情報商材の何が悪いのか?まっとうなビジネスである2つの理由を解説

情報商材の何が悪いのか?まっとうなビジネスである2つの理由を解説

「情報商材は詐欺!」

「悪い人間が行うビジネスだ!」

YUU
一般的に情報商材、及びその販売者は、「この様なイメージ」を持たれています。

しかし、僕は一言言いたい!!

「情報商材の何が悪いのか?」

ということを。

情報商材自体は全く悪いものではなく、「まっとうな商品」です。

あくまで、「一部の詐欺師」が、この仕組みを悪用しているだけなのです。

僕自身、この業界に入るまでは、「情報商材」に悪いイメージを持っていました。

YUU
その当時は、「某ヒルズ族」情報商材販売でギラギラしていた時期でしたからね。

しかし、その「本質」を知った後は、その考えを改めました。

「何だ、イメージと違って
 ちゃんとしたビジネスじゃん!」

と、心から思ったのです。

当記事では、情報商材がまっとうなビジネスである理由を解説します。

情報商材の基礎知識

情報商材の基礎知識

まずは、「情報商材の概要」についてお話しします。

補足
本題の、情報商材がまっとうなビジネスである理由は、「次の項」で解説しているので、この概要が不要な方は下へスクロールして下さい。

「情報商材」とは、特定のジャンルのノウハウをまとめてデータとして販売する、教材の様な商品です。

対応できるジャンルは多岐に渡り、以下のものがメジャーです。

情報商材で扱えるジャンル
  • アフィリエイトやFXなど、
    いわゆるお金を稼ぐ系
  • 楽器や勉強、英会話
  • ダイエットや美容法など
    (動画を使う場合が多い)

形式としては、「PDF」で文章として販売したり、「動画」を撮って映像で販売する方法があります。

YUU
まあ、前者は「教則本」、後者は「教則DVD」をイメージして貰えれば分かり易いです。

価格は数千円~数万円程度のものが多く、商品の特性上、購入するまで中身を見れないことが、「悪いイメージ」を持たれる要因の1つですね。

しかし、それは教則本(立ち読みすれば別ですが)や、教則DVDにも、同じことが言えます。

よって、商品としては全く問題がなく、「ごく普通の教材ビジネス」なのです。

情報商材がまっとうなビジネスである2つの理由

情報商材がまっとうなビジネスである2つの理由

主に、情報商材と言えば「アフィリエイトなどの稼ぐ系」がメジャーですね。

YUU
あなたも、この「稼ぐ系情報商材」正当性や、本質を知りたくて検索したのだと思います。

よって、ここでは

「アフィリエイトなど、
 お金を稼ぐ系の情報商材」

が、まっとうなビジネスである理由について、解説します。

それが、以下の2つ。

稼ぐ系情報商材がまっとうな理由
  • 自分が扱うノウハウを
    求めるお客さんがいるから
  • そのジャンルの成功者が実践した
    正しいノウハウが記しているから

では、1つずつ解説しますね。

自分が扱うノウハウを求めるお客さんがいるから

自分が扱うノウハウを求めるお客さんがいるから

扱うジャンルが王道のものであれば、「それを求める人」は必ず居ます。

仮に、「ブログアフィリエイトで稼ぐ系」なら、成功した際、得られるメリットは以下のもの。

ブログアフィリエイトで得られるメリット
  • 月収数百万円以上も可能
  • 独自ドメインを取得し、
    レンタルサーバーを借りれば、
    削除リスクが無くなり、
    安定収入を得られる
  • 不労所得化が可能
YUU
これを実現できるノウハウであれば、どう考えても「需要」がありますよね?

勿論、この世に絶対は無いので、「絶対稼げる!」などと煽って販売するのはNGです。

それは、「明らかな詐欺」ですから。

自分が稼いだ実績(あえて公開しない人も居ますが)、説得力のあるブログなどでの発信、記事が上位表示している証拠を公開すれば、信頼は得られます。

加えて、「自分の実力を示す証拠」にもなりますから、売れるのです。

YUU
これの何が悪いのでしょうか?

前述の「絶対に稼げる!」という煽りさえ行わなければ、全く問題の無い、まっとうな教材ビジネスだと思いませんか?

「そのノウハウを求めるお客さん」が居て、それを教える実力、スキルのある人【情報商材】として販売する。

これぞ、全てのビジネスの本質である、「価値提供」なのです。

成功者が実践した正しいノウハウが記されているから

成功者が実践した正しいノウハウが記されているから

一部の詐欺教材を除いた、殆どの情報商材には、その道で成功した人が実践したノウハウが記載されています。

仮に、アフィリエイトで稼ぐ系であれば、「アフィリエイトで稼いだ成功者が実践したノウハウ」が書かれているということです。

例えば、「ブログアフィリエイト」の場合、

  • 記事ライティング法
  • キーワード選定方法
  • SEO対策方法
  • セールス記事作成法

この様なノウハウを学ぶことが出来ます。

詳しくは、「以下の記事」で解説しているので、ご覧下さい。

「まっとうな情報商材」の場合、その通りに実践すれば、アフィリエイトで稼ぎ、成功できる可能性が高くなります。

YUU
ただし、初心者の状態から自分の力でお金を稼ぐスキルを身に付ける必要がある為、必然的に「長い時間と労力」が掛かります。

加えて、成功者が実践した「本当に稼げるノウハウ」というのは、非常に地味かつ面倒です。

多くの人はこれを嫌がり、真面目に実践しない為、「諦めずにコツコツ継続した人」だけが成功できるのです。

YUU
これの何が悪いのでしょうか?

「至極まっとうな商品(ビジネス)」だと思いませんか?

悪いのは一部の詐欺師の売り方である

悪いのは一部の詐欺師の売り方である

情報商材自体は、何も悪くない「まっとうな教材ビジネス」です。

YUU
あくまで、「一部の詐欺師が扱う詐欺商材」、そして、「その売り方がダメ」だということです。

「詐欺師が販売する詐欺商材」というのは、再現性が皆無で、稼げる訳がないノウハウを、必要以上に煽ってセールスします。

その際、「使われる傾向が高いフレーズ」「やりがちな発信」は、以下のもの。

詐欺師が使うフレーズと行う発信
  • 「絶対に稼げます!」
  • 「簡単に稼げます!」
  • 収入自慢や買い物自慢
  • 検索すれば誰でも言える、
    ふわっとしたマインドの話

そもそも、この世に「絶対」はありません。

「成功者が作った有益な教材」を実践しても、稼げる人も居れば、稼げない人も居ます。

YUU
まあ、「有益な教材」の場合、稼げない原因の大半は、購入者が正しく継続して実践しないからですがね。

また、アフィリエイトの様な、自分の力でお金を稼ぐ起業において、「簡単に(安定して)稼げる方法」は存在しません。

1回限りの稼ぎならともかく、安定して稼ぎ続ける為には、「面倒で辛い作業」からは逃れられないのです。

例えば、ブログアフィリエイトの場合、正しく実践すれば「不労所得化」を実現出来ます。

「現在それを実現している成功者」は、その全員が数か月~1年単位で諦めずに継続したからこそ、今があるのです。

YUU
よって、「簡単に不労所得化を実現した人」は、1人として居ません。

次が、胡散臭い販売者のオファーでよくある、行うビジネスの概要を明かさず、「収入自慢や買い物自慢」が発信のメインの場合。

これは、「分かりやすい夢」を見せることで、情弱を釣る代表的な手法です。

手法自体はダメな訳ではありませんが、行うビジネスの内容を明かさず、関連したノウハウを発信しない販売者は、「99%詐欺」だと思って下さい。

因みに、ビジネスの内容を明かさないのには、主に「以下の様な理由」があります。

詐欺師が稼ぎの内容を明かさない理由
  • 再現性がなく、
    稼げないノウハウだから

    (コピペなど)
  • 商品自体存在しなく、
    お金を貰ってとんずらが目的
YUU
この様に、内容を明かした瞬間に「信頼」を失い、売れなくなるので隠すということ。

そして最後は、「ふわっとしたマインドの話」がメインの場合。

これは、「稼いだ経験がない人」でも、ちょっと検索すれば、簡単にそれっぽく語ることが出来ます。

よって、「ブログなどの発信」具体的なノウハウを発信せず、マインドの話がメインの場合は、実力がない可能性が高いですね。

この様に、情報商材自体は悪いものではなく、「まっとうなビジネス」です。

YUU
しかし、一部は「詐欺的な商材を扱う輩」がいる為、注意して下さい。

何を言っても噛みつく人は居ます

何を言っても噛みつく人は居ます

「情報商材」は、一部の詐欺師のイメージが目立ちやすい為、どうあがいても噛みつかれるビジネスです。

その為、何を言っても「無駄」ですし、必死に否定すればするほど、胡散臭くなります。

YUU
なので、噛みつく人は放っておいて、「マイペース」に実践しましょう。

大半の情報商材は、「まっとう」に販売されていますし、アフィリエイトもまっとうなビジネスです。

よって、何も悪いことをしていません。

まあ、噛みつかれやすいので、わざわざ

「情報商材を買った」
「アフィリエイトを実践している」

などと言う必要はないです。

どうしても言いたいのであれば、「大きく稼いだ後」に教えてあげましょう。

YUU
因みに、「こういったものに必死に噛みつく人」ほど、手のひらを反すのは早いです。
「そんなに稼げるの?
 じゃあ俺にも教えて!」

こうなるのは良くあることです。

この際、親切に教えてあげるのか、スルーするのか、説教するのかは、あなたに任せます。

何にしても、普通に実践していれば、「悪いことは一切ない」ですし、有益な情報商材を見極めて正しく実践すれば、「成功できる可能性が高まる」ということ。

よって、「周囲の評価」なんて気にせずに、マイペースで実践することを勧めます。

情報商材の何が悪い?まとめ

まとめ

ここまで、「情報商材がまっとうなビジネスである理由」について、解説しました。

それが、以下の2つ。

情報商材がまっとうである理由
  • 自分が扱うノウハウを
    求めるお客さんがいるから
  • そのジャンルの成功者が実践した
    正しいノウハウが記しているから

その本質は、「扱うノウハウを求めるお客さん」が居て、「教える実績、スキルがある実力者」が、情報商材として販売するものです。

YUU
よって、「一般的な教材ビジネス」「講師業」などと、その仕組みは何ら変わりません。

悪いのはあくまで、その仕組みを「人を騙す方向」に使い、強い煽りで詐欺商材として販売する一部の輩です。

情報商材販売者の大半は、「まっとう」にビジネスを行っているのです。

まあ、あなたが「情報商材にどのようなイメージを持つか」は自由ですが、できれば、一括りに詐欺だと判断することは辞めて下さい。

結局、ビジネスと言うのは「人の役」に立って初めて、お金を稼ぎ、成功できます。

YUU
一応、詐欺商材でも、「絶対稼げる!」と、強い煽りで販売すれば、売れるには売れるでしょう。

しかし、当然「それを実践しても稼げる訳がない」ので、人の役には立ちません。

結果、必然的に「クレーム」に繋がり、最悪の場合、訴えられるリスクがあります。

これでは、安定して稼ぎ続けることは出来ないのです。

本当に稼ぐ実力のある販売者は、「有益なノウハウ」をまとめ、必然的に成功者を一定数生み出します。

そして、それが販売者の実績となり、扱う商材にも「購入者の実績」として記載され、新たな見込み客からの信頼に繋がります。

YUU
結果、更に商材がより多く、安定して売れるようになるのです。

これが、「ビジネスの本質」です。

この様に、成功者が販売する情報商材は、「人の役に立つ有益な商材」を提供する、まっとうなビジネスだということ。

以下の記事でも、「稼ぐ系情報商材の正当性」について解説しているので、良ければご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA