情報商材と暴力団の関係性とは?その真相を暴露します

情報商材と暴力団の関係性とは?その真相を暴露します
「情報商材は暴力団が絡んでる?」

「興味はあるけど怖いので、
 詳しく真相を知りたい!」

「情報商材 暴力団」

このキーワードで検索したあなたは、上記の様な疑問、悩み」を抱えていると思います。

一般的に、「情報商材には胡散臭いイメージ」がある為、暴力団が絡んでいる可能性を考えるのは、自然なことです。

当記事では、アフィリエイト歴5年のYUUが、「その真相」を解説します。

情報商材と暴力団の関係性の真相とは?

情報商材と暴力団の関係性の真相とは?

「情報商材」は、非常に優秀なビジネスモデルです。

あくまで商品は「データ」なので、開発や制作に大したお金は掛かりませんし、情報に「在庫」という概念はない為、失敗するリスクは皆無です。

経費を殆ど掛けずに販売出来る為、出た利益の「9割」が自分の収入になります。

YUU
暴力団は「儲かるビジネス」に敏感である為、情報商材に手を出さない方が不自然ですね。

よって、「暴力団が絡んでいる可能性」は十分あります。

しかし、僕は今までに幾つかの情報商材を購入しましたが、一度も販売者に「暴力団らしき匂い」を感じたことはないです。

その為、居るには居るでしょうが、「そうそう出会うことはない」と言っても過言ではありません。

仮に出会うとすれば、「明らかに胡散臭い勧誘経由」だと思うので、それさえ避ければ、ほぼ無縁になるのです。

YUU
ありがちなのは、「以下の2つ」ですね。
胡散臭い勧誘の特徴
  • SNSなどで相手から
    強引にコンタクトを取って来る
  • 見覚えのないアドレスから来る
    胡散臭さMAXの勧誘メール

こういったものに反応せずに、「スルー」しておけば、今後、あなたが情報商材を購入する際、まず暴力団の被害に遭うことは無いです。

暴力団が絡む可能性が高い3つの発信パターン

暴力団が絡む可能性が高い3つの発信パターン

「情報商材 暴力団」で検索したあなたは、情報商材に興味があるものの、被害が怖くて二の足を踏んでいるのでしょう。

YUU
しかし、「心配は無用」です。

「暴力団や詐欺グループが裏に居るビジネス」というのは、まっとうな方法では行いません。

必ず、ビジネスの本質を無視した、「ズレた方法」で勧誘するのです。

よって、それを知ってしまえば、被害を回避することが可能です。

その典型的な例が、以下のもの。

暴力団が関わっている可能性が高い発信
  • 相手からコンタクトを取って来る
  • 自分が稼ぐ方法を明かさない
  • 金目の画像をメインにアップしている

では、1つずつ解説しますね。

相手からコンタクトを取って来る

相手からコンタクトを取って来る

まっとうに稼ぐ実力が無い輩は、「ビジネスの本質」を知りません。

このビジネスの本質とは、「価値提供を行う有益な発信」をすることで、「見込み客の方から集まる仕組み」を作るということ。

YUU
「リアルビジネス」で言えば、「訪問販売と、店舗型のビジネスの違いですね。

「訪問販売」は、その商品を求めていない人に、無理矢理コンタクトを取ってアプローチするものです。

当然、相手は不快感」を感じる為、商材の成約率は低くなります。

逆に、「店舗型ビジネス」の場合は、通りがかりで興味を持ったり、チラシやCMなどで価値を感じた見込み客が自ら集まるのです。

結果、「扱う商材の成約率が高くなる」ということ。

これと同じで、TwitterのDMや迷惑メールなど、「販売者の方からアプローチする場合」は、ビジネスの本質を理解していない輩だということ。

YUU
よって、その裏には高確率で「詐欺師や暴力団」が絡んでいます。

「Twitter」を使うにしても、実力者であれば、有益な発信を行うアカウントを作ることで、見込み客の方から集まる仕組みを構築しています。

これが、「まっとうに稼ぐ実力のある人間のやり方」です。

その為、相手側からアプローチして来る場合、「詐欺師や暴力団が絡んでいる可能性」が高いので、避けて下さい。

自分が稼ぐ方法を明かさない

自分が稼ぐ方法を明かさない

まっとうに稼ぐ実力がない輩は、「自分の稼ぐ方法」を隠します。

被害者のブログなどを見ると、「お金が支払われてからノウハウを教えてくれるパターン」が多いです。

YUU
そして、「その教えて貰えるノウハウ」では、高確率で稼げません。

大抵、再現性の無い「コピペ系」である場合が多く、最悪の場合、初めからお金だけ貰ってトンズラが目的だったりしますからね。

つまり、その方法を知られたら、誰も興味を示さずに自分が稼げない為、頑なに隠すのです。

逆に、「まっとうに稼ぐ実力がある成功者」は、ブログやSNSなど、無料の段階で有料級の情報を公開します。(情報商材販売者の場合)

その理由は、以下の通り。

実力者が有料級ノウハウを発信する理由
  • 情報商材のイメージが悪い為、
    自分を信用して貰う必要がある
  • 無料の段階で、再現性のある
    具体的なノウハウを発信すれば、
    自分の実力を伝えられるから

「自分のジャンルに関連する有益な発信」を行えば、そのビジネスや扱う商材に興味がある見込み客は、発信者を信頼します。

その結果、

「この発信者は本物だ!」
「この人にノウハウを教えて貰いたい!」

と感じ自分が紹介する情報商材を購入してくれるのです。

まっとうに稼ぐ実力が無い輩は、知識が無い為、「見込み客が求める具体的な発信」が出来ません。(稼ぐ系なら自分が実践する手法やノウハウなど)

その為、「自分が行う稼ぎ方を隠す発信者」は、詐欺師や暴力団が絡んでいる可能性が高いので、避けて下さい。

金目の画像をメインにアップしている

金目の画像をメインにアップしている

これも、先程の項と「本質」は同様です。

まっとうにビジネスを行い、自分の実力に自信がある成功者は、「行うビジネスの情報(ノウハウ)」をメインで発信します。

YUU
集まる見込み客が最も求めているものは、「ノウハウ」ですから、当たり前の話ですね。

しかし、まっとうに稼ぐ実力が無い輩は、自分の力では有益な発信を行えない為、「金目の画像など、自分以外の力」に頼ります。

典型的なのは、現金や高級車、タワーマンション、ブランド物」ですね。

補足
これらは「レンタル」出来ますし、ネット上からコピーしたものを使っている場合が殆どです。

「金目の画像」というのは、人の欲を引き立てる一番安易な手法です。

それだけに非常に胡散臭く、普通の人は引っ掛からないのですが、残念ながら一部、「騙されてしまう人」が存在します。

YUU
当然、その裏には「詐欺師や暴力団」が絡んでいる可能性が高いです。

これは全て、自分の発信に自信が無い詐欺師」が行う手法なので、必ず避けて下さい。

情報商材と暴力団の関係性まとめ

情報商材と暴力団の関係性まとめ

ここまで、

「情報商材と暴力団の関係性」

について、お話ししました。

情報商材の一般イメージは非常に悪いですから、「暴力団が絡んでいる可能性」を感じるのは無理ありません。

僕自身出会ったことはないですが、確かに、「暴力団が絡んでいる可能性」はあります。

YUU
情報商材は、非常に利益率が高いビジネスモデルなので、いわゆる「暴力団のシノギ」に使われても可笑しくないですからね。

しかし、「5年間のアフィリエイト歴」を持つ僕は、今までに幾つかの情報商材を購入しましたが、暴力団の気配を感じたことはありません。

その理由は簡単で、「胡散臭い勧誘は完全スルーしていたから」です。

以前使っていた「Twitter」スマホ」には、それっぽいDMやメールは、ちょいちょい来ていました。

もし、これらに「反応」していれば、騙されていたかもしれませんが、完全スルーしていたので、全く被害にあったことはないのです。

YUU
「その際の注意点」が、以下の3つ。
暴力団が絡む可能性が高い発信の特徴
  • 相手からコンタクトを取って来る
  • 自分が稼ぐ方法を明かさない
  • 金目の画像をメインにアップしている

ここに気を付ければ、「詐欺や暴力団の被害にあう可能性」は、極端に減るでしょう。

当記事が、「あなたの参考」になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA