資産メルマガ構築メール講座①

メルマガ運用のプロがその成功ノウハウをお届け!

初めまして、「YUU」です。

メール講座のご登録、
ありがとうございます。

では、当メール講座の
ご登録プレゼントをお渡しいたしますね!

と言ってもプレゼントは
全部で「5つ」と数が多い為、
これから1日一通ずつ配信する
各メールごとにつき1つという形で
ご登録プレゼントを添付し、
1つずつ配信いたします。

主に、「以下」の流れの予定です。

  • 今回「メルマガ実践前にやるべきこと」
  • 2日目「登録され易いメルマガ登録ページの書き方テンプレート」
  • 3日目「売れるステップメールの書き方テンプレート」
  • 4日目「売れる商品販売ページの作り方テンプレート」
  • 5日目「読まれるメルマガの書き方」

そして今回お渡しするのは、
メルマガ運用において最も重要な
「設計図作り」である、

「メルマガ実践前にやるべきこと」

です!

メルマガは立派なビジネスなので、
闇雲に登録ページやステップメールを書いても
売り上げに繋がることはありません。

事前に「設計図」を作り、
その通りに作業を進めることでようやく

「狙って売れる仕組み」

を構築出来るのです。

これは非常に再現性が高く、
正しく実践すれば当然の様に
成果が出るノウハウなので、
是非実践してみて下さい。

「以下のリンク」をクリックすれば
僕の専用サイトの記事が表示されるので、
そこからダウンロード出来ます。

僕が、一体どうやって
売れる仕組みを作ったのかを
超具体的に解説しているので、
これから実践を行うあなたの
お役に立てるでしょう。

また、ダウンロードが済んだ後は、
僕に「特典を読んだ感想」などを
メールして頂けませんか?

それが今後の参考になりますし、
新たなプレゼントを提供する
モチベーションになるので、
ぜひお願いします。

メールは、以下の
「問い合わせフォーム」
からお願い致します!

「問い合わせフォーム」

お問い合わせ

 

YUUの自己紹介!

 

まずは、僕の「自己紹介」
をしたいと思います。

僕は現在、メルマガ運用法を
「ひとり起業家様」に向けて教える
事業を行っています。

超分かり易く言えば、

「メルマガ運用ノウハウの提供」

です。

メルマガは非常に即効性のある媒体であり、
明確な「成功テンプレート」がある為、
正しく実践すれば即成果を上げられます。

因みに、特典でお配りしている
メルマガのノウハウテンプレートは、
確かに成果に繋がるノウハウではありますが
まだまだ「序の口」です。

僕本来のサービスでは、

「より強力なノウハウ」

を具体的な解説(例文)を用いて
一切包み隠さずに完全公開しているので、
興味があればご参加下さい。

 

YUUの「メルマガ運用実績」について

 

僕のメルマガ運用実績は、「以下」の通りです。

  • 「始めて2か月で「月5万円」の収入を自動化」
  • 「現在は「月100万円」の収入を自動化」
  • 「メルマガの開封率は「80%越え」
    (時には「90%」を超えることも)
  • 「セールスメールまでの精読率も80%越え」
    (時には「90%」を超えることも)
  • 「商品リンクのクリック率も80%越え」
    (時には「90%」を超えることも)
  • 「30万円ほどのサービスもバコバコ売れる」

はっきり言って、
単に売り上げが大きい人
ようは僕より大きく稼ぐ人なら、
他にもゴロゴロ居ます。

しかし、

「少ないアクセスで売り上げる」

という意味で言うなら、
誰にも負けない自信がありますね。

あなたが僕のノウハウを取り入れれば、
もう沢山のアクセスを集める必要は無くなります。

「少ないアクセス」でも、
売り上げを上げられるのですから。

また、低価格商品を大量に売る、
薄利多売を行う必要も無くなります。

「高単価商品」を売れる様になるのですから。

勿論、メルマガの醍醐味である
「自動化」も出来る様になります。

とまあ、僕の実績はこんな感じですね。

 

YUUの「メルマガ運用の経歴」について

 

元々僕は、
アフィリエイトを始める際に
メルマガに興味を持ちました。

その理由は、メルマガを導入することで
ブログやサイト単体に比べて、

「売り上げを倍増させる効果」
「収益を自動化する効果」

がある点に魅力を感じたからです。

メルマガを導入しないアフィリエイトは、
いわゆる「ブログ」や「サイト」内で
直で収益化することになります。

これはいわば、

「訪問販売」

の様な初見の状態のお客さんに
いきなりセールスを掛ける様なもの。

ということは、成約率は低いですし
ほぼ低価格商品しか売れません。

つまり、「薄利多売」になる訳ですよ。

しかし「メルマガ」を使えば、
無料サンプルを配って一定期間試して貰い、
その後にセールスを掛けることで

…………………………………………

「高い成約率を上げられる」

「少ないアクセスでも売れる」

「高単価商品でも売れる」

…………………………………………

という状態を実現できるのです。

その為、即メルマガ導入を決意し
メルマガ運用を始めました。

といっても、自己流では無理だと感じたので、
「2万円ほど」のメルマガ系教材を購入し
実践を始めました。

結果、初めから正しい方法を知れたので

「2か月目で月5万円の収入を自動化」

という成果を出せました。

その後は、
このま伸び続けると思ったのとは裏腹に
収入が伸び悩むことになります。

商品が売れなくて悩んだことは無いのですが
売り上げが伸び悩む時期があったんですよ。

ここで「自分のスキルの限界」を感じ、
このままでは何も変わらないと悟りました。

よって、「100万円程」を支払って
その道の成功者にコンサルをお願いし
より強力なノウハウを学びました。

やはり、価格とノウハウの
クオリティは比例するものです。

初めに2万円程で購入した教材とは、
「雲泥の差の知識」を身に付けました。

結果、それからはグングン収入が増え、
かねてより憧れていた

「月収100万円」

を達成できたのです。

しかも、仕組みが強力なので
少ないアクセスでも安定して
この収入を自動化出来ています。

因みに、この仕組みの元となるのが
今回の「特典」でお渡しした

「メルマガ実践前にやるべきこと」
https://yuulp.xyz/tokuten-1/

による「設計図作り」です。

しつこい様ですが、
この設計図なしに
この様な仕組みは作れません。

なので、必ず実践して下さいね。

よってこれが、
僕のメルマガ運用における
主な経歴となります。

 

当メルマガのコンセプトと読み続けるメリットとは?

 

僕のメルマガのコンセプトは、「以下」の通り。

…………………………………………

「ひとり起業家のあなたが
メルマガ運用で成功する為の
ノウハウ発信」

…………………………………………

この「ひとり起業家」というのが
大きなポイントです。

これに当てはまるのは、

・個人アフィリエイター
・個人事業主
・法人でも1人ビジネスの方

となります。

ひとり起業家と組織化している企業では
メルマガにおける戦い方(発信方法)
が変わるのですよ。

何故なら、ひとり起業家には

  • 資金力が無い
  • 人手が足りない
  • 薄利多売では儲からない

という壁があるからです。

つまり、沢山のアクセスを集めて
ようやく売り上げが出る戦略
(薄利多売ビジネス)は、
向いていないということ。

しかし僕のメルマガ運用術なら、

…………………………………………

「高い成約率を上げられる」

「少ないアクセスでも売れる」

「高単価商品でも売れる」

…………………………………………

この様な仕組みを作れるので、
ひとり起業家でも安定して
大きな売り上げを出せるのです。

よって、僕のメルマガを読み続ければ
その方法を学ぶことが出来ます。

しかし、内容を読み飛ばしたりすると
そのノウハウが分からなくなるので、
ぜひ「継続」して読み続けて下さいね!

 

次回のメルマガ内容は?

 

明日のメルマガでは、

「メルマガを完全マスターした未来」

についてお話しします。

メルマガをマスターすれば、
めちゃめちゃ素晴らしい未来が
あなたを待っています。

恐らく、あなたが求めるものが
ほぼ全て手に入るでしょうね。

「僕自身」がそうでしたから。

まあ、他にも幾つか理由はあるので、
詳しくは明日お話しします。

因みに、明日のメールでは
2つ目の登録特典である

…………………………………………

「登録され易い
メルマガ登録ページの
書き方テンプレート」

…………………………………………

をお渡しするので、お楽しみに!

それでは、「明日19時」にメールしますね。

 

PS

 

良ければ、今回のメールの
感想を送って貰えませんか?

この様な感想は、
今後のメルマガの参考になる上に
モチベーションにもなりますから。

「ためになった!」

や、

「ここをこうして欲しい!」

など、内容は問いません。

以下の「お問い合わせフォーム」
からメールを頂けると嬉しいです。

「お問い合わせフォーム」

お問い合わせ

他にも、現在のあなたの現状などからの

………………………………………

「変えたい環境」
「抱えている悩み」

………………………………………

などがあれば、お気軽にメール下さいね!

 

お問い合わせはこちら