アフィリエイトは人の真似をすれば稼げる?その真相を暴露します

アフィリエイトは人の真似をすれば稼げる?その真相を暴露します

「アフィリエイトで稼ぐ為には、
 人の真似をすることが必須!」

「人真似は二番煎じになる為、
 稼ぐことは出来ない!」

この業界では、主に「上記2つの意見」で、真っ二つに分かれています。

YUU
実際、「両者の意見の一部」は的を得ていて、あながち間違ってはいないです。

よって当記事では、

「アフィリエイトは人の真似をすれば
 お金を稼ぐことが出来るのか?」

この「真相」について、詳しく具体的に解説します。

アフィリエイトは人の真似をすれば稼げるのか?

アフィリエイトは人の真似をすれば稼げるのか?

「アフィリエイトで稼ぐ為には、
 人の真似をすることが必須!」

「人真似は二番煎じになる為、
 稼ぐことは出来ない!」

この2つの意見に対する、「僕の経験上の結論」としては、以下の通り。

「参考にする発信者(メンター)の
 本質を読み取った上での真似であれば、
 アフィリエイトで稼ぐことは可能」

つまり、真似で稼げない人の多くは、完全には真似をしきれていない、「上辺だけの猿真似」なのです。

YUU
何事も、初心者が最速で知識やスキルを身に付けて上達する為には、「そのジャンルの先駆者の真似をすること」が必須です。

しかし、上辺だけを真似ている場合、当然の様に、その先駆者が実践している発信とは「別物」になります。

結果、初心者がただ間違った方法で実践しているだけなので、「上達する筈が無い」ということ。

アフィリエイト業界でも、多くの人が稼いでいるトップアフィリエイターの真似をして実践するものの、その「9割以上」が稼げていません。

これも結局、「上辺の発信」しか真似出来ていない為、「ただの猿真似」であり、結果が出る筈が無いのです。

YUU
「その先駆者が行うノウハウ」「発信の本質」を正確に読み取って始めて、同じ土俵で勝負することが出来ます。

猿真似と正しい本質的な真似の違いとは?

猿真似と正しい本質的な真似の違いとは?

「猿真似と本質的な真似の違い」は、以下の通り。

稼げない猿真似
「上辺の発信を、ただ真似るだけ」
本質的な真似
「どんな目的があって
 その発信をしているかを考え、
 正確に読み取った上で真似する」
YUU
前述の通り、稼げないアフィリエイターは、「参考にしている人の上辺の発信のみ」を猿真似します。

例えば、「アフィリエイトで稼ぐ系ジャンル」で有名な、

「不労所得化して自由になる」

というキャッチコピーをテーマにしている某トップアフィリエイター」は、頻繁に真似されがちです。

アフィリエイトは、ブログを使うことで「不労所得化」(完全では無いが)できる為、彼が実践しているのは、「この仕組みの作り方を教える系」の発信です。

因みに、アフィリエイトの不労所得化を教える発信自体は、「超王道ジャンル」であり、別にその人だけの専売特許では無いです。

しかし、

「不労所得化して自由になる」

というテーマは、「その人の専売特許的なもの」があります。

このフレーズは非常にキャッチーなので、多くのアフィリエイターは彼に憧れ、「劣化版の猿真似コピー」をして、やたら、

「アフィリエイトで自由になろう!」
「自由になる方法を教えます!」

と、「馬鹿の一つ覚え」の様に、アホみたいに連呼して発信します。

YUU
しかし、9割以上の人は、「自由になる」という上辺のフレーズを、ただ真似しているだけであり、発信に「説得力」が無いので、誰にも響きません。

逆に、その「トップアフィリエイター」は、予めブログのターゲットを設定して、発信の全てを、そこに「一転集中」しているのです。

トップアフィリエイターが行う発信のストーリー

「アフィリエイトを始める前の
 人並み以下の人生」

「稼げる様になって分かった、
 安定収入を得る仕組みの重要性」

「不労所得化が完成して得られる、
 現在の自分の安定した自由な生活」

これらの要素を、ブログ内の発信にちりばめることで、「発信の説得力」が上がり、

「自分も自由になりたい!」
「その方法を教えて欲しい!」

と、ブログに集まる新規ユーザー」を、その人からノウハウ(情報商材)を学んだり、コンサルを受けたい見込み客に変えてしまうのです。

YUU
真似をするのであれば、「これら全て」を正しく読み取って、徹底的に真似しなければ、稼ぐことは不可能です。

「本質を読み取れる要領の良い人」は、これらを徹底的に真似る為、必然的にアフィリエイトで稼ぐことが出来ます。

よって、同じ真似でも、「上辺」しか真似できなければ、それは「猿真似」となり、「稼げない劣化コピーブログ」になります。

逆に、徹底的」に真似しまくれば、その人と同様に稼げるということです。

真似と言ってもコピペはNG!

真似といってもコピペはNG!

当たり前ですが、真似するにしても、それは「全体の雰囲気を真似る」ということ。

ブログの発信全てをコピペしたり、言い回しを真似するのは「NG」です。

コピペブログや、内容が似ている発信は、検索エンジンから「ペナルティ」を受けて、検索圏外飛ばされます。

補足
仮に、ペナルティを逃れたとしても、「検索エンジンは類似コンテンツを嫌う」ので、上位表示される可能性は低いです。

また、この様な「物真似ブログ」は、高確率で、参考にする発信者のファン経由で、本人に連絡が行ってバレます。

YUU
最悪の場合、「著作権侵害」で訴えられてしまいますから、完全な真似は絶対に辞めて下さい。

まあ、これは「わざわざ言うまでもないこと」ですがね。

あくまで、

「参考にする発信の本質を読み取り、
 大まかな雰囲気や流れを真似する」

ということ。

先程お話しした、「以下の要素」

本質的な真似
「どんな目的があって
 その発信をしているかを考え、
 正確に読み取った上で真似する」

これを読み取り、「アウトプットするコツ」が分かれば、自分オリジナルの発信でも稼げる様になるので、最終的には「真似から卒業すること」が出来ます。

実践するジャンルにもよりますが、アフィリエイトには、「成功できる発信の型」があります。

YUU
専門的に言えば、「テンプレート」というものですね。

ここで言う真似とは、「このテンプレートを知る為に行う行動」です。

徹底的に真似すれば、「要領の良い人」なら、稼ぎに直結するテンプレートが分かります。

結果、「アフィリエイトで稼げる様になる」のです。

真似で稼げない人は有料サービスを購入するべき

真似で稼げない人は有料サービスを購入するべき

はっきり言って、真似で稼ぐことが出来るのは、「要領の良い人だけ」です。

YUU
「学校」でも、勉強が出来る人も居れば、全く出来ない人も居ますよね?

同時期「楽器やスポーツ」を始めても、上達には「差」が生まれます。

何事も、要領や学習力には人それぞれ「個人差」がある為、全員が同じ方法で上達するのは不可能なのです。

この「要領が悪い人」は、自分では真似ているつもりでも、実は中途半端だったり、理解力が足りない等、「自分の力だけでは成功するのは難しい」です。

YUU
因みにこれは、「僕自身」のことですけどね(笑)

その様な人がアフィリエイトで稼ぐ為には、「有料のサービスを受ける必要」があります。

これは、「ノウハウ情報商材」を購入したり、「コンサル」を受けたりするということです。

あなたが「アフィリエイト」を実践している場合、既に自分が実践するジャンルに関連した、誰かしらのブログを見ていると思います。

実践ジャンルが、あなたと同じで、行う発信から実力を読み取れる場合は、「その人が販売している情報商材」を購入したり、「コンサル」を受けましょう。

例えば、あなたが、

「ブログアフィリエイトで稼ぎたい!」
「ブログのアクセスが集まらない!」

という悩みを抱えている場合は、「ブログノウハウをメインに発信している人」から学ぶことが、おすすめです。

僕が実践しているブログノウハウは、「以下の記事」でまとめているので、ご覧ください。

YUU
無理に勧めはしませんが、「要領が悪い人」は、真似のクオリティが低く、理解力も低いので、有料サービスを受けることが必須だと、僕は思います。

まとめ

まとめ

ここまで、

「アフィリエイトは人の真似をすれば
 お金を稼ぐことが出来るのか?」

について、お話ししました。

アフィリエイトは、「真似で稼ぐことが可能なビジネス」です。

ただし、それは参考にする人の「発信の意図」や「戦略」を読み取った上での真似です。

「上辺だけの真似」では、到底稼ぐことは出来ません。

YUU
そんなことで稼げるなら、「世の中のアフィリエイター全員が、今頃お金持ち」ですからね。

結局、「楽して稼ぐことは不可能」ですし、「普通の人と同じことをして成功するのも不可能」です。

当記事で解説した、稼げる人が行う、「以下の真似の要素」

「参考にする人の発信の意図、
 戦略を正確に読み取った上で、
 徹底的に真似する」

これは、「普通の人には出来ないこと」なので、これを誰よりも真面目にやれば、そりゃあ稼げます。

YUU
「アフィリエイターの9割以上」は、出来るだけ楽して簡単に稼ぎたいので、こんな面倒なことはせず、発信の上辺だけ真似て終わり」ですからね。

それは「普通の人が行う行動」なので、こんなことをやっていては、到底稼げる筈が無いです。

また、「要領の良さ悪さ」には個人差があるので、仮にあなたが「後者」の場合、真似に拘っていると、永遠にアフィリエイトで稼ぐことは出来ません。

その場合は、情報商材の購入やコンサルなど、「有料のサービス」を受けましょう。

猿真似での実践と比べると、「高確率で稼ぐことが可能」ですからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA