なぜ情報商材を買うの?購入者が後を絶たない理由を解説

なぜ情報商材を買うの?購入者が後を絶たない理由を解説

「なぜ情報商材を買う人が
 後を絶たないの?」

「情報商材が売れる理由はなぜ?」

「この業界の知識」が無ければ、こう思うのは当然です。

情報商材と言えば、

「○○万円稼ぐ方法教えます!」
「不労所得を作りませんか?」

など、一見胡散臭いフレーズで、「特定のノウハウ」が売られていますね。

YUU
情報商材には様々なジャンルがありますが、イメージとしては上記の「稼ぐ系」がメジャーでしょう。

ネットを見れば分かると思いますが、一定数は「詐欺商材」に引っ掛かり、大金をだまし取られる被害も多いです。

これを見ると、「情報商材=詐欺」というイメージになるのは自然なことです。

結果、

「なぜ情報商材を買うの?」

といった疑問が生まれるのでしょう。

当記事では、「その真相」について具体的に解説します。

この記事で学べること
  • 情報商材の基礎知識
  • 情報商材を買う人が、
    後を絶たない理由
  • 情報商材を販売する理由

情報商材とは?

情報商材とは?

「情報商材」とは、特定のノウハウをまとめた、教材のような商品です。

扱えるジャンルは、以下の様に、多岐に渡ります。

代表的なジャンル
  • アフィリエイトやFXなど、
    お金を稼ぐノウハウ
  • 楽器や英会話、勉強系
  • 美容やダイエット法など
YUU
この様に、「需要があるジャンルのノウハウ」であれば、大抵が販売されています。

あくまで通常の教材の様に、特定のノウハウを知りたい人に、有益な情報を提供するという、本来は「まっとうなビジネス」です。

その為、「情報商材自体は何の違法性もない」ということ。

何なら、

「進研ゼミなどの通信教材」
「受験勉強の参考書」
「楽器を学ぶ教則本」

これらも、「同じ情報商材」です。

よって、情報商材を「詐欺」だと否定する場合は、これらも「詐欺」だということになりますね。

また、こう言うと、

「お金を稼ぐ系に
 関しては詐欺なんだ!」

という意見があるでしょう。

YUU
しかし、なぜ「お金を稼ぐ方法を教えること」が詐欺なのでしょうか?

別に、「お金を稼ぐ方法を教えていけない理由」「これを禁止する法律」がある訳ではありません。

結局のところ、「ただ自分が気に入らないだけ!」という話なのです。

情報商材が気に入らないのであれば、「買う必要」がありませんし、買わないのであれば、あなたには全く関係のない話ですからね。

なぜ情報商材を買うのか?

なぜ情報商材を買うのか?

本題の「なぜ情報商材を買うのか?」についてですが、その答えは非常に簡単で、

「自分が求めている情報を手に入れ、
 叶えたい未来を実現する為」

というもの。

「楽器」であれば、

「プロレベルに上達して
 自在に弾ける様になりたい!」

英会話であれば、

「海外旅行に行った際、
 ストレスなく楽しみたい!」

など、叶えたい未来を手に入れる「知識」、「スキル」を身に付ける為に買うのです。

アフィリエイトなどの稼ぐ系なら、

「稼げる様になって会社を辞めたい!」

「サラリーマンの次元を超える
 お金持ちになりたい!」

という、「自分が叶えたい未来」を実現する為です。

YUU
確かに、情報(ノウハウ自体)は、「ネット検索」でも知ることが出来ます。

しかし、それだけで有益な情報を探し出し、本質を見抜いて正しく実践できるのは、「要領の良い一部の天才だけ」です。

大半の凡人は、多過ぎる情報の、「どれを信じたら良いのか?」が分かりません。

また、無料で簡単に手に入るネット情報に、「価値」を感じて本気で実践し、継続できる人は、「ごく少数」なのです。

「ダイエット」などでも、

「単純に食事の量を減らして
 運動すれば痩せられる」

なんて、誰でも知ってることです。

YUU
しかし、「9割の人」はそれを行いません。

なぜなら、「お金が掛かっていないから」です。

ライザップなどのパーソナルトレーニングでは、数十万円というお金を払う為、「意地でも痩せる!」という覚悟が生まれるのです。

補足
勿論、「その道のプロ」に正しいノウハウを学べる為、それも成功確率が高くなる理由の1つです。 

「稼ぐ系の情報商材」も同様で、無料で知れる検索のノウハウより、当然情報の質」は高くなります。

正確には、成功に繋がる正しい情報】のみを、初めからまとめてくれている為、「時間や労力を短縮すること」が出来ます。

また、

「お金を払ったからには
 意地でも稼ぐ!」

という「覚悟」が生まれる為、検索で得たノウハウに比べ、真面目に継続して実践しますからね。

結果、お金を払って情報商材を買う方が、「成功確率」が高まるということ。

当然、「その情報商材を販売する人」も、それを知っている為、セールスページに記載します。

そして、見込み客がそれに納得する為(まっとうな理由なので)、「売れる」のです。

詳しくは、以下の記事をご覧下さい。

稼ぐ方法を知ってるのになぜ自分でやらないの?

稼ぐ方法を知ってるのになぜ自分でやらないの?

これは定番の意見ですね。

YUU

まあ、この様な「疑問」を持つのは自然なことです。

初めは僕もそう思っていましたから。

この反論としては「2つ程」あり、それが以下のもの。

  • 自分でも実践しつつ、
    ノウハウを教えている
  • 自社商品を作れば
    安定収入を得られる

では、1つずつ解説しますね。

自分でもアフィリエイトを実践しつつノウハウを教えている

自分でもアフィリエイトを実践しつつノウハウを教えている

まず「1つ目」が、このパターン。

情報商材の販売者の多くは、自分でもアフィリエイトなどを実践しつつ、ノウハウを教えるビジネスを行っているのです。

その理由は簡単で、以下のもの。

「収入源が増える為、
 単純に稼ぎが増えて、
 リスク分散にもなる」

どうでしょうか?

YUU
「至極まっとうな理由」だと思いませんか?

「収入源が1つ」しかなければ、稼ぎにも限度がありますし、それが飛んでしまえば一巻の終わりです。

雇われとは違い、アフィリエイトの様な起業には「保証」がありませんから、自分自身で作らなければいけないのです。

情報商材を販売するアフィリエイターは、「ノウハウを教えるスキル」があるので、当然、自分でやっても稼げます。

よって、大半の人は「自分でも実践して稼いでいる」ということ。

自社商品を作れば安定収入を得られる

自社商品を作れば安定収入を得られる

「アフィリエイト」は、あくまで他人の商材を代わりに販売する、広告代理業です。

YUU
よって当然ですが、「扱う商材が販売停止」になれば、収入源を失います。

アフィリエイトは非常にメリットが多いビジネスですが、これが「唯一のデメリット」です。

しかし、「情報商材」として自社商品を作ることで、このリスクを回避出来ます。

補足
情報商材はアフィリエイト(他人の商材を扱うこと)も出来ますが、ノウハウさえ知っていれば自分で制作することも可能です。 

「自分が管理する商品」なので、販売停止になることはありませんからね。

正しい方法で有益な商材を販売すれば、「安定して売れ続ける」のです。

YUU
それに加え、情報商材はあくまで「商品がデータ」なので、簡単に改良し、リニューアルすることが出来ます。

例えば、扱う商材ジャンルのルール変更(検索エンジンの仕様変更など)があった場合、それに対応しない古い状態で販売すれば、いずれ「クレーム」が来ます。

しかし、情報商材は「改良が簡単」なので、自分一人で修正し、容易にリニューアル出来るのです。

これも、アフィリエイトの実力者が、「情報商材ビジネスを行う理由の1つ」ですね。

まとめると、以下の通り。

情報商材を販売する理由
  1. アフィリエイトを実践し、
    特定のジャンルで稼ぐ
  2. 実践したノウハウを
    「情報商材」として販売する
  3. 単純に稼ぎが増えて、
    リスクも少なくなる

情報商材には詐欺的なものも存在する

情報商材には詐欺的なものも存在する

情報商材自体は、「まっとうなビジネス」ですが、詐欺的な商材は確かに存在します。

YUU
これに引っ掛かれば、購入者は稼げませんし、「高額なお金」を無駄にしてしまいます。

「詐欺的な情報商材を見破る方法」は、以下の記事で解説しているので、ご覧ください。

また、アフィリエイトを学ぶ方法は、情報商材以外にも「コンサル」というものがあります。

詳しくは、以下の記事をご覧下さい。

情報商材を買う理由まとめ

情報商材を買う理由まとめ

ここまで、

「なぜ情報商材を買うの?」

という「疑問」にお答えしました。

しつこい様ですが、情報商材自体は、「まっとうな教材ビジネス」であり、特定のノウハウを身に付けて、叶えたい未来を実現する為に買うのです。

恐らく、「情報商材」という言葉に拒絶反応を起こす人は、

「情報商材=詐欺」

という「フィルター」が掛かり過ぎて、正常に判断できないのでしょう。

YUU
勿論、この業界を知らなければ、「その様な発想」になるのは無理ありません。

そして、気に入らないのであれば買う必要はないですし、その場合は、情報商材というビジネス自体、その人に無関係です。

よって、「無理に理解する必要はない」ということ。

情報商材とは、特定の情報を求める人に、検索だけでは知ることが難しい「正しいノウハウのみ」を、順序良くまとめてくれている商品です。

普通の凡人は、正しいもの、誤ったものの判別ができず、様々な情報に踊らされて、膨大な時間と労力を無駄にします。

YUU
これを、お金を払うことでショートカットできるのが、「情報商材」なのです。

ただし、イメージ通り、「一部詐欺的なもの」があるので、注意は必要です。

以下の記事で、「関連したもの」を詳しく解説しているので、ご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA