「情報商材とその販売者はゴミ!」←大きな勘違いである3つの理由

「情報商材とその販売者はゴミ!」←大きな勘違いである3つの理由

「情報商材とその販売者はゴミだ!」

「全員詐欺師に違いない!
 ゴミゴミゴミゴミ!」

恐らくあなたは情報商材に、この様なイメージ」を持っているでしょう。

確かに、この業界には「詐欺的な情報商材」が存在し、実際の内容を大きく盛って(嘘を付いて)売りさばく輩は一定数います。

よって、そのイメージがあなたの中で大きくなり、

「情報商材はゴミ!」

という認識になっているのだと思います。

YUU
しかし、それはあなたの大きな勘違いです。

大半の販売者は、有益な情報商材を販売し、「まっとう」にビジネスを行っているのです。

よって当記事では、あなたの情報商材に対するイメージを覆す、まっとうなビジネスである理由を具体的に解説します。

情報商材がゴミと言われる理由とは?

情報商材がゴミと言われる理由とは?

まずは、

「情報商材と販売者はゴミ!」

と言われる理由について、お話ししますね。

主に、詐欺商材と言われるものは、大抵「以下のパターン」で販売されている傾向があります。

詐欺商材の王道パターン
  1. あなたを絶対に稼がせます!
  2. このノウハウを実践すれば
    簡単に稼げる様になります!
  3. 現金や高級車、ブランド物など、
    金目のもので購入者を煽る

恐らく、あなたのイメージする情報商材とは、この様なものでしょう。

YUU
僕から見ても高確率で詐欺」だと思いますし、これではゴミだと言われても仕方ないです。

まずですが、この世に「絶対」はないので、購入者全員を絶対に稼がせることが出来る人なんて、存在しません。

これは、どれだけ大きな実績を出した実力者、成功者でも、不可能なのです。

よって、この要素を使って情報商材を販売する人は、「99%詐欺師」であり、「ゴミ」です。

も、本当に稼げるノウハウが「簡単」な訳がありません。

YUU
まあ、一回限りの単発の収入(1万円~数万円程度)であれば、簡単な方法もあります。

しかし、月数十万円~数百万円を安定して稼ぎ続けるノウハウであれば、簡単な訳がないです。

よって、これも「99%詐欺かつ、ゴミ」で間違いありません。

の、現金や高級車、ブランド物などで夢を見させて釣るのも、これ自体は特に犯罪でないですが、「高確率で詐欺師が行っています」です。

その様な販売者、情報商材は、大抵の場合、「自分が行う手法」や「その情報商材で学べるノウハウ」を、購入するまで教えてくれません。

YUU
何故なら、再現性がなく、自裁は稼げないノウハウだからです。

典型的なのは、「コピペで稼ぐ!」などですね。笑

それを普通に公開すれば情報商材は売れない為、現金や高級車、ブランド物などで夢を見させて、購入を促します。

その後、購入者が「購入した情報商材のノウハウの再現性の無さ」を知った頃には、すでにトンズラしているということ。

初めから、その情報商材を売りさばいた後は、逃げる計画を立てているのです。

YUU
はい、これは「ゴミ」ですね、間違いありません。

しかし、こんなことを行うのは、あくまで「一部の販売者」です。

詳しくは、以下の項」でお話しします。

情報商材がまっとうなビジネスである3つの理由

情報商材がまっとうなビジネスである3つの理由

情報商材自体は、「まっとうなビジネス」です。

YUU
あくまで、一部の輩」がそのビジネスモデルを悪用しているだけなのです。

情報商材がまっとうである理由は、以下の3つ。

  • 本質は一般的な教材ビジネスだから
  • どの業界でも、
    悪事を働く輩は存在するから
  • 有益な情報商材であれば、
    成功者は必ず生まれるから

では、1つずつ解説しますね。

本質は一般的な教材ビジネスと同じだから

本質は一般的な教材ビジネスと同じだから
本質は一般的な教材ビジネスだから

「情報商材」は、一般的な教材ビジネスと本質は同じです。

特定のノウハウを求める見込み客に、知識を持った実力者がそれを提供するという、「まっとうな教材ビジネス」なのです。

YUU
実力がないゴミ詐欺師が販売する詐欺教は、確かに存在しますが、それが業界の全てではありません。

よって、情報商材という大きな括りで、

「情報商材はゴミだ!」

と判断するのは、「早計」なのです。

例えば、「車」非常に便利な移動手段ですよね?

しかし、使う人間」によっては、誘拐の道具になりますし、人を殺すことも出来ます。

じゃあ、車は犯罪道具、または殺人兵器なのでしょうか?

YUU
そんな訳がありませんね。

結局は使い方、「使う人間の問題」ですし、悪用するのはあくまで「全体の一部の輩」です。

情報商材もこれと同じで、そのビジネスを悪用するのは一部ですし、本質は「まっとうで有益な教材ビジネス」だということ。

もし、情報商材販売者の大半が詐欺を行うゴミであれば、法律で情報商材を販売できなくなっている筈です。

販売者の大半が詐欺行為を行っているなら、それは社会問題」ですから、すぐに新しい法律が出来て違法になります。

YUU
そうなっていない現実が、一部の輩が行っているだけである、何よりの証拠なのです。

仮に、「情報商材の全てがゴミで詐欺」だとするなら、以下のビジネスは、全てが詐欺でゴミだということになります。

意外と身近にある情報商材
  • 受験や英会話などの参考書
  • 進研ゼミなどの通信講座
  • 楽器の教則本やDVD
  • ビリーズブートキャンプや、
    コアリズムなど

これらは、「全て同じ情報商材」です。

となると、この商材を販売する企業は、「詐欺かつゴミ」なのでしょうか?

YUU
そんな訳ないですよね?

よって、

「情報商材=ゴミ」

だと判断するのは非常に早計で、「誤った認識」なのです。

どの業界でも悪事を働く輩は存在するから

どの業界でも悪事を働く輩は存在するから

どの業界にも、「悪事を働く輩」は必ず存在します。

世間体の良い職業である「医者や警察官、弁護士」などでも、犯罪で捕まる輩は一定数存在するのです。

YUU
当記事を書いている直近でも、警察官(男)が住居侵入(男性の家)で逮捕されていました。

ただし、これらの職業は昔からなじみがありますし、良いイメージの方が強いですから、逮捕者が出ても特別印象には残りませんがね。

これと同様で、情報商材で詐欺を働く輩も、「悪事を働くのは、あくまで一部」です。

多くの販売者は、まっとうに「有益なノウハウ」を販売しています。

だからこそ、先程の項」でお話しした様に、情報商材を販売してはいけない法律ができないのです。

まあ、

「情報商材=ゴミ」

というイメージが強いが故に、「新規参入者」は減るので、結果的にライバルも少なくなり、真面目に行う人間が稼ぎ続けられる要因でもありますがね。

何にしても、当記事のキーワードである、

「情報商材=ゴミ」

検索する位なので、あなたは確実に情報商材で稼いで成功したいという欲がある筈です。

YUU
その場合、情報商材という括り」でゴミだと判断するのはあなたの成功の妨げになります。

勿論、情報商材の全てを信じてはいけませんが、「有益なものも確実にあること」を知って下さい。

有益な情報商材であれば成功者は必ず生まれるから

有益な情報商材であれば成功者は必ず生まれるから

当たり前ですが、有益な情報商材には、「それを実践して稼いだ成功者」が生まれます。

勿論、購入者全員が成功することは出来ませんが、「一定数」は必ず生まれるのです。

また、よくある意見」として、以下のものがあります。

「自分が実践するノウハウを教えれば、
 ライバルが増えて困るんじゃないの?」

もしかすると、あなたもこう思っているかもしれませんね。

YUU
仮にそうだとするなら、「ビジネスの本質」を知らなすぎです。

成功者が実践する有益なノウハウを教えれば、当然ながら「購入者の一部」は稼げます。

その場合、「購入者の実績」として、自分の情報商材に記載することが出来ますから、それを見て、「より購入者が増えて稼ぎ続けられる」のです。

適当なノウハウを教えて成功者が生まれなければ、「購入者の実績はゼロ」ですから、情報商材は売れません。

仮に、嘘を付いて成功者を捏造すれば、「元々が稼げないノウハウ」なので、購入者の中から怒涛のクレームが入ります。

YUU
最悪の場合は訴えられて、「その実績が本物であるか」を調べられ、虚偽や詐欺の罪で逮捕される可能性があるのです。

結果、その販売者は稼ぎ続けることが出来ないということ。

これが、「全てのビジネスの本質」です。

自分が稼ぎ続ける為には、「購入者の為になる商品」を販売することが必須であり、再現性のないノウハウを売れば、一時的には稼げても継続できません。

それに、「本当に稼げるノウハウ」というのは、非常に地味かつ、面倒で時間が掛かります。

というのも、初心者からスキルを身に付けて、自分の力でお金を稼ぐ為には、「長い時間と凄まじい労力」が掛かるのです。

YUU
まあ、普通に考えれば当たり前の話ですよね?

「初心者から短期間でプロ」になんて、なれる訳がありませんから。

よって、「自分のノウハウを全公開」しても、どうせ殆どの人は正しく実践しませんし、継続も出来ずにすぐ諦めます。

結果、ライバルは大して増えない為、困ることはないということ。

この様に、実力者は「有益な情報商材」を販売し、購入者に喜ばれて自分も稼げます。

その為、「情報商材全てをゴミ」だと判断するのは、大きな間違いなのです。

「情報商材はゴミ!」の真相まとめ

「情報商材はゴミ!」の真相まとめ

ここまで、

「情報商材&販売者=ゴミ」

というイメージを持つあなたに、情報商材はまっとうなビジネスである、その理由をお話ししました。

それが、以下の3つ。

情報商材がまっとうである理由
  • 本質は一般的な教材ビジネスだから
  • どの業界でも、
    悪事を働く輩は存在するから
  • 有益な情報商材であれば、
    成功者は必ず生まれるから

確かに、情報商材には「詐欺的なもの」は確実にあり、そこに関してはゴミであることは認めます。

YUU
しかし、それはあくまで「一部の話」

多くの販売者は、自分が実践した「再現性のある情報商材」を扱い、購入者の明るい未来を願っています。

それが結果的に「自分のビジネスの実績」になり、より大きく安定して、その情報商材が売れ続けるのです。

これが、安定して稼ぎ続けられるビジネスの本質」です。

ゴミ的な情報商材を扱うゴミ販売者は、稼ぎ続けることは不可能ですし、最悪の場合、「逮捕」されます。

YUU
まあ、逮捕されなかったとしても、ネット上で「自分の悪名」が広まり、日常生活にも影響が出るでしょう。

普通の人は、こんなリスクを掛けたくない為、「あくまで一部の輩が行う話」なのです。

確かな実力を持つ人を正しく見極めれば、「有益な情報商材」を紹介されます。

あとは、それを正しく継続して実践すれば、高確率で稼げる様になります。

あなたの為にも、情報商材を一括りで「ゴミ!」だと決めつけるのは、辞めた方がいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA