なぜアフィリエイトに勧誘するのか?その2つの目的を解説します

なぜアフィリエイトに勧誘するのか?その2つの目的を解説します
「アフィリエイトに勧誘された!」

「なぜ自分を勧誘するのか、
 その目的を知りたい!」

あなたは、こんな「悩み」を抱えていませんか?

大前提として、アフィリエイト自体は、「まっとうなビジネス」です。

YUU
しかし、アフィリエイトを知らない人が、いきなり「勧誘」された場合、非常に怖い思いをしますよね。

彼らがアフィリエイトに勧誘する際は、必ず「ある目的」があり、その為に行っているのです。

そこで当記事では、彼らが、

「なぜアフィリエイトに勧誘するのか?」

について解説します。

なぜアフィリエイトに勧誘するのか?

なぜアフィリエイトに勧誘するのか?

彼らが、なぜあなたをアフィリエイトに勧誘するのか?

それは簡単で、

「アフィリエイトを教えてお金を稼ぐ為」

でしかありません。

こう聞くと、【悪】だと感じがちですが、アフィリエイトを教えてお金を稼ぐこと自体は、「まっとうなビジネス」です。

因みに、アフィリエイトノウハウを教えるサービスで代表的なのは、「コンサル」や「情報商材(教材)」など。

YUU
もし、これが「ダメ」なのであれば、世の中の講師業の全てを否定することになりますからね。

ただし、この講師業】でも、「まっとうにやる人」「詐欺を行う人」が存在するのです。

講師業「まっとうなビジネス」か、「そうでないか」は、以下の要素が含まれているか、否かで判断できます。

まっとうな講師業に必須な要素
  • 教える側に実力がある
  • 見込み客が自ら集まる
  • 料金が内容に見合っている
  • 絶対○○(稼げるなど)、
    というフレーズを使わない
YUU
まあ、常識的に考えれば当たり前のことですね。

アフィリエイトで言えば、以下のものが、「まっとうだと判断できるビジネス」です。

まっとうなアフィリエイトの勧誘
  • 教える側が稼いでいて、
    確かなスキルと知識がある
  • ブログなどを使い、
    検索エンジン経由で見込み客が
    自らアクセスして来て集まる
  • コンサルや情報商材の価格が、
    販売者の実績や内容に見合っている
    (実績が高ければ高額になるのはOK)
  • サービスをオファーする際、

    「コンサルを受ければ、
     この教材で学べば、
     あなたは絶対に稼げる!
     簡単に稼げる!」


    というフレーズを使わない。

これらの要素が含まれている場合は、その人の勧誘(オファー)「まっとう」です。

しかし、以下のものは、99%自分がお金を稼ぐことだけが目的の「詐欺行為」です。

アフィリエイトの詐欺的勧誘
  • 教える側に実力がない
    (自分が行う具体的な稼ぎ方や
     ノウハウを公開していない)
  • 直接勧誘したり、SNSで、
    自ら営業を掛けている
  • 価格が内容に見合わない
    (コピペで稼ぐなど)
  • 「絶対に稼げる!」
    「簡単に稼げる!」

    というフレーズを平然と使う
YUU
これも、「常識的」に考えれば、明らかにおかしいと気付く要素ですね。

特に、見込み客が自ら、「検索エンジン」を使って集まるブログ集客などとは違い、勧誘者が自らオファーする時点で、「ネット集客のスキルが無い」のは明白です。

つまり、彼らには「アフィリエイトで稼ぐスキルがない」ということ。

本当に「稼ぐスキル」があるのであれば、明らかに不快感を抱かれる直接的な勧誘を行う筈がありません。

YUU
それが意味を成さず、まっとうなビジネスではないことを、「経験」で理解しているからです。

よって、目的は同じ、

「アフィリエイトを教えて
 お金を稼ぐこと」

でも、「その本質」は全く違うのです。

まとめると、以下の通り。

  • なぜアフィリエイトに勧誘するのか?
    →アフィリエイトを教えて稼ぐ為
  • まっとうな勧誘の見分け方
    ブログ経由での勧誘は、
    自然なビジネスの形であり、
    有益なものが多い
  • 詐欺的な勧誘の見分け方
    直接の勧誘やSNSなど

ただし、あくまで「SNSを使った集客自体」は、まっとうなやり方です。

有益なツイートをして、見込み客が自らアクセスする際は、価値提供を行っているので、発信者に「確かな実力」がある証です。

逆に、自らフォローしてアピールしたり、DMを送ってくる場合は、発信者に「価値提供の意識」がない為、避けて下さい。

YUU
それは、「誰にでも出来る簡単なこと」ですからね。

典型的な3つのアフィリエイトの勧誘パターン

典型的な3つのアフィリエイトの勧誘パターン

冒頭でもお話ししましたが、「アフィリエイトの勧誘パターン」は、主に3つあります。

それが以下のもの。

  • 直接的な勧誘
  • SNSでの勧誘
  • ブログでの勧誘

では、1つずつ解説します。

直接的な勧誘

このパターンでありがちなのは、「大学」など、不特定多数の人間が集まる場所での勧誘ですね。

「ネットで稼ぐ方法教えようか?」
「金持ちになりたくない?」

などと、「関係性が薄い人」が、いきなり距離を縮めて強引に勧誘して来ることがあります。

まず、この時点でビジネスの原理を理解していない、いわゆる「まっとうに稼ぐ実力が無い人」です。

よって、相手(もしくはあなた)からすれば、

「そもそも、お前誰?」
「何でいきなり誘ってんの?」

と、「不快感」しか抱きません。

これを「ブログ」で例えるなら、アクセスしてきた見込み客が読む記事の全てに、「情報商材のレビュー記事のリンクを貼る行為」と同様です。

YUU
こんなことをやっていて、「商品」が売れる訳がありませんね。

仮にセールスするのであれば、以下の様に行わなければ、アフィリエイトでは稼げません。

アフィリエイトの正しいセールスの流れ
  • ブログ記事は価値提供に徹する
    (もしくは通常記事と、
     セールス記事を完全に分ける)
  • 有益な無料プレゼントを用意し、
    メルマガに誘導する
  • メルマガ内で一定期間価値提供し、
    信頼が高まった所でオファーする

これは、全てのビジネスに共通する、「正しいセールスの流れ」です。

しかし、実力が無い人」にはこのスキルがない為、簡単にできる、強引な直接的勧誘という手段を取るのです。

YUU
それが相手に「不快感」を抱かれているとも気付かずに・・・。

よって、アフィリエイトの直接的な勧誘を行う人は、99%まっとうに稼ぐ実力がない、「詐欺師」なので、気を付けて下さい。

SNSでの勧誘

SNSでの勧誘

SNSで代表的なのは、「Twitterでの勧誘」ですね。

YUU
この「Twitterでの勧誘」というのは、強引に行えば誰にでも出来ることです。

あなたが、Twitterをやっていれば、「以下の経験」がありませんか?

  • アフィリエイト系アカウントから、
    しつこくフォローされる
  • 突然見知らぬ人から、
    「稼ぐ方法教えます!」
    とDMが来る

これって、「誰にも出来る非常に簡単なこと」なのです。

YUU
自分のプロフィールを盛って(嘘を付いて)「ツール」を使ってフォローしまくれば、一定数はフォローを返してくれますからね。

「DM」も、フォローされれば、または受け取る設定にしていれば、簡単に送れます。

よって、これはまっとうに稼ぐ実力が無い人でも出来る、「簡単な勧誘」だということ。

しかし、「稼ぐ実力がある人」は、有益なツイートをして、見込み客が自らアカウント、または連携しているブログに集まる流れを作ります。

結果、不快感を抱かれることなく発信を行い、関連したサービスをオファーして、「スムーズに成約する」のです。

YUU
これを行う為には「高度なスキル」が必要であり、まっとうに稼ぐ実力が無い人には出来ないことです。

その為、SNSで強引な勧誘をされた場合は、その人に実力が無いことが「確定」しているので、スルーしましょう。

ブログでの勧誘

ブログでの勧誘

「ブログでの勧誘」は、最も安全性が高い、まっとうなオファーです。

YUU
なぜなら、ブログで集客する際は、「高度なスキル」が必要になるからです。

それが、以下のもの。

ブログ集客に必須なスキル
  • SEOのスキル
  • キーワード選定
  • ライティングスキル
  • マーケティングスキル

ブログでアクセスを集める為には、書いた記事を検索で「上位表示」させなければいけません。

その際は、検索に引っ掛かり易くさせる為「SEO」「キーワード選定」のスキル。

ユーザーに記事を長く読んで貰う為「ライティングスキル」成約に繋がる見込み客を集める「マーケティングスキル」

YUU
これらを身に付けて、「上位表示されている膨大なライバル」に勝たなければいけません。

よって、検索経由で上位表示されている記事をクリックし、特定のブログに訪れている時点で、運営者に「一定のスキル」があることは確定しているのです。

簡単に出来る直接的な勧誘や、SNSでの勧誘とは訳が違います。

そもそも「直接的な勧誘」や、「SNSでの勧誘」の場合、興味がない人を強引に勧誘する訳ですから、

「なぜ自分を勧誘するの?」

と、「疑問と不快感」を抱かれます。

しかし、「見込み客が自ら検索を行い訪れたブログ勧誘(オファー)されれば、不快感を抱くことは少ないです。

YUU
自分から望んで「アクセス」したので、当然ですね。

よって、

「見込み客が自ら集まる仕組みを作り、
 その中のみで勧誘(オファー)する」

これが、「まっとうに行うビジネスの形」なのです。

なぜアフィリエイトに勧誘するのか?まとめ

ブログでの勧誘

ここまで、

「なぜアフィリエイトに勧誘するのか?」

という、あなたの疑問にお答えしました。

主な要点は、以下の通りです。

アフィリエイトに勧誘する理由
「アフィリエイトに勧誘するのは、
 ノウハウを教えて自分が稼ぐ為」
アフィリエイトを教えることの是非
「アフィリエイトを教えて、
 お金を稼ぐこと自体は、
  まっとうな講師業である」
まっとうなアフィリエイトの勧誘
  • 教える側が稼いでいて、
    確かなスキルと知識がある
  • ブログなどを使い、
    検索エンジン経由で見込み客が
    自らアクセスして来て集まる
  • コンサルや情報商材の価格が、
    販売者の実績や内容に見合っている
    (実績が高ければ高額になるのはOK)
  • サービスをオファーする際、

    「コンサルを受ければ、
     この教材で学べば、
     あなたは絶対に稼げる!
     簡単に稼げる!」


    というフレーズを使わない。
詐欺的なアフィリエイトの勧誘
  • 教える側に実力がない
    (自分が行う具体的な稼ぎ方や
     ノウハウを公開していない)
  • 直接勧誘したり、SNSを使うなど、
    無理矢理営業を掛けている
  • 価格が内容に見合わない
    (コピペで稼ぐなど)
  • 「絶対に稼げる!」
    「簡単に稼げる!」

    というフレーズを平然と使う
実力者と詐欺師の見分け方
  • 直接的勧誘は99%詐欺
  • SNSでの勧誘は、
    あちらから来るものは詐欺、
    自分からアクセスする場合は、
    優良な可能性が高い
  • ブログの場合は、
    高確率で優良である

しつこい様ですが、アフィリエイトを教えて稼ぐこと自体は、「まっとうな講師業」です。

YUU
「アフィリエイトを学びたい人」を集めて、有益なサービスをオファーすることは、立派なビジネスですからね。

しかし、アフィリエイトを実践する人が大勢いれば、中には「詐欺的な行為を行う人」も存在します。

それが、「頼まれてもいない直接的な勧誘」「SNSでの勧誘」です。

これらは、ビジネスの原理を理解しておらず、見込み客を集めるスキルが皆無の、稼ぐ実力がない人が行う行動」です。

よって、「この様な人」にアフィリエイトを教わっても、稼げる様にはなりません。

YUU
しかし、「検索経由で訪れたブログ」の場合は別です。

検索経由で集客する際は、「確かなスキル」が無ければ不可能なので、有益なサービスをオファーする実力者である可能性が高くなります。

その為、あなたがアフィリエイトに興味があり、学びたい場合は、「検索経由でアクセスしたブログのオファー」を受けることを、おすすめします。

よければ、以下の「関連記事」も、ぜひご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA