在宅ワークの辞め方!損しない効果的な方法を伝授します

在宅ワークの辞め方!損しない効果的な方法を伝授します

「在宅ワークの辞め方が分からない!」

「損しない辞め方を知りたい!」

在宅ワークは自由な仕事ですが、様々な理由や都合によって、「辞めたい!」と思うこともあるでしょう。

その際、上記の様な「辞め方」に関する悩みを抱えると思います。

YUU
僕自身、これまでに多くの在宅ワークを経験して来た上で、辞め方「損したこと」「得したこと」がありました。

よって当記事では、僕の経験上の、

「在宅ワークで損しない、
 のちのち得する辞め方」

について、詳しく具体的に解説します。

在宅ワークのバックレはおすすめしない辞め方です!

在宅ワークのバックレはおすすめしない辞め方です!

在宅ワークは「自宅」で働ける為、上司や先輩が居ません。

その為、嫌になればいつでも気軽に「バックレ」が可能なのです。

仕事内容にもよりますが、「ネット完結で対面しない在宅ワーク」の場合、それによって怒られることはありません。

YUU
僕の経験上、バックレ後の一定期間は仕事が来続け、徐々に来なくなるという感じでしたね。

一見、「面倒臭くないスムーズな辞め方」としてメリットに感じるかもしれませんが、これによって僕は大きく後悔しました。

その理由は、「以下」のもの。

「もう一度やりたくなっても、 
 バックレた為に復帰出来ない」

YUU
僕が実践した在宅ワークは、非常に楽かつ簡単だった為、「辞めてから大きく後悔」しました。

辞めた理由は、「当時の本業が忙しくなり、時間が無くなった」というものだったのですが、その後徐々に、本業の仕事スタイルが変わってしまったのです。

結果、時間が余ることが多くなり、そのタイミングで「上記の在宅ワーク」を思い出しました。

「空いた時間をその在宅ワークで
 活用すれば、楽して稼げる!」

と思ったのですね。

しかし、結局は「バックレ」で辞めた為、復帰出来ませんでした。

もし「円満な辞め方」をしていれば、連絡することで、また仕事を振って貰えたでしょう。(空きがあれば)

よって、在宅ワークはバックレが比較的容易な仕事ですが、「後々のこと」を考えるとおすすめしません。

YUU
「辞める理由」なんて、大抵がその時点での本業やプライベートでの環境によるものです。

在宅ワークを始めた瞬間は、時間が余っていて実践するものの、「あるタイミングで忙しくなり辞めたくなる」というのが定番です。

しかし、環境」なんて定期的に変わるので、急に暇になったり、本業が稼げなくなる、仕事が無くなる可能性もあります。

結果、そこで思い出して後悔しても、もう遅いということ。

その為、後々のことを考えるとバックレは避けて、「円満な辞め方」をすることがおすすめです。

補足
在宅ワークの円満な辞め方については、「次の項」で解説します。

これが、僕が経験した「在宅ワークの損する辞め方」です。

在宅ワークで得する辞め方とは?

在宅ワークで得する辞め方とは?

先程は、「こちら側の都合や環境の変化」で辞めたくなる場合の、損しない辞め方についてお話ししました。

この項では、「自分が仕事を貰う元請け」の都合で辞めたくなる場合の、得する辞め方について解説します。

「結論」から言えば、

「シフトを減らしてでも籍を残すべき」

というのが答えですね。

YUU
因みに、ここで言う「元請けの都合」とは、環境の変化による仕事の減少(今で言うコロナウイルスなど)で、振られる案件が減る場合です。

在宅ワーク「副業やバイト」として行う人が多い為、この際は、

「稼げないから辞めます!」

と、気軽に「一方的な辞め方」をする傾向があります。

こちらとしては「生活」が掛かっているので、あくまでこれ自体は間違いでは無いのです。

YUU
とは言え、後々の可能性を考えると、次の仕事が合わなかった場合の「帰る場所」は、残しておいた方がいいです。

一方的に辞められた元請け側の感情としては、その「辞める理由自体」は間違っていないものの、

「会社がヤバいときに見捨てたヤツ」

というのが、「正直な感情」でしょう。

仕事量が元に戻って経営が順調になった際、それを聞きつけてそのバイトが復帰を頼んで来たとしても、「先程の様な辞め方をした人間」を採用するとは思えません。

YUU
「相当有能な人材」じゃない限り、僕が経営者なら、そうしますからね。

よって「可能」なのであれば、シフト量を大きく減らしてでも、籍を残しておくことをおすすめします。

因みに、これは「その在宅ワークが相当気に入っている場合」の話ですけどね。

気に入らない仕事なら、もう戻ることは無いので、「適当な辞め方」でいいと思います。

在宅ワークの辞め方まとめ

在宅ワークの辞め方まとめ

ここまで、

「在宅ワークで損しない、
 のちのち得する辞め方」

について、お話ししました。

主な要点は、「以下」の通り。

損しない在宅ワークの辞め方

戻りたくなった時後悔する為、
 バックレは避けた方が良い
完全に辞めるのではなく、
 籍自体は残しておくべき

「在宅ワーク」は気軽に働ける反面、少し嫌なことがあっても簡単に辞めることが可能です。

その為、バックレという辞め方も、簡単」になります。

YUU
しかし、「気楽に稼げる在宅ワークの良さ」、辞めてから再度認識するものです。

「何かしらの事情」で辞めた際も、次の仕事が合わなければ、高確率で退職を後悔することになります。

その時に重要になるのが、「辞め方」です。

「バックレや喧嘩別れ」で辞めた場合、もう戻ることは出来ません。

しかし、円満に辞めるorシフトが少なくても籍を残しておくことで、「復職」が出来るのです。

YUU
とは言え、実践する在宅ワークを心底辞めたいのであれば、「適当な辞め方」でも問題ありません。

しかし、「魅力」を感じていながらも、

「面倒になって辞めたい」
「時間が無いから辞める」

といったことが理由の場合、高確率で後悔することになるので、「円満な辞め方」をおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA