹介します。

在宅ワークを辞める際のメールの必要性とは?

在宅ワークを辞める際のメールの必要性とは?

「ジャンル」にもよりますが、在宅ワークはかなり自由な仕事です。

特に、応募から仕事を振られるまでの過程を、全て「ネット上」で完結する仕事の場合、一度も担当者や契約先の人間と会うことはありません。

YUU
よって、はっきり言えば「バックレ」も容易です。

仕事を振るかどうかを決めるのは契約先の会社であり、「いつでもあなたへの仕事の依頼を辞めることが可能」です。

なので、日ごろの会社の対応が気に入らなければ、その逆の「バックレ」も問題無いということ。

その為、本当に心からその在宅ワークを辞める気なのであれば、連絡メールを送らないで「バックレ」をすることは可能です。

ただし、もし、

「本業が忙しくて時間が無い」
「在宅ワークが面倒臭くなった」

この様な理由で辞める際は、その後に高確率で「後悔」することになります。

一般的な仕事に比べて、在宅ワークは凄まじく気軽な仕事ですから、「その魅力を辞めてから気付く」のです。

YUU
これは僕も経験したことなので、「実証済み」です。

僕の場合は、本業が忙しくて時間が取れずに辞めることになったのですが、その後に本業の仕事スタイルが変わり、「時間」に余裕が出来ました。

その際、「辞めなけれ良かった・・・」と、後悔したのです。

あの時、「辞める旨を伝えるメール」を送って円満に退職していれば、恐らく戻れたでしょうからね。

当時やっていた在宅ワークは、大きくは稼げないものの、「超楽かつ簡単な仕事」だった為、当時の行動をとにかく後悔しました。

よって、先程の、

「本業が忙しくて時間が無い」
「在宅ワークが面倒臭くなった」

これが「辞める理由」なのであれば、シフトを大きく減らしてでも残るor丁重に辞めるメールを送って円満に退職することを、おすすめします。

とは言え、「会社の人間と交流のある在宅ワーク」の場合は、面倒なことになる可能性が高いです。(自宅に来る等)

YUU
なので、辞める際はバックレでは無く、丁重に「連絡メール」を送った方が良いですね。

在宅ワークを辞める際のメールの送り方とは?

在宅ワークを辞める際のメールの送り方とは?

在宅ワークを辞める際のメールは、堅苦しい内容ではなく、「簡単なもの」でOKです。

サラリーマンの退職届では無いので、「こちらの意図が伝わる文章」で、「最低限失礼が無い内容」であれば、十分なのです。

「例文」としては、以下の通り。

在宅ワークを辞める際のメール内容

〇〇(名前)です。

〇〇(辞める理由)で時間が取れなくなってしまったので、〇〇(辞める期日)で退職させて下さい。

YUU
まあ、「超簡単」ですね。

変に堅苦しい内容のメールを送る必要は無いので、「簡潔に辞める意図が伝わるもの」であれば、問題ありません。

稀に、このメールを見て電話して来る場合もありますが、その際は大抵の場合、「以下の理由」です。

辞めるメールを送った後に電話が来る理由

★辞められるのが困る為、
 良い条件の掲示での引き止め
★辞められるのが困る為、
 法的措置や脅迫系の脅し

「前者」は、少ないシフトでも良いから~or報酬単価upでの引き止めですね。

YUU
この場合、「今後の保険」として、条件が良ければ受けておくことをおすすめします。

しかし「後者」の場合は、即退職しましょう。

法的措置や脅迫は、只の「脅し」なので、逆にこちらが法的措置を行ってもいいですが、得られるメリットがほぼ皆無である為、「スルー」でOKです。

在宅ワークのクライアントはバックレ前提で募集している

在宅ワークのクライアントはバックレ前提で募集している

在宅ワークの多くは、「歩合制」です。

自宅に商品が送られて来るタイプの内職系ならともかく、「ネット経由で行う在宅ワーク」の場合、振られた案件をスルーしても損害は無い場合が多いです。

あくまで、案件の「データ」として送られることが大半なので、あなたが辞める場合は他の人に振るだけだということ。

YUU
その為、クライアントは初めから「バックレられる前提」で、募集を行っているのです。

誤解の無い様に言っておきますが、これは「バックレOK」という訳では無く、あくまで、

「在宅ワークを辞める際に、
 特別深く悩む必要は無い」

ということ。

そもそもが、「突然辞めるだろうな」という前提で募集を行っている為、(だから成果報酬型)特に気負う必要は無いのです。

よって、最低限失礼が無く、辞める意図が伝わるメールさえ送れば、問題ありません。

YUU
仮に、契約先が面倒な会社で、その後にごちゃごちゃ言われたとしても、「スルーでOK」なのです。

在宅ワークを辞める際のメールの送り方まとめ

在宅ワークを辞める際のメールの送り方まとめ

ここまで、

「在宅ワークを辞める際の、
 メールの送り方と解決法」

について、お話ししました。

ジャンルにもよりますが、「在宅ワークは気楽に働く仕事」なので、辞める際も気軽に退職可能です。

YUU
特に、ネット完結型の在宅ワークであれば、より「自由」です。

ただし、「あまりに非常識な辞め方」をすると、戻りたくなった際に復職出来なくなくなります。

よって、

「本業が忙しくて時間が無い」
「在宅ワークが面倒臭くなった」

など、辞める理由が、その在宅ワーク自体が嫌になる以外のものであれば、「今後の保険」として、メールなどを送って丁重に辞めることを、おすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA