在宅ワークで嫌味を言われた!その理由と簡単な回避術を教えます

在宅ワークで嫌味を言われた!その理由と簡単な回避術を教えます

「在宅ワークなんて仕事じゃない!」
「出勤するまともな仕事やろうよ!」

在宅ワークをやっている人であれば、一度は「この様なフレーズ」を言われた経験があると思います。

YUU
これって、かなり「イラっ」としますよね?

在宅ワークも立派な仕事なので、単に「職場が違うだけ」の話であり、そんなことを言われる筋合いはありません。

よって当記事では、

「あなたが行う在宅ワークに、
 陰湿な嫌味を言う理由」

「嫌味を回避する方法」

について、徹底解説します。
 

在宅ワークに嫌味を言う理由は只の嫉妬です!

在宅ワークに嫌味を言う理由は只の嫉妬です!

あなたが行う在宅ワークに嫌味を言う理由は、「嫉妬」です。

YUU
「嫌味の原因」は、これ以外の何物でもありません。

あなたがその在宅ワークでいくら稼いでいるかもよりますが、仮に専業で生活出来るレベルの収入を得ていた場合、「以下の考え」になるのです。

「家で気楽に働いてるくせに、
 自分と収入が変わらないなんて
 許せない!何か言ってやろう!」

めちゃめちゃ「下らない理由」ですね。

羨ましいのであれば、自分もやれば良いのに、「行動」はしない。

要は、不満を言う割に自分では行動しない、「しょうもない人間」なのです。

YUU
そんな人間に関わっても何のメリットも無いので、出来るのであれば「関係」を切りましょう。

在宅ワークで嫌味を言われない様にする方法

在宅ワークで嫌味を言われない様にする方法

在宅ワークで嫌味を回避する方法は超簡単であり、それが「以下」のもの。

「稼いでいる金額を、あえて少なく言う」

これが、「最も簡単に嫌味を回避する方法」です。

YUU
「根本的」なことを言うなら、在宅ワークで稼いでいること自体言わない方が良いと思いますがね。

先程の項でもお話ししましたが、嫉妬の理由はほぼ「収入」です。

例えば、「不倫」など、芸能人が犯罪ではない&視聴者には一切関係ないスキャンダルで異常なほど叩かれる理由は、「以下のイメージ」があるからです。

「TVで楽しそうにしゃべるだけで、
 年収数千万円以上を稼ぎやがって!」

結局は、スキャンダルの理由なんてどうでも良く、「簡単に(そいつの脳内では)人並み以上に稼いでいる!」ということがムカつくだけの話。

それを素直に言うのは恥ずかしいので、「表向きのスキャンダル」口実に噛み付いているのです。

YUU
「在宅ワーク」も同様で、一見簡単そうに稼いでいるイメージを持たれるのは、まあ仕方ありません。

それでいて、一般サラリーマンレベルで稼がれた日には、「許せない!」と思う人種が存在するのです。

それを回避する方法が、「収入を少なく言う」ということ。

金額的には、「月2、3万円位」と伝えておけば、噛みついてくる人は少ないでしょう。

どうしても収入を言いたい場合は肩書を付けるしかない

どうしても収入を言いたい場合は肩書を付けるしかない

もし、収入を少なく言うのが苦痛に感じるのであれば、「方法は1つ」です。

それが、「以下」のもの。

「在宅ワークで大きく稼いで法人化し、
 経営者という肩書を付ける」

人間というのは、「肩書」でその人のイメージや評価を決める生き物です。

YUU
ましてや、在宅ワークなんかに嫌味を言う人間はより、「肩書に弱い傾向」がありますね。

例えば、「在宅ワーク」年収1億稼ぐ人と、「会社経営」1億稼ぐ人の両者が居た場合、どちらが嫌味を言われずに評価されと思いますか?

補足
実際に「年収1億稼げる在宅ワーク」は存在します。(アフィリエイトや株式投資、FXなど)

確実に「後者」です。

そもそも「在宅ワーク」とは、バイトより下のお遊び仕事というイメージを持たれるものなので、肩書は皆無です。

現実として「自宅で働く」というのは、世間的にはバイト以下の評価なのです。

YUU
その状態で「年収1億」なんて言うと、怪しいビジネスのイメージを持たれる上に、肩書の説得力も無い為、嫉妬で嫌味を言われ放題になります

しかし、法人化して「経営者」という立場になると、周囲からの評価は大きく変わります。

まあ、全く嫌味を言われなくなる訳ではありませんが、「目に見えて減ることは間違い無い」です。

また、肩書が付くと説得力が増すので、「稼ぎ方を教えて!」と、急に手の平を返して来る様にもなりますね。

よって、大きく稼いで在宅ワークという枠から抜け出し、法人化して経営者という肩書を付けることが、嫌味を回避するもう一つの方法」です。

在宅ワークで大きく稼げるのはアフィリエイト一択!

在宅ワークで大きく稼げるのはアフィリエイト一択!

自分の収入を隠すことなく、嫌味を言われる機会を減らす為には、「法人化」が最適な方法です

この法人化をする為には、「一定以上の稼ぎ」を得ないと税制的なメリットはありません。

YUU
良く言われるのが、「月収100万円を超えたら法人化するべき」というフレーズですね。

とは言え、一般的な在宅ワークでこのレベルの稼ぎを得るのは、まず「不可能」です。

それを解決出来るのが、「アフィリエイト」というビジネスです。

これは、他人の商品をブログなどで紹介して販売し、価格の一部を「報酬」として得て稼ぐ在宅ワークのこと。

例えば、「ダイエットサプリ おすすめ」で検索すると、おすすめのダイエットサプリを紹介するブログ記事が表示されますよね?

YUU
あれが、代表的な「ブログアフィリエイト」です。

因みに、アフィリエイトに怪しいイメージを持つ人は一定数居ますが、実際は「大企業」も参入する優秀なビジネスモデルです。

アフィリエイトには様々なメリットがあり、主に「以下のもの」がメジャーです。

アフィリエイトのメリット

低資金ノーリスクで出来る
完全な歩合制ビジネスなので、
 月収数百万円稼ぐことも可能
ブログを使えば不労所得化できる

YUU
詳しくは、「以下の記事」で解説しているのでご覧下さい。

アフィリエイトは、「自分で仕事を生み出す起業」なので、一般的な在宅ワークとは違って稼ぐ際の難易度は高めです。

しかし、「低資金ノーリスク」で出来る上に、「パソコン1台で月収数百万円以上」を稼ぎ、「不労所得化」が可能な唯一のビジネスです。

このメリットにより、「大きく稼いで法人化」が可能になります。

YUU
この「アフィリエイト」で、大きな収入と肩書を得て、嫌味を言われることのない、自由な生活を実現してみませんか?

稼ぎも少なく、肩書の無い一般的な在宅ワークではあり得ない「上記の様な凄まじいメリット」を得られるので、興味があれば実践してみて下さい。

在宅ワークに嫌味を言う理由まとめ

在宅ワークに嫌味を言う理由まとめ

ここまで、

「あなたが行う在宅ワークに、
 陰湿な嫌味を言う理由」

「嫌味を回避する方法」

について、お話ししました。

在宅ワークを行うあなたに、心無い人間が嫌味を言う理由は、「嫉妬」です。

この度合いは、「あなたの稼ぎ」によって変わるので、大きく稼いでいる場合は、収入を少なく言っておきましょう。

YUU
「最も良い方法」は、在宅ワークの実践自体を言わないことです。

仮に、自分の収入を隠さずに公表したいのであれば、大きく稼いで法人化し、「経営者という肩書」を手に入れるしかありません。

法人化レベルで大きく稼げる在宅ワークは多くはありませんが、その中で最もメリットが多いものが、「アフィリエイト」です。

低資金ノーリスクで出来て、月数百万円以上を稼ぎ、不労所得化が可能な在宅ワークは「他に無い」と断言出来ますからね。

ただし、「完全な歩合制ビジネス」なので、スキルの低い初めの一定期間は、ほぼタダ働きで実践する覚悟は必要になります。

YUU
「アフィリエイト」は、それに耐えて継続するだけのメリットがある在宅ワークなので、興味があれば実践をおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA