【最後まで読みたくなる】LPの5つのライティングテクニック!外注費用も徹底解説 

ランディングページを作り運用を行うにあたり、基本設計なども重要ですがそれと同じ位に「コピーライティング」も重要です。

WEBでビジネスを行う際は、販売ページでは確実に「文章」(テキスト)をメインで使いますから、このコピーライティングのクオリティ次第で明確にそのランディングページの成果が決まるのです。

よって当記事では、ランディングページを目的の成果に結びつける為の「コピーライティング」について徹底解説します。

通常の文章とは違うこの技術で、ランディングページに集まる顕在的および潜在的顧客に対し扱う商品の魅力を伝える為の方法を解説しているので、ぜひ最後までご覧ください。

当記事の内容
  • 文章とコピーライティングの違い
  • ランディングページで読まれるライティングの基本構成
  • 簡単にライティングの効果が高まる5つのテクニック
  • コピーライティングを外注する場合の費用・相場

文章とコピーライティングの違い

 

一般的な文章は、最後まで読んで貰うことを目的とした構成になっています。

しかしコピーライティングの場合、ターゲットとして定めた特定のユーザーを「コンバージョン」に繋げることを目的とした構成になっています。

その為、各項目ごとに目的を持たせて狙って構成してあり、目的のコンバージョンに繋げやすく書かれているのです。

因みにコピーライティングというと、「記事タイトルや見出しなどの短いもの&目立つ箇所に行うもの」というイメージがあるかもしれませんが、実際は記事内の全てに行う施策です。

その為、コンバージョンに繋がっているランディングページでは、記載されているテキストの全てにコピーライティングの技術が使われているということ。

コピーライティングは紙媒体やCMなどでも使われていますが、ランディングページの様なWEB上で行うものにはそれ特有の書き方というかコツがあります。

よってあなたがランディングページで成果を出す為には、その特性を理解した上でユーザーの購買意欲を刺激する構成にすることが必須なのです。

ランディングページで読まれるライティングの基本構成

 

「ランディングページはどの様な構成で作るものなのか?」

あなたはこの様な疑問があるかもしれません。

よってこの項では、「ランディングページで読まれるライティングの基本構成」を各要素ごとに解説します。

ファーストコピー

 

ファーストコピーはそのランディングページのタイトルであり、ページを見たユーザーが一番初めに見る部分です。

これは、「画像付きのキャッチコピー」の様なものをイメージして下さい。

商品名などのメインタイトルに加え、ターゲットやコンセプトなども補足として記載することで、ランディングページを見たユーザーを刺激します。

このファーストコピーの出来次第でそのランディングページを見て貰えるか否かが決まる要素なので、次の項ではそのコツを解説しますね。

【最後まで読みたくなる】ファーストコピーを作る3つのコツ

 

ファーストコピーを見た後は、ユーザーにその続きを見て貰わなければいけません。

その際に必須なのが「キャチコピー」、「アイキャッチ画像」です。

キャッチコピーは商品名、ターゲット、コンセプトをひとまとめにして一目で魅力的に伝える要素を差します。

アイキャッチ画像は、扱う商品などをイメージさせる画像のことです。

これらを使う際は、「以下の3つのコツ」を意識してライティングし作成することを心掛けて下さい。

  • 競合と差別化する魅力的なもの
    ビジネスを行う以上、競合と差別化しつつ魅力的なコピーを作らないとユーザーからの反応は得られないので、必須です。
  • ベネフィットが伝わるもの
    「その商品を買ったらどうなれるのか?」を伝えイメージさせるベネフィットを掲示することで、購買意欲を刺激できます。
  • 簡易性やお得感が伝わるもの
    人間は「簡単に悩みを解決できる&お得なもの」に弱いので、この点を意識してライティングすることで高い効果を得られます。

ボディコピー

 

ボディコピーは、ランディングページの「本文」であるメインの部分です。

ここでは扱う商品内容、ベネフィット、信頼性などを伝えて次で解説するクロージングへと繋げます。

ボディーコピーは主に、「大見出し」、「中見出し」、「小見出し」と分けて書くことが効果的です。

見出しを使って読みやすくまとめる

 

大見出しは、その項目で伝えたい情報を短くキャッチーに伝える為に使います。

これは、一目で「その項目内容や目的」を伝えることが出来るので、ランディングページの様な長いページ数がある媒体では必須です。

それに加えて、「中見出し」、「小見出し」を使い分けることで、読みやすいランディングページにすることが出来ます。

見出しが無いランディングページは非常に読みにくくなるので、「今はどこを読んでいるのか?」「この項目ではが書かれているのか?」を伝える為に必要不可欠なものなのです。

他にも、大半のユーザーの基本行動である「流し見」にも対応できます。

各項目ごとに内容を理解しやすくキャッチーにライティングされている要素なので、流し見の際にもユーザーの何かに反応して貰えやすい上に、必要な情報を一目で探して貰えますから。

読まれる本文の共通点

 

途中離脱せず最後まで読まれるランディングページのコピーには、以下の様な特徴があります。

  • 内容が分かりやすい
    各項目ごとに結論から書くことを意識し、難しい表現や専門用語はなるべく使わない様にする。
  • キャッチー
    ダラダラと内容説明するのではなく、適切な箇所にキャッチーなフレーズを加えて魅力的にする
  • 具体的
    どうしても専門用語や難しい話をする必要がある際は、例え話や解説を毎回挟む。
  • 文末を一辺倒にしない
    「です。ます。」などの文末を出来るだけ毎回変える。(同じ文末は2回まで)

クロージングコピー

 

クロージングコピーは、ランディングページの目的である「コンバージョンに繋げる要素」のことです。

一般的に「CTA」(コール・トゥ・アクション=行動喚起)と言われるもので、ユーザーに購入や登録といった目的への行動を促す為に行います。

ただ購入ボタンや登録ボタンを設置するだけでは中々行動してくれないので、この要素が必須なのです。

クロージングコピーにはテンプレート的な書き方があるので、1つずつ解説しますね。

問い合わせが増えるクロージングコピーの書き方

 

クロージングコピーでは、「オファー」、「比較」、「ベネフィット」、「追伸」という要素が必要です。

  • オファー
    商品の限定性、希少性、価格、特典、アフターフォロー、使用方法や導入の流れなどを伝えます。
  • 比較
    競合と比べた際の優位性などをデータ(数字や画像)で伝えます。
  • ベネフィット
    その商品を購入して得られるメリットを伝えイメージさせます。
  • 追伸
    商品開発に至る経緯などを伝えることで、ユーザーからの共感や信頼を獲得できます。

簡単にライティングの効果が高まる5つのテクニック

 

はっきり言って、ライティングテクニックだけでコンバージョンに繋げることは難しいです。

コンバージョンに繋げる為には、大前提として必要な他の要素があるのですね。

以下では、その5つのテクニックをご紹介します。

誰に向けた文章なのかを明確にする

 

「その文章は誰に向けたものなのか?」を明確にしてライティングしなければ、ユーザーからの反応は得られません。

コンバージョンに繋がらないランディングページは大抵、ここが不明確です。

例えば、「楽して痩せたい人」と「筋肉を付けて痩せたい人」では求めるものが違いますからね。

ランディングページの目的である商品のターゲットを明確にし、その人に向けてライティングすることで初めて成果に繋がるのです。

その為、狙うターゲットの悩みや心理を分析&把握しライティングすることが、コンバージョンに繋がるライティングだということ。

文章のテンプレートを作る

 

「文章のテンプレート」を作ることで、ゼロから毎回考える必要が無くなるので時間短縮にもなりますからおすすめです。

僕は毎回ランディングページでは、同じ文章テンプレートを活用しています。

決まったテンプレートなので、各項目ごとに書き始めや話の持って行き方、根拠の示し方、セールスへの繋げ方、セールスの仕方などが決まっています。

その為、新たにランディングページを作る際もやることは決まっているので、サクサク作れてしまう訳です。

ゼロから毎回考えると構成や繋ぎ合わせが大変ですし、出せる成果にもムラが出ますから、テンプレートを作るのは効果的な方法です。

また、「です、ます、ました」などの文末も適切に変える自分なりのテンプレートがあるので、これも効果的ですね。

文章に説得力を与える3ステップ

 

ランディングページは、ダラダラと書くだけではユーザーはちゃんと読んでくれません。

とは言え、簡潔にする余りにいきなり「こんな商品があるのでいかがですか?」では、誰も購入はしてくれないです。

その為、最後まで読んで貰いコンバージョンに繋げる為には「3ステップストーリー」を持たせることが重要です。

これは、「あなたはこんな悩みを抱えていませんか?→それを解決するにはこの商品がおすすめです→その根拠はこの商品が〇〇だからです」といったもの。

この流れでライディングすることで、ユーザーに自分の悩みを再度自覚させ、それを解決する商品のオファーを行い、その根拠を伝えることでコンバージョンし易くなるのです。

例えば、「ギターのFコードが弾けずに悩んでいませんか?→それを解決するには僕の教材がおすすめです→これは僕自身が一度挫折したあとコツを掴んで1日で攻略したノウハウだからです」といった流れになります。

僕は毎回同じ流れでこの「3ステップストーリー」で書いていて、コンバージョンしています。

文章は修正・改善が必須

 

文章は一度書いたら終わりではなく、データを取って「修正・改善」が必須です。

一度書いて成果に繋がる場合もありますが、残念ながら出ない場合もあります。

前者の場合、修正・改善を行うことで更に高い成果を出せる様になります。

後者の場合も、成果が出ない原因が必ずあるのでそれを把握して修正・改善を行うことで、成果を出すことが可能です。

その為、仮に成果が出なくても落ち込む必要はなく「改善が可能」だということです。

修正・改善方法は、誤字脱字のチェックや言い回しの変更、各要素の記載順番の変更、スマホで読んでみて読みやすさのチェックなど。

継続して書き続ける

 

ライディングは初めから上手に出来るものでは無いので、「継続」が必須です。

正しいランディングページの書き方テンプレートを入手してやり方を学び、とにかく継続して書き続けるしかありません。

そして一度身に付けてしまえば、僕の様にテンプレート化して新たなランディングページを書く際も同じ様に書くだけなのでスラスラと完成させることが出来ます。

完全に流れが頭に入る様になるので、初めの戦略設計さえ行えば流れ作業の様に書ける様になりますから、前述の通り「正しいランディングページの書き方テンプレート」を入手してやり方を学び、とにかく継続して書き続けて下さい。

コピーライティングを外注する場合の費用・相場について

 

コピーライティングは、正しいテンプレートを入手すれば簡単にノウハウを知ることが出来ます。

しかし「実際に書くという作業と練習」が必要なので、自分ではやりたくない方も居るかと思います。

その際は、「代行会社」を利用するのも1つ手です。

よってこの項では、コピーライティングの制作を代行してくれる会社に外注を依頼する場合の費用とその相場をお教えます。

原稿制作のみ コーディング・ライティング含む ランディングページの運用込み
100.000円以上~ 200.000円以上~ 300.000円以上~

まとめ ライティングはコンバージョンに必須な要素

 

ここまで、ランディングページのコンバージョンに繋げる為に必須な「ライティング」について解説しました。

前述の通りライティングは「正しい構成テンプレート」があるので、それを入手して書くことでコンバージョンに繋げるランディングページを構築できます。

ただし、それ以前に「誰に向けた文章なのか?」というターゲットを明確にしないと幾らライティングを駆使しても効果はないので、その点にはご注意下さい。

自分でライティングをしたくない場合は代行会社を利用することになりますが、個人的には「自分でライティングするスキル」を身に付けた方が絶対に良いと思います。

一度身に付ければ、今後ランディングページを構築する際は永久に「無料」で出来る訳ですからね。

その為、ぜひ「正しい構成テンプレート」を入手して自分でライティングするスキルを身に付けて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA