アフィリエイトで稼げないのは何故?その8つの理由を暴露します

アフィリエイトで稼げないのは何故?その8つの理由を暴露します

YUUです。

アフィリエイト自体は、普通に稼げるビジネスです。

実際、アフィリエイトを初めて数か月で「月収100万円」を稼ぐ人も、ゴロゴロ居ますから。

逆に、半年経っても1年経っても全く稼げない人も、無数に存在します。

その為、「この両者の違いは何なのか?」という疑問が浮かぶでしょう。

結論から言えば、アフィリエイトで稼げない人には、「稼げないなりの理由」があるのです。

それは大抵、「幾つかの共通点」がある為、これを改善することで稼げる様になるということ。

YUU
「アフィリエイト」は、正しく実践すれば普通に稼げるビジネスですからね。

よって当記事では、

「アフィリエイトで稼げない理由」

について解説します。

アフィリエイトで稼げない8つの理由

アフィリエイトで稼げない8つの理由

前述の通り、アフィリエイト自体は「正しく」実践さえすれば、問題なく稼げるビジネスです。

YUU
その為、アフィリエイトで稼げない人というのは、100%「間違った方法」で実践していることが、その稼げない理由となります。

このアフィリエイトで稼げない理由は、主に「8つ」あり、それが以下の通り。

アフィリエイトで稼げない理由
  1. 稼げない(需要が無い)ジャンルを実践しているから
  2. 競合に勝てないから
  3. 企業サイトが年々増加しているから
  4. アクセスが無いから
  5. 記事数が足りないから
  6. 広告クリック率が低いから
  7. セールスばかりで価値提供が出来ていないから
  8. 継続が出来ないから

では、1つずつ解説しますね。

稼げない(需要が無い)ジャンルを実践しているから

稼げない(需要が無い)ジャンルを実践しているから

1つ目の理由は、「稼げないジャンル」(需要が無い)を実践していること。

アフィリエイトには、明確に「稼げるジャンル」「稼げないジャンル」が存在します。

YUU
音楽でも、ジャズフュージョンは需要が少なく稼げないですが、「Jpop」であれば需要が大きく、上位数%に入れば大きく稼げますよね。

これは、アフィリエイトに限らず、「どのビジネスでも共通する要素」です。

よって、アフィリエイトで稼げない人の多くは、この「稼げないジャンル」を実践していることが原因である場合が多いです。

稼げないジャンルはいわば「需要が少ないジャンル」なので、当然扱える広告数アクセスも少ない為、そりゃあ稼げないのも当然だということ。

「アフィリエイトで稼げないジャンル」の要素は、主に以下のものですね。

  1. 単価が低い広告やそのサービス
  2. リアル店舗で即購入できるジャンル

1つ目は、「アフィリエイト報酬」が低い広告、またはそのサービスです。

それこそ、1商品成約につき「100円程度」の広告を扱っていては、単価低い為に中々稼げないです。

YUU
サービス的に言うと、「Amazon」「楽天」のアフィリエイトサービスは、超絶報酬単価が低いので、稼ぎにくい手法の代表格ですね。

とは言え、全く稼げない訳ではなく「大きくは稼げない」という意味なので、月数千円~1万円程度なら普通に稼げる手法ではあります。

2つ目は、「リアル店舗で変える商品」は、アフィリエイトでは売れにくいと言うもの。

その辺の「薬局」や「コンビニ」で買える商品は、わざわざ送料を掛けてまでネットで買う人は少ないです。

たとえ「その商品のキーワード」で記事を書いても、アクセスは集まるかもしれませんがそれはあくまで、

「只の情報収集」

のみで終わる為、成約には繋がりにくいのです。

YUU
よって、上記の要素で当てはまるジャンルは、ほぼ「稼げない」ので避けた方が良いですね。

ただし、明らかに稼げるジャンルを実践しているのに稼げない場合は、「他の原因」が考えられます。

競合に勝てないから

競合に勝てないから

2つ目の理由は、「競合に勝てないから」というもの。

稼げるジャンルを実践したとしても、当然稼げるジャンルには、確実に「膨大なライバル」(競合)が存在します。

その為、たとえジャンル選定は正しくても、「競合に勝てない」というのが、稼げない理由の1つになります。

例えば、ブログサイトでアクセスを集める際は、同じキーワードを狙う競合に勝って「検索上位」を取らなければ、アクセスは来ません。

つまり、この「競合」に勝てなければ、ブログサイトアフィリエイトでは稼げないということです。

YUU
因みにアフィリエイトの手法の1つで、「競合を避けて勝負する」というものがありますが、これは半分【正解】で半分【間違い】です。

確かに、現時点での自分では絶対に勝てない市場で勝負しても負ける為、「競合が弱い場所」を狙うのは正しい選択です。

しかし前述の通り、競合が弱い所は「稼げない市場」である場合が多いので、競合を避けるのも程々にしないと、当然稼げないです。

検索キーワード的に言うと、まともに稼ぐ為には「2語キーワード」で戦うべきです。

逆に、

「ダイエット 〇〇 〇〇」

などという「3語キーワード」は、確かに競合は少ないですが、アクセスもほぼ来ないので稼げないです。

YUU
「2語キーワード」は競合が強いですが、アクセスはかなり来る上に、正しく実践すれば十分戦えるレベルなので逃げてはいけません。

よって、アフィリエイトで稼ぐ為には、ある程度は「競合と戦う必要がある」ということ。

企業サイトが年々増加しているから

企業サイトが年々増加しているから

3つ目の理由は、「企業サイト」が年々増加しているから。

近年は、「ネット広告」の規模がTVCMを超えたこともあり、アフィリエイトの市場は凄まじく拡大しています。

その為、一昔前まではアフィリエイトは「個人のブログサイト」が目立っていましたが、今は稼げることに気付いた【企業】が続々と参入し始めました。

結果、今はメジャーなキーワードで検索すると、大抵は「企業サイト」が検索上位を独占している状態です。

YUU
因みに、検索エンジンの一部キーワードでは、情報の信頼性を重視する為、「企業サイト」しか上位表示できない仕様になっていますからね。

よって、確実に個人アフィリエイターが稼ぎにくくなっているのは、「事実」です。

しかしその一方、で今だSEO(検索経由)アフィリエイトで、「月収数百万円~1000万円以上」を稼ぐ個人も存在する為、決して稼げない訳ではありません。

その為、

「企業サイトが増えたから稼げない」

というのは、全くアフィリエイトで稼げない理由(または言い訳)にはならないのです。

彼らは、「正しい知識」を身に付けているからこそ、未だアフィリエイトで稼げているので、あなたもそれを身に付ければ稼ぐことは可能ですから。

アクセスが無いから

アクセスが無いから

4つ目の理由は、「アクセスが無いから」というもの。

アフィリエイトで稼ぐ為には、見込み客である「アクセス」を集めることが必須です。

しかし、アフィリエイトを実践する人の9割は、まともな「アクセス」を集めることが出来ない為、稼げないのです。

YUU
はっきり言って、これが最も多くの人に当てはまる「稼げない理由」ですね。

主にアフィリエイトでアクセスを集める際は、「検索エンジン」や「SNS」を使うことが一般的です。

まあ、基本的には「検索エンジン」がメインになるでしょう。

この場合、「SEO」という知識を学んで、書いた記事を検索で上位表示させなければいけません。

因みに、検索経由でアクセスを集める為には、「1ページ目の上位」(出来れば3位以内)に入らなければ、まともなアクセスは来ないです。

つまり、「競合に勝つ必要がある」ということです。

これは、前述の「SEO」を学んで検索ユーザーに求められる記事を書き、上位表示されるまでの「数か月間」を耐え継続することで実現出来ます。

YUU
上位表示までの期間的は、早ければ「3か月程」、遅くて「半年」は掛かる場合もあるので、気長に待ちましょう。
補足
この上位表示されるまでの期間は、主に「狙うキーワードの競合」によって変わります。

記事数が足りないから

記事数が足りないから

5つ目の理由は、「記事数が足りないから」というもの。

アフィリエイトで稼げない人は、記事数が少ないというのも、よくある理由です。

YUU
基本的に記事数が多ければ、確率の問題で「上位表示される記事」も増えますからね。

ただし、「無暗な記事の量産」は無意味なので、それは絶対NGです。

そんなやり方では、殆ど上位表示されることは無いので。(経験談)

聞いた話では、「1000記事」書いても殆どアクセスが来なかった人が居ます。

計画性の無い記事の量産というのは、ネット上に「ゴミ」を生み出しているだけなので、そりゃあ誰も読みませんよ。

1記事1記事、そのキーワードの検索意図を把握して、「求められる記事」を書くことで、ある程度は狙って上位表示を獲得できる様になります。

YUU
結果、アクセスが集まって「稼げる可能性」が高まるのです。

広告クリック率が低いから

広告クリック率が低いから

6つ目の理由は、「広告クリック率」が低いことです。

アフィリエイトで稼げない人は、広告のクリック率が低い場合が多いです。

主にアフィリエイトで稼ぐ為には、アクセスを集めて広告をクリックして貰う、もしくはクリック後の商品ページで「成約」を取る必要があります。

何にしても、この「広告クリック」が稼ぐ為に必要な要素となるのです。

YUU
しかし、たとえアクセスを集めることが出来ても、そこまでの「導線」が間違っていれば、クリック数が少ない、もしくは全くクリックされない羽目になり、稼げないです。

この「クリックへの導線」というのが、主に以下のもの。

  • 「集めるユーザー」と「貼る広告」は、マッチしているか否か
  • 広告のクリックの繋げる「文章構成」(流れ)のクオリティ
  • 広告のクリックへ繋げる「誘導分」のクオリティ

これを「間違える」or「出来が悪い」と、当然広告のクリック率が下がるので、稼げないです。

例えば、「食事系ダイエット広告」を扱う場合は、食事系ダイエットに興味があるユーザーを集める必要があります。

YUU
ターゲットでは無い「運動系ダイエット」を求める人を集めても、興味は持たれませんからね。

広告クリックに繋げる文章構成も、人と会話する際の誘導と同じで、「自然な流れ」で行って下さい。

誘導分も、「見込み客が興味を持ちそうな表現」を加えると、クリックされ易くなります。

何にしても、広告のクリック率が悪い(低い)場合は、99%「上記のいずれか」に原因があるので、それを改善しましょう。

セールスばかりで価値提供が出来ていないから

セールスばかりで価値提供が出来ていないから

7つ目の理由は、セールスばかりで「価値提供」が出来ていないから、というもの。

アフィリエイトで稼げない人の多くは、稼ぎたい余りに「セールスばかりの発信」になりがちです。

YUU
記事の大半が「商品セールス」だったり、広告をベタベタと貼りまくっている場合が多いですね。

これも、典型的な「アフィリエイトで稼げない原因」です。

アフィリエイトで稼ぐ為には、見込み客を集めて「広告のクリック」or「成約」を取る必要があります。

その為には、「有益な発信による価値提供」を重視しなければ、アクセスは集まりませんし、広告もクリックしてくれないのです。

ダイエットブログなら、「ダイエット系の求められる発信」をメインにする必要があります。

しっかり「価値提供」していれば、しつこいセールスや無暗に広告を貼りまくらなくても、ユーザー自らクリックしてくれますから。

よって、発信においては「価値提供9割」「広告やセールス1割」の割合で行うべきです。

継続が出来ないから

継続が出来ないから

8つ目の理由は、「継続」が出来ないからというもの。

YUU
アフィリエイトで稼げない人の多くは、この「継続」が出来ない為、稼げない場合が多いです。(または「1つの手法」を継続出来ない)

アフィリエイトは、低資金ノーリスク月収数百万円も目指せる優秀なビジネスモデルですが、1つだけ「デメリット」があります。

それは、稼げるまでに「時間」が掛かること。

アフィリエイトは自分の力で稼ぐ「起業」なので、当然の様にスキルが身に付くまでは稼げないです。

また、書いた記事を検索で上位表示させる為には、「数か月間」という時間が掛かります。

その為、アフィリエイトは「継続」が必須のビジネスなのです。

稼げない人の多くは、この継続に耐えられない為に途中で諦めることが、「その原因」となります。

YUU
よって、ビジネス初心者がアフィリエイトを始めるなら、スキルを身に付けて記事を検索で上位表示させ、稼げるまでに「半年~1年程」は継続するべきですね。

「行う手法」が正しい場合は、この期間内に100%稼げます。

逆に、この期間を継続しても稼げない場合は、100%「間違った手法」で行っていると断言できます。

その場合は、アフィリエイトで稼ぐ「正しい知識」を学ぶことをおすすめしますね。

アフィリエイトで稼ぐ為に必要なこと

アフィリエイトで稼ぐ為に必要なこと

アフィリエイトには、ある程度「稼ぐ為の方程式」があります。

YUU
いつまで経っても稼げない人は、これを理解していない場合が多いです。

「その要素」を超簡単に言えば、以下の通り。

アフィリエイトで稼ぐ方法
  1. まずは集客を完璧にする
  2. 成約率の高いセールス記事を書く

まずは「集客」を完璧にする

「集客」を完璧にする

1つ目は、「集客」を完璧にすること。

YUU
ビジネスを行う以上、「お客さん」が居ないと稼げる訳が無いですからね。

逆に、集客さえ出来れば確立の問題で、明らかな「ターゲットとのズレ」が無い限り、問題なく稼げます。

稼げない人の99%は、この「集客」が出来ていませんし、集客不足が自分が稼げない原因だと気付いていません。

その為、まずは自分が扱う広告に「マッチ」するユーザーを、ブログ・サイトに集めることに全精力を注ぐべきです。

因みに前述の通り、「3語キーワード」は競合が少なく上位表示もし易いですが、アクセスは殆ど来ないので上位表示してもまず稼げないです。

数年前までは、3語キーワードで大量に上位表示させれば、関連した「メインキーワード」の評価が高まり上位表示される時代がありました。

YUU
よく見かける、「ライバルを避けて3語を狙え!」というのは、この時代の話です。

しかし、今の検索エンジンではその手法が通用しなくなったので、3語キーワードの量産は無意味です。

よって、「2語キーワード」を中心に狙って、競合を恐れずに立ち向かいましょう。

成約率の高い「セールス記事」を書く

成約率の高い「セールス記事」を書く

2つ目は、「成約率の高いセールス記事を書く」というもの。

YUU
これは、いわゆる「レビュー記事」と呼ばれるものですね。

ようは、特定の商品を紹介することに特化した、「収益化専用記事」です。

このセールス記事の書き方にはテンプレートがあり、基本的には「以下の構成」になります。

セールス記事の書き方
  1. 見込み客の悩みを掲示する
    (~こんな悩みを抱えていませんか?)
  2. その悩みに共感する
    (自分も悩んだ経験があります)
  3. みの解決策を掲示する
    (それはこれで解消出来ます)
  4. それで解決出来る根拠の掲示する
    (〇〇だからです)
  5. その商品の限定性&緊急性を掲示する
    (〇〇日までこの価格です等)
  6. 今すぐ購入するべき理由を掲示する
    (早く悩みを解決したいなら「今」しかありません等)

基本的には、この流れでセールス記事を作ることで、「一定の成約率」を上げることが出来ます。

あとは、集客記事からこのセールス記事に誘導する流れを作れば、一定数は売れて稼げるということ。

アフィリエイトで稼げない人は「リアルの世界」を意識すれば稼げます

アフィリエイトで稼げない人は「リアルの世界」を意識すれば稼げます

アフィリエイトで稼げない人は、そもそもの「本質」を間違えている場合が多いです。

YUU
このアフィリエイトはネットビジネスですが、何故か多くの人は、ネットの向こうに「人」が居ることを忘れがちなんですよね。

ネットで集まるアクセスの先には、「人間」が居る訳で、普通にリアルで商売をしているのと、その【本質】は変わらないのです。

店舗に商品を揃えても、「お客さん」が居なければ売れる訳がありません。

アフィリエイトで言うなら、「アクセス」です。

また訪問販売の様に、「初対面」でいきなりセールスしても、まず売れないです。(数打ちゃ当たることはありますが)

これは、ブログに来たユーザーに、いきなり「セールス」しまくる行為に当てはまります。

YUU
この様に、リアル世界で普通に考えれば分かるような、アホな行為を「ネット」では平気で行うから、多くの人はアフィリエイトで稼げないんですよ。

逆に言えば、「リアル世界の常識」を当てはめれば、アフィリエイトでも稼ぐことは可能です。

アフィリエイト稼げている人は全員、この「本質」を理解しているからこそ、必然的に稼げているのです。

よって、未だあなたがアフィリエイトで稼げないのであれば、一度「リアル世界」を思い返して下さい。

そうすれば、必ず稼げる様になる筈です。

アフィリエイトで稼げない理由まとめ

アフィリエイトで稼げない理由まとめ

ここまで、「アフィリエイトで稼げない人」に共通する、典型的な理由を紹介しました。

アフィリエイトは普通に稼げるビジネスですし、企業が続々と参入して来た現在でも、「大きく稼ぐ個人」はゴロゴロ居ます。

因みに上級者でも、「収入源の分散」(リスク分散)として、今から新ブログ・サイトを作っている人は沢山居ます。

そして数か月後には、報酬を上げるメディアに育てることが出来ます。

YUU
つまり、「知識」を除けば、新規参入者と同じ条件で実践して稼いでいる訳です。

その為、「稼げる人」と「稼げない人」の違いは、只の【知識の差】だということ。

よって、あなたがアフィリエイトで稼げないのであれば、ただ単に「実践方法が間違っているから」に他なりません。

あなたが絶対にアフィリエイトで稼ぎたい場合は、必ず「正しい方法」を学ぶことをおすすめします。

詳しくは、「以下の記事」をご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA