ブログの書き方!初心者でも出来る滞在時間27分超えの秘訣を大公開

ブログの書き方!アフィリエイトに特化した読まれる9つの秘訣を大公開
「正しいブログの書き方が分からない」
「読まれるブログの書き方を知りたい」

あなたは、こんな悩みを抱えていませんか?

「ブログを書くこと自体」は、初心者であっても、パソコンで文字を打てれば誰にでも出来る、簡単なことです。

しかし、読まれるブログを作りたい場合は、「正しい書き方」を知らなければ絶対に不可能。

まあ、あなたが天才であれば、たとえ初心者であっても、自己流で書いたブログで人の心を鷲掴みにし、読まれるブログを作れるでしょう。

そうでない場合は、やはり「正しいブログの書き方」を知った上で書かなければ、誰にも読まれない羽目になるのです。

YUU
僕自身、自己流で書いていた時は、全く誰にも読まれない散々な結果でしたが、「正しいブログ書き方」を学んだ後は、以下の画像の様に読まれるブログに変貌しましたからね。

この様に、しっかり読まれていることが分かると思います。

これも全て、「正しいブログの書き方」を身に付けたからこその滞在時間です。

補足
ブログ記事が読まれているかどうかは、「アナリティクスの滞在時間」で知ることが出来ます。滞在時間が短ければ、ほぼ読まれていない1分以下は最悪)長ければしっかり読まれていると判断していいです。(最低でも2分以上

また、現時点で最も滞在時間が長いものでは、「27分超え」という記事もあります。

この様に、正しいブログの書き方を学べば、たとえ今日ブログを始めた初心者でも、この様な「圧倒的に読まれる記事」を書けるのです。

当記事で学べること
  • 初心者でも出来る読まれるブログの書き方
  • ストレスなく読めるブログの書き方
  • 離脱されにくいブログの書き方

初心者でも出来る「読まれるブログ」の書き方とは?

読まれるブログを書く為には、「絶対に外せない要素」があります。

因みにこれは、全く難しいものではなく、知りさえすれば「初心者」でも容易に出来ることなので、当記事を読んですぐに実践できます。

ブログの書き方には「テンプレート」があるので、それに沿って書くだけなので初心者でも簡単ですし、即効果が出ます。

YUU
それが、以下の「11個の要素」です。
初心者でも出来る読まれるブログの書き方
  1. 検索意図に沿った内容で書く
  2. 明確な「結論」と「根拠」を示す
  3. 「オリジナリティ」を出す
  4. 皆さんではなく「あなた」と表現する
  5. 専門用語を使う際は必ず「解説」を入れる
  6. 伝わりづらいテーマの際は適切な「たとえ話」を盛り込む
  7. 難しい漢字は出来るだけ使わない
  8. 「画像」や「文字装飾」を使う
  9. ひらがなや漢字が続く際は「句読点」を入れる
  10. 無駄な文章は極力書かない
  11. 最後は必ず「スマホ」で記事をチェックする

では、1つずつ解説しますね。

検索意図に沿った内容を意識する

検索意図に沿った内容を意識する

初心者でも出来る、「読まれるブログの書き方」の1つ目は、

「検索意図に沿った内容で書く」

というもの。

これは、当記事で解説するブログの書き方ノウハウの中で、「最も重要な要素」です。

YUU
当たり前ですが、どれだけ優れたテクニックを使っても、ユーザーの検索意図とズレた内容の記事を書いてしまえば、絶対に読まれませんからね。

これを回避し、長く読まれるブログを書く為には、「ユーザーの検索意図」を正しく知り、「それに沿った内容」を発信しなければいけないのです。

こう聞くと、初心者であれば「難しそう」「自分に出来るかな?」と思うかもしれません。

しかし、これは事前に「狙うキーワードで検索すること」で、簡単に把握できます。

例えば、当記事のキーワードであれば、「ブログの書き方」で検索すれば、1ページ目に上位表示されているタイトルをざっと見る限り、

「初心者向けのブログの書き方」

を求める人が検索することが分かります。

ここで、自分の勝手な判断で「アフィリエイトブログの書き方」や、「稼げるブログの書き方」とテーマを変えたり、逆張りで上級者向けの高度なブログノウハウをテーマにすれば、恐らく上位表示はされないでしょう。

YUU
あなたも、この様な「自分の判断でブログを書いた経験」はありませんか?

あなたのブログが読まれない場合は、「これが最大の原因」だと思って下さい。

ブログを書く前に、事前にそのキーワードで一度検索し、「ユーザーの検索意図」を把握することが必須なのです。

これは、ブログ初心者でも簡単に出来ることなので、記事を書く際は毎回必ず行って下さいね。

読まれるブログを書く為に重要なのは、あなたの自己判断ではなく、「ユーザーの検索意図に沿った内容」だということ。

明確な結論と根拠を示す

明確な結論と根拠を示す

初心者でも出来る、「読まれるブログの書き方」の2つ目は、

「明確な結論と根拠を示す」

というもの。

そもそも検索とは、「自分が抱える悩みの答え」を知りたいから、行うことです。

YUU
あなたも検索する際は、当然これを求めていますよね?

その為、ブログを書く際は、必ず明確な結論とその根拠を示しましょう。

それが無いと、「このブログには自分が求める情報は書かれていない」と判断され、あっさりと【戻るボタン】で離脱されます。

例えば、あなたが「糖質制限ダイエットで痩せるコツ」と調べて、上位表示されている記事を見たとしましょう。

その記事で、いつまで経っても結論や根拠(どうやって痩せるのか?、その根拠は?)が書かれていなければ、ムカついて「戻るボタン」で消して、他のブログに移りますよね?

これを防ぐ為には、「明確な結論」「根拠」が必要なのです。

出来れば、記事の冒頭で1回、あとは各見出しごとに1回ずつ、扱うテーマの明確な結論と根拠を、「その項の文章の初め」に示してから解説すると、読まれるブログになります。

YUU
分かり易く言えば、「以下の構成」ですね。
結論
「痩せる為には「〇〇」(結論)が必須です」
根拠
「その理由は、「〇〇が〇〇」(根拠)だから」
解説
「何故なら~(その解説)だからです」

「記事の冒頭」や「各見出し」で、この構成通りに書くと、高確率でユーザーが発信に興味を持ってくれるので、滞在時間の長い【読まれるブログ】になります。

これも、知りさえすれば「初心者」でも容易に出来ることなので、即実践しましょう。

オリジナリティを出す

オリジナリティを出す

初心者でも出来る、「読まれるブログの書き方」の3つ目は、

「オリジナリティを出す」

というもの。

初心者や読まれないブログを書く人は、99%「他のブログのパクリ」です。

まあ丸パクリは無いにしても、既にその内容を書いている人が居る場合、後発のあなたが真似して同じ内容を書いても、読まれることはありません。

後発組のあなたが、読まれるブログを書く際に重要な要素は、「オリジナリティ」です。

YUU
こう聞くと、初心者であれば「自分にそんなスキルは無い」と思うでしょうが、別に高度なスキルや実績だけがオリジナリティではありません。

初心者でも出来る簡単なオリジナル発信は、「自分の体験談」です。

ダイエットで言えば、自分が実践して成功した話は勿論、失敗した話でも完全オリジナルになります。

例えば、糖質制限ダイエットで言えば、

「自分が実践して痩せなかった話」
「健康に悪影響が出る間違ったやり方」
「食欲が我慢できない時の解決法」

これらに関しては、華々しい成功を経験していなくても、実践者にしか分からない体験談によって、あなたよりも知識の無い「超初心者」には有益な情報です。

結果、他人には絶対に書けない「オリジナル記事」が完成し、読まれる様になるのです。

YUU
「オリジナリティ=成功体験」というイメージが強いですが、実践した人にしか分からない情報失敗談も、十分有益でオリジナルの発信になることを知って下さい。

これも、あなたが「初心者」であっても簡単に出来ることですよね。

皆さんではなく「あなた」と表現する

皆さんではなく「あなた」と表現する

初心者でも出来る、「読まれるブログの書き方」の4つ目は、

「皆さんではなく、
 「あなた」と表現する」

というもの。

読まれないブログを書く人は、「皆さん」という表現を使う傾向があります。

まあ、自分にブランドがある芸能人インフルエンサーの場合は、これでも読んで貰えるでしょう。

しかし、アフィリエイト目的など、「自分を出さない手法」や「無名の一般人」がブログを書く際は、一人の見込み客(ユーザー)に向けて【あなた】と表現しなければ、中々振り向いては貰えません。

例えば、以下の2つでは「伝わり方」が全く違うのです。

「皆さんはブログの書き方で
 悩んでいませんか?」

「あなたはブログの書き方で
 悩んでいませんか?」

YUU
因みに「当記事の冒頭」でも、以下の様に書いています。

「正しいブログの書き方が分からない」
「読まれるブログの書き方を知りたい」

あなたは、こんな悩みを抱えていませんか?

「冒頭」という一番初めに目にする場所で、この様に伝えることで、訪れるユーザーに価値を感じ易くさせることが出来ます。

また、この1文だけではなく、ブログ記事全体で「あなた」と表現することで、あなたの発信がより読み手に刺さり易くなるのです。

これも、初心者でも簡単に出来ることなので、今すぐ実践しましょう。

専門用語を使う際は必ず「解説」を入れる

専門用語を使う際は必ず「解説」を入れる

初心者でも出来る、「読まれるブログの書き方」の5つ目は、

「専門用語を使う際は、
 必ず「解説」を入れる」

というもの。

読まれないブログを書く人の多くは、専門用語を「解説なし」で当たり前に使います。

YUU
これは、「それ位知ってるでしょ!」という考えからの発信だと思います。

まあ「そのテーマ」「キーワード」的に、既にそれを知っている人しか集まらないのであれば、解説なしの専門用語のみでも良いでしょう。

しかし、あなたのブログに訪れるユーザーが「そのジャンルの初心者」などであれば、必ず専門用語を使う際は【解説】を入れることが必須です。

例えば、ブログの書き方を解説する際、「SEO」という表現を使う場合もあります。

当記事の場合は、初心者が多く検索するキーワードであることが、検索結果を見れば明らかなので、仮に使う際は「SEO」を解説なしで使っても、まず理解はされません。

その為、どうしてもその言葉を使いたい場合は、「補足」などで以下の様に解説することが必須です。

補足の例
「SEO」とは、検索で上位表示させる為の対策のことです。

これを行わず、専門用語を連発する記事は、不快感を感じさせる可能性が高く、戻るボタンで離脱され易いので、「読まれないブログ」になってしまいます。

YUU
よって、それくらい知ってて当然という意識は捨てて、「まっさらな初心者が見ること」を前提に書くべきですね。

伝わりづらいテーマの際は適切な「たとえ話」を盛り込む

伝わりづらいテーマの際は適切な「たとえ話」を盛り込む

初心者でも出来る、「読まれるブログの書き方」の6つ目は、

「伝わりづらいテーマの際は、
 適切な「たとえ話」を盛り込む」

というもの。

文章で発信する以上、どうしても読者に伝わりづらい内容もある為、その際は「たとえ話」を使い、理解して貰うテクニックが必要です。

YUU
「文章」でこちらの意図を正確に伝えるのは、中々難しいですからね。

例えば、ブログビジネスの一種で、見込み客を「ファン化」させるテクニックがあります。

まっさらな初心者であれば、「何それ?」となると思うので、ここで以下の様なたとえ話を入れます。

見込み客のファン化って何?
  1. iPhoneやドラクエの新作の発売日に徹夜で並ぶ状態のこと
  2. 好きなアーティストのグッズは全て買うレベルの状態
  3. バカ高いディズニーランド内の商品も平気で買う状態

この様な解説を入れることで、「なるほど!」と思って貰えるのです。

他にも、「以下」の様に伝える方法もあります。

  • 「ブロガー」の記事更新を楽しみにするファン
  • 「YouTuber」の動画更新を楽しみにするファン
YUU
別世界の芸能人や大企業より、この様な「個人」に焦点を当てることで、このテーマではより理解され易くなるでしょうね。

これも、初心者でも簡単に出来る「読まれるブログの書き方」なので、実践してみて下さい。

難しい漢字は出来るだけ使わない

難しい漢字は出来るだけ使わない

初心者でも出来る、「読まれるブログの書き方」の7つ目は、

「難しい漢字は出来るだけ使わない」

というもの。

先程の項でも言いましたが、ブログ記事を書く際は、「知ってて当然」という考えは厳禁です。

まあ、流石に小学生レベルの漢字はそのまま使ってもいいですが、難しい漢字や一般的にはひらがなで使われる漢字は、極力「ひらがな」で書きましょう。

YUU
例えば、「綴る(つづる)」などですね。

「書き綴る」と書いても、読める人は多いですが、これは日常生活で頻繁に使われる漢字ではないので、読めない人も一定数居ます。

その為、ブログ内でこのフレーズを使いたい場合は、「書きつづる」と書いた方がいいです。

またブログ記事というのは、文字の集合体なので、「漢字」が連続すると読み疲れます。

その為、文章で漢字が密集する場合、あえて間に「ひらがな」で変換してメリハリを付けることも、読まれるブログを書くテクニックの1つです。

「画像」や「文字装飾」を使う

「画像」や「文字装飾」を使う

初心者でも出来る、「読まれるブログの書き方」の8つ目は、

「【画像」や【文字装飾】を使う」

というもの。

ブログ記事は「小さい文字の集合体」なので、文字ばかりだとユーザーは読み疲れます。

その為、「画像」を使ったり「文字装飾」を行うことで、読み手のストレスを軽減できるのです。

やり方は個人差がありますが、基本としては「各見出しごと」に、最低でも1個は画像を挿入しましょう。

YUU
画像素材でおすすめなのは、「Pixabay」ですね。

また、内容に合った画像を毎回探すのは大変なので、僕の場合pixabayはあくまで「サムネイル用」にしています。

各見出しの画像は、「バナー工房」という画加工編集サイトで、見出しの文字入れの画像を作って使用しています。

YUU
他にも、ここまで読めばわかる通り、「画像入り吹き出しアイコン」も使っています。←コレのことです。

このアイコンはWorpressのプラグイン」や、テンプレート」で設定できるので、文字ばかりの文章を読み易くする為の方法として非常に使えます。

他にも、自分の名前(ハンドルネーム)を、覚えて貰い易くする方法としても使えますね。

そして、これは僕独自のやり方ですが、「文字装飾」にも拘りがあります。

多くの人が行う普通の文字装飾は、赤と黄色の2色」で、特に重要な所にのみ使うのが一般的です。

誰が決めたのかは知りませんが、それ以上多く使うのは良くないと、一般的には言われていますね。

YUU
しかし僕の場合は、他の箇所でも同じ色の「黒文字」が続くのが、凄く読みづらいと感じるんですよね。

その為、見れば分かる様に、「特殊な文字装飾」を行っています。

よく、「文字装飾のやり過ぎはNG」と言われますが、僕はこの方法を実践してから、飛躍的に滞在時間が伸びました。

それが、冒頭で紹介した「以下の画像」ですね。

一般的には、否定されがちな僕の文字装飾法ですが、この様にしっかり読まれていますね。

これは、決して万人受けするやり方ではありませんが、「人によっては超読み易い記事」となっています。

YUU
つまり、この構成が嫌いな人は大して読んでくれませんが、気に入った人は凄まじく長く読んでくれるので、結果的に「全体の滞在時間」が長くなるのです。

ひらがなや漢字が続く際は「句読点」を入れる

ひらがなや漢字が続く際は「句読点」を入れる

初心者でも出来る、「読まれるブログの書き方」の9つ目は、

「ひらがなや漢字が続く際は
 間に「句読点」を入れる」

というもの。

前述の通り、ブログ記事は小さい文字の集合体なので、工夫して「メリハリ」を付けて、ユーザーのストレスを減らさなければいけません。

その方法の1つとして、「句読点を使う」というものがあります。

句読点の本来の使い方とは違うかもしれませんが、句読点が誕生して長い年月が経った後に出来た、「ブログ」という特殊なコンテンツでは、それに合った使い方をするべきです。

YUU
主な使い方は、以下の「3通り」ですね。
3通りの句読点の使い方

まあ流石に小学生レベルの漢字はそのまま使ってもいいですが難しい漢字や一般的にはひらがなで使われる漢字は極力「ひらがな」で書きましょう。

その為漢字が密集する場合間に「ひらがな」で変換してメリハリを付けることも、読まれるブログを書く最大のテクニックです。

まああなたが天才であればたとえ初心者であっても、自己流で書いたブログでも人の心を鷲掴みにし、読まれるブログを作れるでしょう。

の場合は、普通に「声」に出して話す(公式の場などで)際の、呼吸に合った句読点です。

読み手も、大抵は「この様な呼吸」で読む為、ストレスは減り内容も頭に入り易いです。

の場合は、「漢字」が連続する為、あえて間に句読点を入れて読み易くしています。

の場合は、「ひらがな」が連続する為、同じく句読点を入れて読み易くしています。

YUU
それでは、「句読点を挟まない場合」と、「挟んだ場合」を比べてみましょう。
句読点を挟まない場合(最低限は入れます)

まあ流石に小学生レベルの漢字はそのまま使ってもいいですが、難しい漢字や一般的にはひらがなで使われる漢字は極力「ひらがな」で書きましょう。

その為漢字が密集する場合間に「ひらがな」で変換して、メリハリを付けることも読まれるブログを書く最大のテクニックです。

まああなたが天才であればたとえ初心者であっても、自己流で書いたブログでも人の心を鷲掴みにし読まれるブログを作れるでしょう。

句読点を挟んだ場合(解説した箇所に)

まあ、流石に小学生レベルの漢字はそのまま使ってもいいですが、難しい漢字や一般的にはひらがなで使われる漢字は、極力「ひらがな」で書きましょう。

その為、漢字が密集する場合、間に「ひらがな」で変換してメリハリを付けることも、読まれるブログを書く最大のテクニックです。

まあ、あなたが天才であれば、たとえ初心者であっても、自己流で書いたブログでも人の心を鷲掴みにし、読まれるブログを作れるでしょう。

YUU
「読み易さ」が全く違いますよね。

これも、慣れれば初心者でも簡単に出来る書き方なので、即実践しましょう。

無駄な文章は極力書かない

無駄な文章は極力書かない

初心者でも出来る、「読まれるブログの書き方」の10個目は、

「無駄な文章は極力書かない」

というもの。

ブログを書く人全員に言いたいのは、「ユーザーはあなたのブログをちゃんと読まない」ということ。

YUU
あなたも、検索する際を思い出せば分かると思いますが、アクセスした記事を「一字一句」漏らさず、「隅々」まで読むことなんて、まずしませんよね?

お金を払って買った商品ならともかく、検索は無料で出来るので、適当に読み流して少しでも気に入らなければ、即「戻るボタン」で離脱するでしょう。

その為、離脱の可能性を少しでも減らす為に、無駄な文章を極力削って、「必要な情報だけを届けること」を意識して下さい。

まあ、無駄な文章の判断は自分自身では難しい所ですが、記事投稿前の最終チェックの際に、「話が脱線している個所」を見つけたら、削除するのがいいと思います。

よく、文字数を増やす為に、無理矢理話を広げて出来るだけ長く人が居ますが、ほぼ読み飛ばされますし、最悪「離脱」されるので無意味です。

検索するユーザーに対し、「キーワードに沿った必要な情報」だけ届けることを意識しましょう。

最後は必ず「スマホ」で記事をチェックする

最後は必ず「スマホ」で記事をチェックする

初心者でも出来る、「読まれるブログの書き方」の11個目は、

「最後は必ず「スマホ」で
 書いた記事をチェックする」

というもの。

ブログはパソコンで書くことが多い為、どうしても「パソコン視点のデザイン」になります。

しかし近年は、圧倒的に「スマホ」で見られることが多い為、スマホ目線でのデザインを重視することが重要です。

YUU
その為、ブログ記事を書いて必要な文字装飾などを終えたら、最後は必ず「スマホ」でチェックした方が良いですね。

パソコン視点で画像などを駆使して見やすく構成しても、スマホで見ると画面が小さい為、それでも「文字で画面が埋まる時間」が長くなります。

その結果、ユーザーは読み疲れて、あなたのブログから離脱する可能性が高まります。

よってその場合は、「スマホ視点」で、更に読み易く改善する工夫が必須です。

これも、慣れれば「初心者」でも簡単に出来るので、即実践しましょう。

初心者向けのブログの書き方まとめ

初心者向けのブログの書き方まとめ

ここまで、

「正しいブログの書き方が分からない」
「読まれるブログの書き方を知りたい」

この様な悩みにお答えしました。

僕自身、ブログ初心者の頃は全く読まれず、滞在時間は「0」に等しいものでした。

しかし、試行錯誤したり正しいブログの書き方を学ぶことで、以下の様な「滞在時間の長い、読まれるブログ」に変えることが出来たのです。

YUU
因みに僕は文章のプロではなく、何なら「苦手」な方です。

そんな僕が、この様な読まれるブログを書ける様になったのは、【正しいブログの書き方】を身に付けたからです。

これは「やり方」さえ知れば、今日ブログを始めた初心者でも即実践できることなので、是非あなたのブログに活用して下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA