在宅ワークを始めて後悔する人が悩む3つの要素!

在宅ワークを始めて後悔する人が悩む3つの要素!

在宅ワークとは、その名の通り「自宅」で働く仕事です。

自宅で働ける為、「面倒な人間関係が皆無、出勤や退勤の必要が無く、時間短縮できる」等のメリットがあります。

しかし、メリットの裏には必ず、「デメリット」が存在するもの。

YUU
その為、自由な在宅ワークに憧れて始めたものの、「想像してたのと違う!」と、そのデメリットに耐えられずに後悔する方は少なくありません。

よって当記事では、

「在宅ワークを始めて後悔しがちな
 代表的な3つの要素」

について、詳しく具体的に解説します。

在宅ワークを始めて後悔しがちな3つの要素とは?

在宅ワークを始めて後悔しがちな3つの要素とは?

在宅ワークには自由に働ける一方、それなりの「デメリット」が存在します。

多くの人は、在宅ワークのメリットのみに目が行く為、いざ実践してからその「ギャップ」に悩まされて後悔する傾向があります。

YUU
よって、それを始めに知っておくことで、「後から後悔する可能性」は減りますし、「最初から覚悟して実践出来る様になる」のです。

中でも代表的な、在宅ワークを始めて後悔しがちな要素が、「以下の3つ」

在宅ワークを始めて後悔しがちな要素

安定収入の保証が無い
サボれば稼ぎは減る
孤独な日々に耐えられない

では、1つずつ解説しますね。

安定収入の保証が無い

安定収入の保証が無い

基本的に在宅ワークの収入形態は、「完全歩合制」の場合が多いです。

また、「仕事の依頼が不定期」だったり、安定して得られたとしても、「自分の仕事のクオリティ」によってその数が変動する場合もあります。

YUU
その為、「一般的なバイトやサラリーマン」とは違い、ある程度適当に仕事していても安定して稼げる収入形態では無いです。

「有能な人」であれば、サラリーマンを大きく超える収入を得ることが出来る反面、「仕事が出来ない」場合、収入ゼロといった可能性もある収入形態だということ。

よって単に、

「在宅ワークは自宅で
 自由に稼げるんだ!」

という考えのみで始めると、高確率で「後悔」することになるでしょう。

在宅ワークのジャンルにもよりますが、「サラリーマン並みに稼げる仕事」の場合、必然的に求められる仕事のクオリティは高くなります。

YUU
例えば、当ブログのテーマである「アフィリエイト」の場合、稼ぐ為には以下のスキルが必要です
アフィリエイトで稼ぐ為に必須なもの

自分の書いたブログ記事を
 大きなキーワードで上位表示させ、
 安定したアクセスを集めるスキル
ブログに集まった見込み客に、
 扱う商品をセールスするスキル

実際はもっとありますが、ざっくり言うと、「このスキル」を身に付けなければ、アフィリエイトでは1円も稼げません。

とは言え、これは一見難しく感じますが、本気で勉強してコツを掴めば誰にでも出来ることなので、実際は「やるかやらないか」の違いですね。

YUU
ようは、「難しそうだから」と逃げれば稼げないですし、「本気」で挑めば稼げるということです。

アフィリエイトでは、「ブログ」を使って大きなキーワードで記事を上位表示させ、商品を売りまくる仕組みを作れば、月収数百万円以上を不労所得化出来るメリットがあります。

一見嘘くさく聞こえるかもしれませんが、これは「事実」です。

YUU
その為、安定収入の保証が無いものの、「確かなスキル」を身に付けて「上記の仕組み」を作り上げれば、安定して稼ぎ続けることが出来るのです。

これを「メリットとデメリット」どう捉えるかはあなた次第ですが、

「大きく稼げなくてもいいから、
 安定収入の保証が欲しい!」

という考えの人は必ず「後悔」するので、在宅ワークは向かないでしょう。

サボれば稼ぎは減る

サボれば稼ぎは減る

在宅ワークは、大半が完全歩合制であることに加えて、「自宅で自由に働ける仕事」です。

必然的に、「自分を管理する上司や先輩」が居ないので、その気になれば自由にサボれますから、その場合稼ぎは減る為、「収入ゼロになる可能性」が十分にあるのです。

YUU
その為、在宅ワークで稼ぐ為には、「自己管理能力」が必須になります。

「一般的なバイトやサラリーマン」であれば、上司や先輩の目を盗んで多少サボったところで、ほぼ給料に影響は無いでしょう。

しかし、「収入形態が完全歩合制の在宅ワーク」であれば、モロに稼ぎに影響するということ。

よって、自己管理能力が無い人が、単に「楽そうだから」という動機で始めると、ガクッと収入が下がって後悔することになるでしょう。

まあ、「その在宅ワーク」を始める際は、完全歩合制であることを知った上で実践するでしょうから、その上であえてサボるのは相当だと思いますがね。

YUU
むしろ、「休みを恐れて働き続ける」というのが普通の考えでしょう。

よって、「サボり癖」のある人は必ず後悔しますから、在宅ワークは向かないと思います。

孤独な日々に耐えられない

孤独な日々に耐えられない

在宅ワークは自宅で働く仕事なので、「他者との接触」がありません。

よって、「友達が少ない人」の場合、下手したらコンビニなどの業務的な会話以外、誰とも話さない日々を送ることになります。

毎日毎日、「一人」で、パソコンに向かってカタカタやり続ける日々。

仕事内容によっては、集中の為に「TV」などを付けられないでしょうから、「無音の室内」で延々とカタカタやり続ける毎日を送ることになります。

YUU
これに耐えられない人は、まあ「後悔」するでしょうね。

逆に、「在宅ワークに向く人」は、工場のライン作業の様な、黙々と働く仕事が好きな人です。

その様な人は、「会話などを好まないタイプ」が多いので、自分の世界に入って働ける在宅ワークは天職となります。(僕自身がそう)

逆に、「飲食や接客業」など、コミュニケーションや会話が好きな人にとっては苦痛極まりないでしょうから、向かないと思います。

僕は、「出来るだけ会話をしないで死にたい」と思っているタイプなので、アフィリエイトの様な在宅ワークは最高の仕事です。

YUU
と言っても、別に「対人恐怖症」などでは無く、あくまで会話や接触が好きでは無いということです。

「その生活」を手に入れる為なら、

「どれだけ時間が掛かっても
 稼げるスキルを身に付ける」

という「強い意思」があったので、継続することが出来ましたからね。

よって、コミュニケーションが好きな人は高確率で後悔することになるので、「在宅ワークは向かない」と思います。

在宅ワークで後悔する要素まとめ

在宅ワークで後悔する要素まとめ

ここまで、

「在宅ワークを始めて後悔しがちな
 代表的な3つの要素」

について、お話ししました。

「在宅ワーク」は、自宅で自由に働けるメリットがある反面、安定収入を得られる保証は皆無です。

YUU
「自分の仕事クオリティ」によって収入は変わりますし、サボれば稼ぎは減る為、自己管理能力が必須ですからね。
補足
「アフィリエイト」に限って言えば、時間と労力を掛けて不労所得の仕組みを作った場合、サボってても自動で稼ぐことが可能です。

また、圧倒的に他者と接触する機会が無くなるので、「インドアタイプ」以外には向かず、後悔することになるでしょう。

逆に言えば、これらを「メリット」と捉えられる人には、これ以上ない天職となります。

「アフィリエイト」で言えば、自分の努力次第で、

エアコンが聞いた自宅で、
 ノーストレスで気楽に働ける
会話する必要が無い生活
月収数百万円以上を
 不労所得化できる

これらを手に入れられる訳ですから、「向く人にとっては最高の仕事」です。

よって、「在宅ワークが自分の性格や目的に合うのかどうか」を良く見極めて、実践することをおすすめします。

YUU
おすすめの在宅ワークは、「以下の記事」で解説しているので、興味があればご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA