在宅ワークで嫉妬された!効果的な4つの対処法を伝授します

在宅ワークで嫉妬された!効果的な4つの対処法を伝授します

在宅ワークとは、「自宅で働く仕事」のこと。

YUU
その特性上、面倒な人間関係や出勤などとは無縁である為、一見すると「夢の様な稼ぎ方」に映るでしょうね。

結果、「在宅ワークで稼ぐ人」一部のアホから、

「自分は毎日会社に出勤して
 大変な思いをして稼いでるのに、
 家なんかで楽して稼ぐな!」

などと、「クソみたいな嫉妬」をされて悪口を言われたりと、面倒なトラブルを抱える場合があります。

あなたの環境によっては、このトラブルが「今後の生活」に影響する場合もあると思うので、早急に対処したい筈です。(子供が居る等)

よって当記事では、

「在宅ワークで嫉妬された際の
 効果的な4つの対処法」

について、詳しく具体的に解説します。

在宅ワークで嫉妬された際の効果的な4つの対処法!

在宅ワークで嫉妬された際の効果的な4つの対処法!

世の中には、

「在宅ワークを仕事を仕事と認めない人」
「楽して簡単に稼げる仕事だと考える人」

が一定数存在します。

そんな人に、自分が在宅ワークで稼いでいることが知れると、高確率で「嫉妬交じりの悪口や嫌味」を言われるでしょう。

YUU
これが、「独身で自由な身」であれば、スルーしたり逆に嫌味で返して反撃すればいい話です。

しかしママ友など、「狭いコミュニティの中で生きる人」にとっては、子供に影響が出る可能性があったりと、それは難しくなります。

そこでおすすめな対処法が、「以下の4つ」

在宅ワークで嫌味を言われた際の対処法

自分が在宅ワークで
 稼いでいることを言わない
あえて稼ぎを少なく言う
「あなたもやれば?」
 丁重に在宅ワークを勧める

大きく稼いで法人化する

では、1つずつ解説しますね。

自分が在宅ワークで稼いでいることを言わない

自分が在宅ワークで稼いでいることを言わない

「在宅ワークで嫉妬された際の対処法1つ目」は、

「自分が在宅ワークで
 稼いでいることを言わない」

というもの。

そもそもの話ですが、在宅ワークで稼いでいることを初めから言わなければ、嫉妬は生まれません。

YUU
もう言ってしまった場合は遅いですが、これからは言わない様にすれば、少なくとも「今後の被害」は無くなりますからね。

冒頭でもお話しした通り、「在宅ワークで稼ぐ」というのは、大半の人が憧れる夢の様な話です。

その為、「自分が在宅ワークで稼いでいること」を誰かしらに言った場合、所属するコミュニティによっては、凄まじいスピードで情報が広まって行く傾向があります。

結果、在宅ワークで稼いでいること許さない、謎の考えを持ったアホが、あなたに嫉妬し、「ターゲット設定」するのです。

よって、もう言ってしまった場合は遅いですが、「今後は言わないこと」をおすすめします。

あえて稼ぎを少なく言う

あえて稼ぎを少なく言う

「在宅ワークで嫉妬された際の対処法2つ目」は、

「あえて稼ぎを少なく言う」

というもの。

実際の所、在宅ワークで稼いでいることに嫉妬する輩が一番気に入らないのは、「在宅ワークで稼いでいること自体」ではありません。

「本質」は、

「自宅に居ながら、会社で働く自分と
 同程度の稼ぎを得ていること」

これが許せないのです。

YUU
まあ、サラリーマンレベルとは行かなくても、「在宅ワークで月5~6万円以上」を稼いでいると、嫉妬され易い傾向がありますね。

「主婦」であれば、パートでもこれ位は稼ぐことが可能なので、それと同等の金額を在宅ワークで稼いでいると嫉妬され易いということ。

しかし、「在宅ワークで月1~2万円程度」であれば、恐らく殆ど嫉妬されることは無いでしょう。

これ位なら「極めて現実的」であり、普通に出勤して働く人の稼ぎには遠く及びませんからね。

TVで庶民的な振舞いをしている売れっ子芸能人は、大抵「年収数千万円レベル」です。

YUU
仮に、それを「公の場」で公表した場合、一瞬で視聴者に嫌われて、徐々に表舞台から消えると思います。

「視聴者側」も、彼らが大きく稼いでいることは感じているものの、それを明言されていない為、気付かないふりをして庶民的に振舞う番組の世界観に入っているのです。

よって、現実的な稼ぎである「月1~2万円程度」と言っておけば、嫉妬は生まれません。

既に在宅ワークで稼いでいることを言ってしまった場合でも、「それ位の収入」or「月1~2万円位に稼ぎが落ちた」と言っておけばOKです。

「あなたもやれば?」と丁重に在宅ワークを勧める

「あなたもやれば?」と丁重に在宅ワークを勧める

「在宅ワークで嫉妬された際の対処法3つ目」は、

「あなたもやれば?と、
 丁重に在宅ワークを勧める」

というもの。

在宅ワークで稼いでいることが羨ましくて嫉妬するのであれば、「自分もやればどうか?」と勧めましょう。

勿論、こんな嫌味が言い方ではなく、「丁重」に勧めればOKです。

YUU
まあ、大抵は「やらない」か、仮にやっても「直ぐに辞めて逃げるか」のどちらかでしょうけどね。

世の中、「楽して稼ぐ(稼ぎ続ける)方法」なんて、まずありません。

「一見楽そうに見える在宅ワーク」も、それなりの金額を安定して稼ぎ続ける為には、高いスキルや忍耐力、継続が必須です。

在宅ワークで稼いでいる人に嫉妬する輩も、「口では簡単に稼ぎやがって!」と言うものの、実は簡単では無いことに気付いています。

じゃなければ、嫉妬なんてしないで、「自分も在宅ワークをやれば良いだけの話」ですからね。

YUU
本当に「簡単に稼げる」と思ってのいるなら、それで簡単に解決する問題なので、やらないということは、それに気付いている証拠になります。

よって、丁重に「在宅ワークの実践」を勧めれば、勝手に意気消沈して嫉妬が収まる可能性が高いです。

大きく稼いで法人化する

大きく稼いで法人化する

「在宅ワークで嫉妬された際の対処法4つ目」は、

「大きく稼いで法人化する」
というもの。

人間というのは、9割がた「相手の肩書」で態度を変えます。

YUU
例えば、「以下の両者」が居た場合、どちらの収入や行う仕事に説得力を感じますか?

★自宅で会社経営して年収1千万円
★在宅ワークで年収1千万円

確実に「前者」ですよね?

やってる仕事自体は同じでも、この「肩書」が付くだけで、周囲からの評価は大きく変わるのです。

補足
とは言え、むやみに法人化すれば良い訳ではなく、あくまで「税金的なメリット」で言えば、大体年収1千万以上を稼がなければ、法人化の意味はありません。

よって、在宅ワークで年収1千万以上を稼いで稼いで法人化してしまえば、「経営者という肩書」が手に入るのです。

勿論、その辺の在宅ワークでこの収入を得るのは不可能ですが、中には一千万円どころか、「数千万円~数億稼げる在宅ワーク」も存在します。

YUU
当然、「簡単」ではありませんがね。

また、この収入を「不労所得化」することも出来ます。

それが、当ブログのテーマである「アフィリエイト」というビジネスです。

因みに、アフィリエイトに怪しいイメージを持っている方は一定数居ますが、実際は「大企業も実践するまっとうなビジネスモデル」です。

YUU
詳しいアフィリエイトの始め方、稼ぐコツ、不労所得化の流れは、「以下の記事」をご覧下さい。

この様に、「大きく稼いで法人化」し、「経営者という肩書」を身にまとえば、嫉妬から尊敬の対象に代わるので、1つの目標として考えてみて下さい。

在宅ワークで嫉妬された際の対処法まとめ

在宅ワークで嫉妬された際の対処法まとめ

ここまで、

「在宅ワークで嫉妬された際の
 効果的な4つの対処法」

について、お話ししました。

「在宅ワーク」は、自宅で働くという特性上、楽して稼ぐ仕事というイメージがありますよね。

そんなイメージの仕事で、サラリーマン並みの収入や、主婦のパート代位の稼ぎを得ているとなると、高確率で「嫉妬」が生まれます。

YUU
結果、「悪口やイジメ」など、あなたの生活環境によっては甚大な被害が出るでしょう。

そこでおすすめなのが、「以下の4つの対処法」です。

在宅ワークで嫌味を言われた際の対処法

自分が在宅ワークで
 稼いでいることを言わない
あえて稼ぎを少なく言う
「あなたもやれば?」と
 丁重に在宅ワークを勧める
大きく稼いで法人化する

「①~③まで」は、誰にでも出来る簡単なことなので、早急に実践すれば嫉妬被害は、ほぼ解消出来ると思います。

「④」に関しては、簡単ではありませんが、努力次第で実現することが可能です。

「アフィリエイト」で言えば、ブログで他人の商品を紹介するだけなので、「低資金ノーリスク(年間1~2万円程度)」で出来る為、容易に参入可能な在宅ワークです。

YUU
勿論、これはあくまで参入が容易であるという話で、「稼ぐ為には勉強と継続が必須」になります。

「ブログ」を使う場合、検索エンジンで上位表示される記事を書かなければ稼げないので、正しいブログの書き方の勉強や一定期間の継続投稿が必須です。

しかし、諦めずに継続すれば、月収数百万以上を稼ぎ、不労所得化も可能なので、「実践する価値は十分ある在宅ワーク」だと断言出来ます。

よって、「①~③は誰でも直ぐに実践できる対処法」なので、早急に行いましょう。

どうしても「④」を実現したい場合は、アフィリエイト以外ではまず不可能なので、簡単ではありませんが実践をおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA