ブログの書き方!アフィリエイトに特化した読まれる9つの秘訣を大公開

ブログの書き方!アフィリエイトに特化した読まれる9つの秘訣を大公開

「ブログを上手く書けない!」
「文章を書くのが苦手!」
「アクセスがあるのに稼げない!」

YUU
これは、アフィリエイトブログを書く、多くの人が悩むことですね。

今回の記事では、この様な悩みを抱えたあなたに、アフィリエイトに特化したブログの書き方」をお話しします。

当記事で学べること
  • アクセスの集まるブログの書き方
  • ストレスなく読めるブログの書き方
  • 見込み客に深く響くブログの書き方

アフィリエイトに特化したブログの書き方とは?

アフィリエイトに特化したブログの書き方とは?

僕が推奨する、読まれるアフィリエイトブログを書く秘訣は、以下の9つです。

  1. 明確に決めた
    ターゲットに向けてブログを書く

  2. ブログ内にキーワードを
    正しく盛り込む

  3. 検索意図に沿った
    ブレのない発信を行う

  4. 検索意図に沿った明確な結論を示す
  5. ブログ記事ではオリジナリティを出す
  6. 適度な画像の挿入や文字装飾を行う
  7. 解説や、たとえ話を使って、
    分かりやすく表現する
  8. 適度にひらがなを使って漢字を減らす
  9. 漢字やひらがなが続く時は、
    適度に句読点を挟む

明確に決めたターゲットに向けてブログを書く!

日記ブログと違って、アフィリエイトブログを実践する際は、「お金を稼ぐこと」が目的です。

その場合は、広告をクリックして貰ったり、特定の商品を成約させる必要があります。

YUU
しかし、何も考えずにただ文章を書いても、それは誰にも響きません。

必ず「明確なターゲット」を設定して、その人に向けて書かなければいけないのです。

やりがちが間違いで代表的なのは、以下のもの。

間違った例
  • ブログのターゲット
    アフィリエイトで稼ぎたい人

一見問題なく見えるかもしれませんが、これではその記事は読まれず、まともなアクセスは集まりません。

何故なら、一口に「アフィリエイトで稼ぎたい人」といっても、以下の様に、実践ジャンルと目的は様々だからです。

それぞれ違う実践ジャンルと稼ぐ目的
  • ブログアフィリエイトで稼ぎたい
  • SNSアフィリエイトで稼ぎたい
  • 即効性のあるアドセンスで稼ぎたい
  • 大きく稼げる商品販売をやりたい
  • 時間が掛かっても不労所得化したい

果たして、この様々なジャンル、目的を持ったユーザーに、「アフィリエイトで稼ぎたい人」という、ふわっとした発信が響くでしょうか?

YUU
まず、響きませんね。

よって、ターゲットは「1人の人間」をイメージ出来る位まで、絞りましょう。

ターゲット設定の例としては以下のもの。

正しい例

「バンドで売れる!」という夢を持って上京し、バイトをしながら活動するものの、全く芽が出ず、気付けば30歳を超えていた。

しかし、「安月給で永遠にこき使われる就職は絶対に嫌だ!」

こう思い、ネットで起業系の情報を探していると、「アフィリエイト」というビジネスを知った。

どうやらこのアフィリエイトでは、正しく実践すれば月収数百万円単位で稼げて、仕組みを作れば不労所得化も出来るそうだ。

「これなら人生を逆転して、好きなことに没頭し続けられる!」

こう思いアフィリエイトを始めた。

ここまで明確に絞り込むことで、「ターゲットに深く刺さる発信」になるのです。

YUU
因みに、これは以前の僕のことなんですけどね。

上記の様な状況の中、僕の心に深く刺さるドンピシャの発信」によって、アフィリエイトの可能性に魅了されたのが、始めたきっかけです。

よって、ブログ記事を書く前に、必ず「明確なターゲット」を設定しましょう。

これを正しく行えば、アフィリエイトを行って関連商品を紹介した際の成約率が高まります。

この様に、「ブログ構築時点の初期戦略」で、今後稼げるかどうかが決まるのです。

YUU
その為、必ずターゲット設定を行い、明確な刺さる発信で価値提供を行いましょう。

ブログ内にはキーワードを正しく盛り込む!

ブログにおける集客のメインは、「検索経由のアクセス」です。

そして、検索エンジンでは、「ユーザーが打ち込んだキーワード」が検索に引っかかり、自分のブログに訪れてくれる仕組みです。

YUU
よって、記事内には必ず「見込み客が検索で打ち込むキーワード」を盛り込んで下さい。

キーワードを盛り込むべき箇所は、以下の通りです。

記事タイトル・見出し・本文

例えば、このブログの場合は、

「アフィリエイト ブログ 書き方」

というキーワードを使って書いてます。

これは、あなたが「上記の全て」、もしくは「一部のキーワードを打ち込んで、アフィリエイトブログの書き方を調べたいであろうこと」を予測して、この記事を書いているのです。

また、記事内の見出しや本文中」にも、これらを盛り込んでいます。

YUU
このキーワードが多く入っていればいる程、検索に引っかかる可能性が高まるのです。
注意
これは、あくまで有益な発信を行っている前提です。

価値の無い記事であれば、どれだけキーワードを詰め込んでも効果はありません。

ただし、キーワードを意識する余り、無理矢理詰め込んで不自然な文章になってしまうと、「スパム行為」と、検索エンジンからペナルティを受けてしまいます。

YUU
この場合、最悪もう二度と、そのドメインでは上位表示は狙えない可能性があります。

よって、「あくまで自然に」キーワードを盛り込んで下さい。

検索意図に沿ったブレのない発信を行う!

そもそも「検索エンジン」とは見込み客が知りたい情報を発信するビジネスです。

よって、仮に沢山キーワードを盛り込んで検索に引っかかったとしても、発信が見込み客が求めるものでは無かった場合、即「戻るボタン」で消されます。

あなたも検索する際は、そうですよね?

YUU
僕なら、クリックした記事が求める情報でなければ直ぐに消しますし、逆にドンピシャの情報なら、記事の最後まで時間を掛けて読みます。

検索エンジンでは、記事内におけるユーザーの滞在時間で、「それがユーザーにとって有益か否か」を判断しています。

つまり、上位表示の可能性を上げる為には、「ユーザーの滞在時間が長くなるドンピシャの情報」を書く必要があるのです。

よって、このドンピシャの情報を書くコツは、以下のもの。

一度そのキーワードで検索してみる

これを行えば、「そのキーワードでは何を求められているのか?」が明確に分かります。

あとは、「自分独自の意見を交えた有益な情報」で、それに答えましょう。

YUU
仮に、その情報を知らなければ、同様に「検索」して調べれば良いだけです。

僕自身も、今ではこの様な記事を書いていますが、当然、アフィリエイトの知識が初めからあった訳ではありません。

元々は完全な初心者ですから、「自分で調べて最低限の知識を身に付けた」のです。

その為、「知らないことは自分で調べる」、もしくは「お金」を払って誰かしらに教えて貰うことが重要です。

検索意図に沿った明確な結論を示す!

検索ユーザーは、「自分が抱える悩みの答え」を求めて検索を行います。

検索結果から記事をクリックして、その内容が答えとなる結論がない発信」だった場合、ユーザーは不満に感じて、「戻るボタン」で離脱します。

その様なブログの書き方では、上位表示は不可能です。

YUU
よって、必ず「明確な検索意図に沿った結論」を示して下さい。

例えば、この記事では「アフィリエイトブログの書き方」について解説しています。

主な記事構成としては、以下の様になっています。

おすすめのブログの書き方
  • ブログタイトル
    —————————-
    簡潔な記事構成の解説
    —————————-
  • 見出し
    —————————-
    その見出しの解説と結論
    —————————-
  • 見出し
    —————————-
    その見出しの解説と結論
    —————————-
  • まとめ
    —————————-
    全体のまとめ的な結論
この様に、「見出し」を使って1つ1つ具体的に解説し、その項ごとに必ず「結論」を示しています。
 
結果、読者に1つ1つ納得して読み進めて貰えるのです。
 
その為、ブログ記事では、毎回、必ず「明確な結論」を示しましょう。

ブログ記事ではオリジナリティを出そう!

検索エンジンでは「情報の多様性」を求めています。

その為、「人と違った視点での発信」が重要であり、「ライバルブログと同じ内容の発信」は評価されないということ。

YUU
つまり、コピーコンテンツは当然として、誰かの猿真似ブログでは、上位表示はされないのです。

これは、アフィリエイトブログに限った話ではなく、「実生活」でも同様です。

例えばあなたが、「悩み」を抱えていて、これから人に相談するとします。

その場合、以下のどちらを選びますか?

  • 1人だけに聞いて結論を出す
  • 数人に聞いてから結論を出す

恐らく「後者」ですよね。

これと同様で、1人の意見というのは「個人の考え」です。

YUU
より正確に判断するには、「出来るだけ多くの人」に聞いた方が良いに決まっていますからね。

よって、検索エンジンでも同様に、「誰かと同じ発信をするコンテンツ」より、「オリジナリティがあるコンテンツ」の方が、上位表示されやすいのです。

因みに、発信にオリジナリティを出すコツは、以下のもの。

自分の体験を交えて話す

何事も、「実体験」以上のオリジナルコンテンツは存在しません。

YUU
効果が出た話や失敗など、自分が体験したことをコンテンツにすればいいのです。

適度に画像や文字装飾を挟む!

文字ばかりで埋め尽くされるブログ記事は、非常に読みにくいです。

「小説」であれば、初めからその様なものとして割り切って読むでしょうが、検索エンジンの世界」では、それは通用しません。

YUU
何故なら、綺麗で見やすい文章を書くライバルが無数に存在するからです。

仮に、両者のコンテンツが同じだとして、以下の2つ、どちらのブログを読みますか?

  • 画像や文字装飾が豊富で綺麗なブログ
  • 画像が少なく、ほぼ黒一色のブログ

当然、前者ですよね。

基本的に見込み客はわがままなので、記事をクリックして、初見で読みづらそうだと感じれば、「戻るボタン」で消します。

そして、読みやすい文章を書く他のブログに移動するでしょう。

YUU
この様に、ストレスを与える文章というのは、見込み客を逃がしてしまうのです。

それを避ける為には、適度に「画像」を挟んだり、「文字装飾」を行って下さい。

適度な解説やたとえ話などを使って分かりやすく表現する!

アフィリエイトブログを書く鉄則として、「誰にでも分かる様に」文章を書く必要があります。

YUU
よって、難しい表現や専門用語を使う場合は、「解説」を挟んだり、たとえ話を使って分かりやすくイメージさせることが必須です。

「小説」であれば、購入する側も、文章が難しいことは分かった上で購入します。

しかし、アフィリエイトブログは、「無名の一般人」が行うビジネスです。

よって、その「前提」で見込み客に発信を読んで貰い、信頼を得て商品などを成約させ、お金を稼ぐ必要があるのです。

YUU
有名人ならともかく、読みづらい一般人のブログなんて、誰も読みませんからね。

その為、「読む側にストレスを与える文章」はNGなのです。

例えば、初心者向けの記事で、いきなり、

「SEO対策が・・・」
「インデックスされると・・・」

「専門用語」を使って解説もないまま話が進めば、読者を置いてきぼりにします。

因みに、これが「SEO対策 コツ」などのキーワードで書く記事なら話は別ですよ?

YUU
その場合、ユーザーは初めから「SEO」を理解している上で検索していますからね。

しかし、

「アフィリエイト 稼ぐ コツ」
「アフィリエイト ブログ 書き方」

などで検索するユーザーは、そもそも「SEO」や「インデックス」を知らない可能性があります。

よって、「これらの言葉」を使う際は、以下の様にしましょう。

YUU
「SEO対策」とは、検索エンジンで上位表示させる為の対策で・・・。

「インデックス」とは、作成した記事が検索結果に登録、反映されることで・・・。

たとえ話の表現例は、以下の通り。

アフィリエイトブログの不労所得化を解説する場合

アフィリエイトブログでは、書いた記事を検索で上位表示させること、集客の自動化が可能です。

そして、見込み客の検索キーワードに関連した、有益な商品を紹介する記事を作成します。

その後、集まるアクセスを、その記事に誘導する仕組みを作れば、集客から販売までの流れを自動化し、不労所得を得られるのです。

これは、「常に膨大な人が集まる駅前」に、コンビニなど、需要のある店舗を構えるのと同様です。

この際、集客を行う必要はない為、自動で見込み客がコンビニに訪れて、商品を購入していってくれるということ。

その際は従業員が対応する訳ですが、経営者からすれば、十分不労所得ですからね。

因みに、僕が以前働いていたコンビニでは、年に数回以上、頻繁にオーナーが「旅行」に行って、自由気ままに暮らしていました。(笑)

こう表現することで、「アフィリエイトブログにおける不労所得化の実態」がイメージしやすくなる筈です。

よって、

  • 難しい表現を使う場合は、
    たとえ話で分かりやすく解説する

  • 専門用語を使う場合は、解説を加える

これらを必ず意識してブログを書いて下さい。

適度にひらがなを使って漢字を減らす!

「漢字が多い文章」というのは、非常に読みにくいものです。

YUU
よって、適度に「ひらがな」を交えて読みやすくしましょう。

ただし、何でも「ひらがな」にすればいい訳ではなく、使い方を誤れば文章が稚拙になりますし、逆に読みにくいです。

僕がおすすめする、「ひらがな」に変えた方がいい漢字は以下のもの。

ひらがなを使った方が良い文字
  • 「である事」を「であること」
  • 「読み易く」を「読みやすく」
  • 「たとえ話等」を「たとえ話など」

この様にすることで、「漢字の密集」を避けて、読む側のストレスを減らせるのです。

漢字やひらがなが続く時は適度に句読点を挟む

漢字や、ひらがなが連続する時は、適度に「句読点」を挟みましょう。

「句読点を挟まない場合」「挟んだ場合」の例は、以下のもの。

句読点を挟まない場合
  • 漢字やひらがなが連続する時は・・・
  • その後集まるアクセスを、その記事に・・・
句読点を挟んだ場合
  • 漢字や、ひらがなが連続する時は・・・
  • その後、集まるアクセスを、その記事に・・・

やりすぎるのはNGですが、「適度」に句読点を挟むことで、文章は読みやすくなります。

アフィリエイトブログの書き方まとめ

ここまで、「アフィリエイトに特化したブログの書き方」をお話ししました。

それが、以下のもの。

全体のまとめ
  1. 明確に決めた
    ターゲットに向けてブログを書く

  2. ブログ内にキーワードを
    正しく盛り込む

  3. 検索意図に沿った
    ブレのない発信を行う

  4. 検索意図に沿った明確な結論を示す
  5. ブログ記事ではオリジナリティを出す
  6. 適度な画像の挿入や文字装飾を行う
  7. 解説や、たとえ話を使って、
    分かりやすく表現する
  8. 適度にひらがなを使って漢字を減らす
  9. 漢字やひらがなが続く時は、
    適度に句読点を挟む

これらは、「読みやすいブログ」を書き、「成約に繋がる見込み客」を集める為には、絶対に外せない要素です。

YUU
適当にブログを書いてアクセスが集まり、お金を稼げるのは、知名度のある有名人だけですからね。

ただの一般人がこれを行う為には、必ず上記の要素」を盛り込むことが必須。

この記事が、あなたのブログ運営の参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA